桂令夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桂 令夫(かつら のりお、1968年 - )は日本のライター、翻訳家。主にテーブルトークRPGの関連メディアで活躍している。東京大学文学部イスラム学科卒。

ルーンクエストの日本での第一人者として知られている。歴史、戦史、民俗学、人類学などに強く、しかもその中でもイスラム史に詳しい。歴史や戦史関連の専門書籍の執筆や翻訳も精力的に行っている。

また、ライターとしてはテーブルトークRPGの雑誌でも歴史や戦史の雑学関係の記事をよく執筆している。

雑学記事以外にも、テーブルトークRPGのプレイングに関する実用的な攻略記事も多く手がけており、そのような記事では「先輩」と「後輩」という二人のキャラクターの掛け合いで進行させるものが多い。基本的には、ベテランゲーマーの「先輩」がちょっと生意気な「後輩」にテーブルトークRPGのプレイングを教授するというスタンスで書かれている。

強烈なガンダムフリークでもあり、ゲーム専門誌『ゲームぎゃざ』で連載したガンダムの記事では、宇宙世紀の世界観を、桂が得意とする人類学や民俗学から語るという、今まで誰も行わなかった視点の考察がされた。

主な翻訳物[編集]

ゲームデザイン[編集]

著作[編集]

小説[編集]

  • 日独最終戦争1948 死闘編〈B1〉 日本大戦車隊VS独精鋭機甲師団 ISBN 978-4054011342 1999年 学習研究社
  • 日独最終戦争1948 熱砂編〈B2〉(松代守弘との共著) ISBN 978-4054013445 2000年 学習研究社
  • 日独最終戦争1948 総力戦ABC〈3〉(松代守弘との共著) ISBN 978-4054014671 2001年 学習研究社
  • 日独最終戦争1948 総力戦ABC〈4〉 ISBN 978-4054015159 2001年 学習研究社
  • 日独最終戦争1948〈前夜編〉―B0 (松代守弘との共著) ISBN 978-4054013988 2001年 学習研究社
    いわゆる架空戦記小説。タイ・ボンバがデザインした一連の架空歴史ウォーゲーム群〈トゥモロー・ザ・ワールド〉の設定を元にした〈日独最終戦争〉シリーズの何作かを桂は手がけている。
  • 空中軍艦大和1944 ISBN 978-4863203198 2010年 イカロス出版
  • 空中軍艦大和1945 ISBN 978-4863204096 2010年 イカロス出版

関連項目[編集]