桂修司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
桂 修司
(かつら しゅうじ)
誕生 1975年
職業 作家内科医
国籍 日本の旗 日本
ジャンル ミステリー小説
主な受賞歴 第6回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞
デビュー作 パンデミック・アイ 呪眼連鎖 
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

桂 修司(かつら しゅうじ、1975年 - )は、日本の小説家内科医。『パンデミック・アイ 呪眼連鎖』で宝島社主催の第6回『このミステリーがすごい!』大賞で優秀賞を受賞。

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 呪眼連鎖(2008年12月 宝島社
    • 【改題】パンデミック・アイ 呪眼連鎖(2009年11月 宝島社文庫【上・下】)
  • 死者の裏切り(2009年11月 宝島社)
    • 【改題】七年待てない 完全犯罪の女(2012年10月 宝島社文庫)

アンソロジー[編集]

「」内が桂修司の作品

  • もっとすごい! 10分間ミステリー (2013年5月 宝島社文庫)「十分後に俺は死ぬ」