桂冠詩人 SINGLE COLLECTION PLUS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
桂冠詩人 SINGLE COLLECTION PLUS
ALI PROJECTベスト・アルバム
リリース
録音 2006年 - 2008年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル ビクターエンタテインメント
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 8位(オリコン[1]
  • ALI PROJECT 年表
    薔薇架刑
    2007年
    桂冠詩人 SINGLE COLLECTION PLUS
    (2008年)
    La Vita Romantica
    2010年
    『桂冠詩人 SINGLE COLLECTION PLUS』収録のシングル
    テンプレートを表示

    桂冠詩人 SINGLE COLLECTION PLUS』(けいかんしじん シングル・コレクション・プラス)は、宝野アリカ片倉三起也による日本音楽ユニットALI PROJECTの5枚目のベスト・アルバム2008年12月10日ビクターエンタテインメントから発売された。

    概要[編集]

    COLLECTION SIMPLE PLUS』に続き、ビクターエンタテインメントからリリースされた、シングル及びサントラ盤からの集曲。ジャケット、及び歌詞カードの写真はサイパンで撮影された。初回限定盤には『勇侠青春謳』、『わが﨟たし悪の華』、『鬼帝の剣』のビデオクリップ、そしてライブツアー『禁書発禁』(禁書 (アルバム)#ライブツアーを参照)における『わが﨟たし悪の華』、『鬼帝の剣』の映像が収録されたDVDが付属した。

    収録曲[編集]

    (全作詞:宝野アリカ、作曲・編曲:片倉三起也

    1. わが﨟たし悪の華 [4:30]
      イントロ及び間奏にゴドフスキー作曲の『ピアノ・ソナタ ホ短調 第1楽章』の旋律が引用されている。
    2. 麤皮 [4:43]
      シングル『わが﨟たし悪の華』のC/W曲
    3. 勇侠青春謳 [4:23]
    4. 鎮魂頌 [6:03]
      シングル『勇侠青春謳』のC/W曲
      アレッサンドロ・スカルラッティ作曲のアリア『Son tutta duolo(私は悩みに満ちて)』がモチーフとして使われている。
    5. 亡國覚醒カタルシス [4:35]
      テレビアニメ『.hack//Roots』EDテーマ
    6. 水月鏡花 [4:19]
      シングル『亡國覚醒カタルシス』のC/W曲
    7. KING KNIGHT [4:19]
      .hack//Roots O.S.T.2』より
      イントロにプロコフィエフ作曲のバレエ音楽ロメオとジュリエット』から「モンタギュー家とキャピレット家」が使われている。
    8. 白堊病棟 [5:09]
      .hack//Roots O.S.T.』より
    9. GOD DIVA [4:14]
      .hack//Roots O.S.T.』より
      イントロと間奏部分にモーツァルトオペラ魔笛』から夜の女王のアリア復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」が使われている。
    10. 汚れなき悪意 [4:46]
      .hack//Roots O.S.T.2』より
      サビ以外の部分に映画『キングダム・オブ・ヘブン』の挿入歌「Burning The Past」が使われている。
    11. 少女殉血 [4:55]
      • テレビアニメ『AVENGER』挿入歌
      Avenger O.S.T.』より
      レオンカヴァッロ作曲のオペラ『道化師』の「衣装をつけろ」がモチーフとして使われている。
    12. MOTHER [5:18]
      • テレビアニメ『AVENGER』挿入歌
      『Avenger O.S.T.』より
      マスカーニ作曲のオペラカヴァレリア・ルスティカーナ』の間奏曲からの引用が見られる。
    13. 桂冠詩人 [4:56]
      新録
    14. 鬼帝の剣(orchestral arrange ver.) [4:38]
      新録ヴァージョンであり、原曲の「愛としみに」の部分が、「愛としみに」に変更されている。

    参加ミュージシャン[編集]

    クレジット[編集]

    Performed by ALI PROJECT
    Music Staffs
    Producer 石川吉元
    Recording & Mix Down Engineer 瀧田二朗
    Recording Engineer 鈴木裕也
    Assistant Engineer 岡本慎太郎(Greenbird Studio)
    益子信重(Soundcity Studio)
    内藤慎一(Landmark Studio)
    西河原邦夫(Landmark Studio)
    山田和範(Sound INN Studio)
    Recorded at GREEN BIRD
    Sound City STUDIO
    Sound Inn Studio
    Flamingo Sound
    Zazou Music Shed
    Mastering Engineer 山崎和重(FLAIR)
    Management for 平野義久 金井暁
    Musician Coordination 関谷典子
    Staffs
    Promoter 益子恵、鈴木裕介(Flying DOG
    Sales Promoter 江口梨紗(Victor Entertainment, Inc
    Manager 野崎圭一Flying DOG
    Senior Manager 佐々木史朗Flying DOG
    Art Staffs
    Art Director & Designer 吉野磨衣子
    Art Coordinator 麻田亮
    Photographer 小野寺廣信
    Photograph Assistant 根本由
    Hair & Make up Artist 橘房図
    Hair & Make up Assistant 古牧佳代
    Stylist 相澤樹、松尾祐子
    Location Coordinator Willie Matsumoto(Pacific Eagle Ent., Inc)
    The Basic Card Style is Courtesy of 駒形克己(ONE STROKE)
    Editorial Coordinator 野田晶子(Victor Entertainment, Inc
    Printed by 金羊社
    Special Thanks to
    KOUICHI MASHIMO BANDAI VISUAL, BANDAI, NAMCO BANDAI GAMES, KADOKAWA SHOTEN
    TV TOKYO, TV TOKYO MUSIC PUBLISHING
    GORO TANIGUCHI / CLAMP
    MBS, SUNRISE, PROJECT GEASS(コードギアス製作委員会)
    SUNRISE MUSIC PUBLISHING(サンライズ音楽出版)
    MASAMITSU HIDAKA
    CBC, GONZO, LINEBARREL PARTNERS(ラインバレルパートナーズ)
    EIICHI SHIMIZU, TOMOHIRO SHIMOGUCHI / AKITA PUBLISHING
    Thanks to Shiho Miyai(宮井紫帆)

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 2008年12月22日付