桂南天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桂 南天(かつら なんてん)は、上方落語名跡

  1. 初代 桂南天1889年 - 1972年9月20日)は、本項を参照。
  2. 2代目 桂南天1967年12月27日 - )は、本名: 尾崎 裕一。3代目桂南光門下、2012年4月には、初代南天と交流があった3代目桂米朝の曾孫弟子桂こごろうが2代目南天を襲名した。⇒2代目 桂南天の項へ

初代[編集]

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月
初代 桂南天かつら なんてん
本名 竹中 重春
生年月日 1889年
没年月日 1972年9月20日
出身地 日本の旗 日本大阪
死没地 大阪
師匠 大和家小宝楽
2代目桂南光(後の桂仁左衛門
名跡 重光(1903年 - 1907年)
仁助(1907年)
桂春堂(1914年)
月亭名遊(1915年)
初代桂南天(1919年頃 - 1972年)
活動期間 ? - 1972年
活動内容 仁輪加
色物諸芸
家族 大和家小宝楽(父)
所属 吉本
主な作品
「諸芸十八般」

初代 桂 南天(かつら なんてん、1889年 - 1972年9月20日)は、落語家上方噺家)。本名: 竹中重春。享年83。

人物[編集]

大阪市東区生まれ。父は仁輪加師の大和家小宝楽。

最初は父の元で大和家小宝(やまとやこだから)を名乗り仁輪加をする。1903年頃に落語家の2代目桂南光(後の桂仁左衛門)門下で重光、1907年に仁助、1914年に桂春堂、1915年に月亭名遊を経て、1919年から20年頃に南天を名乗る。

ファイル:Katurananten-rakusyukinen.jpg
桂南天の吉本落首記念状

1927年には吉本興業を退き、「落首記念」と洒落て挨拶状を各位に贈る。後に5代目笑福亭松鶴の主催する「楽語荘」に参加。

1964年羽衣荘で舞台60年の記念会開催。

持ちネタは膨大で、小咄はほとんど無数に近いほど記憶していた。非常に芸達者な人でもあり、「諸芸十八般」(「武芸十八般」の洒落)と称し、紙切り、錦影絵、指影絵、滑稽手品記憶術軽口寄席踊り(乞食のずぼら踊り)、一人喜劇などを物にし、本業の落語よりも色物として活躍することが多かった。

個人で演芸大会を開いたり、巡業中は二つの名を使い分けたりなどもしたという。戦後は噺家不足となったため、「口合按摩」「さかさまの葬礼」などの落語もよく高座に掛けた。録音は1965年頃に収録した「口合按摩」(3代目桂米朝所蔵)、映像では読売テレビの「ずぼら」の一部の映像が現存する。

後輩の米朝は、南天に私淑して多くの稽古や聞き取りをしており、上方芸能の貴重な遺産を次代へ引き渡す役回りを担ったとも言える。ちなみに、南天が演じていた錦影絵は、口伝により現在でも米朝一門で継承されている。また遺品、写真なども米朝宅に多く保存されている。

芸人としては、いわゆる器用貧乏に終わり、生活には恵まれなかったが、それを苦にすることもなく、飄々として生涯を終えた。

1969年秋、米朝の独演会に招かれた際に、楽屋の入口で「不審者が入らないための見張り」を頼まれたのちの3代目桂南光(正式な入門前で、高校生の身分で2代目桂枝雀から指導を受けていた)が「変な汚いおじいさん」が入ろうとしたため何度も追い返していたところ、それを見た米朝に「その人は南天師匠や!」と言われたという[1]

残された親族もほとんどいなかったため、法要は米朝が施主となり、大阪市西成区玉出の光福寺で行われた。出席者は、東京の林家彦六(当時は8代目林家正蔵)、花菱アチャコ、花柳芳兵衛(初代桂小春團治)など、錚々たる顔ぶれであったことからも、南天の良き人柄が伺われる。法名は遊光院釋南天。

脚注[編集]

  1. ^ 桂南光、他(著)小佐田定雄(編)『青春の上方落語』NHK出版<NHK新書>、2013年、pp.84 - 85

関連文献[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、1989年 ISBN 458212612X
  • 桂米朝『上方落語ノート』シリーズ 青蛙房(全4冊) - 桂南天のエピソードが数多く紹介されている。
  • 小沢昭一『日本の放浪芸』同門の桂米朝の案内で桂南天を取材している。
  • 矢野誠一『女興行師 吉本せい』