桂宮治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かつら みや
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}宮(みや).mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}治(じ)
結三柏は、桂文治一門の定紋である。
本名 みや 利之としゆき
生年月日 (1976-10-07) 1976年10月7日(43歳)
出身地 日本の旗 日本東京都品川区
師匠 桂伸治
名跡 1. 桂宮治(2008年 - )
出囃子 阿波踊り
活動期間 2008年 -
活動内容 落語家
所属 落語芸術協会
公式サイト 公式ホームページ
受賞歴
平成24年 NHK新人演芸大賞 落語部門 大賞

平成25年 にっかん飛切落語会 最優秀賞
平成26年 前橋若手落語家選手権 優勝
平成26年度 国立演芸場「花形演芸大賞」銀賞
平成26年 にっかん飛切落語会 最優秀賞
平成27年 第26回北とぴあ若手落語家競演会 北とぴあ奨励賞
平成27年 第2回高円寺エトアール寄席二ツ目グランプリ決定戦 優勝

桂 宮治(かつら みやじ、1976年(昭和51年)10月7日 - )は、落語芸術協会所属の落語家。二ツ目。本名、宮 利之(みや としゆき)。

東京都品川区出身。出囃子は「阿波踊り」。落語芸術協会若手ユニット「成金」メンバー。

来歴[編集]

高校卒業後、演劇を学ぶ。化粧品の販売員をしている当時、妻が稲田和浩(演芸作家)と知り合いだった縁で、演芸の道を志す[1]

2008年(平成20年)2月、桂伸治門下として二月下席より浅草演芸ホール楽屋入り。3月に 浅草演芸ホールにおいて初高座(ネタは「子ほめ」)。

2012年(平成24年)3月下席より二ツ目に昇進。10月、NHK新人演芸大賞大賞受賞(ネタは「元犬」)。

2021年(令和3年)2月中席より真打に昇進予定。落語芸術協会の落語家としては会長の春風亭昇太以来29年ぶりの5人抜きでの抜擢真打。また「成金」メンバーでは3代目柳亭小痴楽6代目神田伯山に続く、単独での真打昇進披露予定[2][3]

主な出演番組[編集]

メディア[編集]

CD[編集]

  • 新宿末廣亭深夜寄席 ~骨太肉厚編~ 馬るこ・夢吉・宮治(エイベックス・マーケティング 2012年)AVCD-38529

DVD[編集]

  • 2013年の桂宮治 KATSURA MIYAJI 2013(クエスト、2013年)ISBN 978-4863085046 特典CDつきバージョンあり。

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 桂宮治兄さんに、訊いてみた。Vol.1「兄さん、なぜ落語家になったのですか?」”. 神田松之丞 (2016年5月). 2018年9月2日閲覧。
  2. ^ 令和三年二月 桂 宮治 真打昇進について - 落語芸術協会 2020年3月17日
  3. ^ 昇太会長が決断「新しいスターを」29年ぶり抜てき真打ち誕生 来年2月に桂宮治が5人抜き昇進 - スポーツ報知 2020年3月17日
  4. ^ TBSテレビ『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』取材班: “新婚で年収1000万円を捨てた夫婦の七転八起 月収3万円の落語家へ転身で迫られた劇変”. 東洋経済オンライン (2017年9月4日). 2018年7月10日閲覧。

関連項目[編集]