桂小かん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桂 小かんかつら こかん
出生地 日本の旗 日本
師匠 桂小金治
活動期間 1960年代 - 2000年代
活動内容 落語家俳優
主な作品
桃太郎侍

桂 小かん(かつら こかん)は、日本の元俳優落語家。本名は不明。

人物[編集]

桂小金治の弟子で俳優としても日活映画テレビドラマにも数多く出演し、石原裕次郎吉永小百合らと共演したこともあった。またポルノ映画にも度々出演している。

1980年代に入ってからは出演作品はなくなってしまったが、2002年4月26日に放送されたビートたけしの自伝をダンカンが脚本をしたドキュメンタリー映画『浅草キッドの「浅草キッド」』で久々にテレビに出演した。

現在は引退しており、東京都世田谷区にある寿司屋『小かん鮨』の亭主を務めている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 東海遊侠伝(1964年、日活) - 松吉
  • こんにちは、20歳(1964年、日活) - 司令官
  • 生きている狼(1964年、日活) - あめ屋
  • 風と樹と空と(1964年、日活) - ローカル線駅員
  • 何処へ(1964年、日活) - 田口先生
  • 大日本コソ泥伝(1964年、日活) - 門番・青木
  • 若草物語(1964年、日活) - 勝又
  • 拳銃無頼 流れ者の群れ(1965年、日活)
  • 花咲く乙女たち(1965年、日活) - 五郎
  • 現代悪党仁義(1965年、日活) - ハンニャ
  • 投げたダイスが明日を呼ぶ(1965年、日活)
  • 青春のお通り(1965年、日活)- 八百屋
  • 男の紋章 流転の掟(1965年、日活) - 安部の若い者A
  • 黒い賭博師(1965年、日活) - 高速道路係員
  • 大日本殺し屋伝(1965年、日活)
  • 秩父水滸伝 必殺剣(1965年、日活) - 小僧長吉
  • 黒い賭博師 ダイスで殺せ(1965年、日活) - ボーイ
  • 賭場の牝猫 素肌の壷振り(1965年、日活) - カス坊主の松
  • ぼくどうして涙がでるの(1965年、日活) - 結婚式の司会
  • 野郎に国境はない(1965年、日活) - 箱根バイパスゲイト係
  • 高原のお嬢さん(1965年、日活) - 木村
  • この虹の消えるときにも(1966年、日活) - 城島和也
  • 黒い賭博師 悪魔の左手(1966年、日活)
  • 大空に乾杯(1966年、日活) - 早崎
  • 賭場の牝猫 捨身の勝負(1966年、日活) - 警官
  • 青春のお通り 愛して泣いて突走れ!(1966年、日活) - ガンさん
  • 風車のある街(1966年、日活) - 食料店員
  • 逢いたくて逢いたくて(1966年、日活) - 自動車部の学生
  • 日本仁侠伝 花の渡世人(1966年、日活) - 次郎
  • 骨まで愛して(1966年、日活) - 牧夫A
  • 青春の海(1967年、日活) - 若い漁師2
  • 恋のハイウェイ(1967年、日活) - 寄席の落語家
  • 対決(1967年、日活)
  • 大巨獣ガッパ(1967年、日活) - 林三郎
  • 関東刑務所帰り(1967年、日活) - 清三郎
  • 無頼より 大幹部(1967年、日活) - 寿司屋の板前
  • 三匹の悪党(1968年、日活)
  • 地獄の破門状(1969年、日活) - 小亀
  • 代紋 男で死にたい(1969年、日活) - 利七
  • 昇り竜鉄火肌(1969年、日活) - 真一
  • 昇り竜やわ肌開張
  • 博徒無情(1969年、日活) - 庄吉
  • 人妻より 夜の掟(1969年、日活) - サブ
  • 朱鞘仁義 鉄火みだれ桜(1969年、日活) - 魚清
  • 朱鞘仁義 お命頂戴(1969年、日活) - キンキラ辰
  • 牡丹と竜(1970年、日活)
  • 日本最大の顔役(1970年、日活)
  • 鮮血の記録(1970年、日活)
  • 戦争と人間第一部(1970年、日活)
  • 怪談昇り竜(1970年、ダイニチ映配) - 久夫
  • 女の警察 乱れ蝶(1970年、ダイニチ映配)
  • 女子学園 おとなの遊び(1971年、ダイニチ映配) - 小使
  • 晴姿 おんな絵巻(1972年、日活) - 幣間
  • 大江戸性盗伝 女斬り(1973年、日活) - 平助
  • 団地妻 昼下がりの誘惑(1974年、日活) - 白ちび
  • SEXハイウェイ 女の駐車場(1974年、日活) - 宮崎圭一
  • 黒い牝豹M(1974年、日活) - マネージャー
  • 妹(1974年、日活) - バーの客
  • 伊豆の踊子(1974年、日活)
  • 主婦の体験レポート 女の四畳半(1975年、日活) - 倉岡
  • 新・団地妻 ブルーフィルムの女(1975年、日活) - 綾子の男
  • 犬と歩けば チロリとタムラ(2004年、アルゴ・ピクチャーズ) - 療養施設の老人

ドキュメンタリー[編集]

  • 浅草キッドの「浅草キッド」(2002年4月26日放送)