桂文楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桂 文楽(かつら ぶんらく)は、落語家名跡。4代目(デコデコ)と8代目(黒門町)が特に有名である。当代は9代目。旧字体は桂文樂。

歴代[編集]

由来[編集]

桂文治は落語桂派の宗家である。その3代目は、江戸の人であったが、大阪に行き、3代目桂文治を襲名した後に江戸に帰った。桂文治名籍の東西分裂の一因となった(よって彼を「江戸文治」という)。

養子(初代才賀)に桂文治の名を譲ることにした。次の名として自らの師匠の名(二代目)三笑亭可楽を名乗りたかったが、師は現役のままだった。

そこで次善の策として、文治の「文」可楽の「楽」を組み合わせ「文楽」という名を作った。初代文楽は桂文治の隠居名とみてもよい。しかし、のちに、桂文楽になった後に桂文治を襲名する例があらわれた。

人形浄瑠璃とは全く無関係。以上の出来事は、人形浄瑠璃が文楽と呼ばれる由縁の「文楽座」開場より先行している。

代数[編集]

5代目から8代目の間[編集]

5代目文楽と8代目文楽の間に別の桂文楽が存在することはない。当時、5代目文楽を強引に別の名に改名させて、即時に並河に桂文楽を名乗らせたからである。

とはいえ、以下のような勘違いをする人が現れる。 「最初に、師匠にどうしてもお聞きしたかったことは、桂やまとという人が五代目の文楽さんですね。その次に、いまの八代目文楽さんになるんですが、六代目と七代目はどういうことになっているんですか」(暉峻康隆『落語藝談』)

原因の一因は『あばらかべっそん』である。この本では5代と8代の間に何かあると誤読できるような書き方にも見える。

5代目か7代目か[編集]

実は、あんぱんの文楽(後の桂やまと)が、桂文楽を名乗っていた時、その代数を明らかにしていない

8代目文楽(黒門町)が桂文楽を襲名する際に、所属の睦会は襲名告知の新聞広告を出した。そこには口上末尾に「翁家馬之助改め八代目桂文楽」と書かれているほか「七代目桂文楽改め桂大和」(この表記はひらがなの「桂やまと」でなくなぜか漢字)とはっきり書かれている(1920年5月1日付け『都新聞』3面)。つまり、広告の通りに考えれば、(当時の)先代文楽(あんぱんの文楽)は5代目ではなく7代目であるため、次の文楽が8代目となって矛盾なく(!)つながることになる。

つまり、あんぱんが5代目であった、という前提そのものが危ういものである。少なくとも当時は、それを否定されるべき何かが存在していたものと考えられる。

4代目と5代目の間[編集]

4代目(デコデコの文楽)は、その晩年、落語家を引退して、名前「桂文楽」を桂文治に返した。

そののち、複数の弟子の間で次期桂文楽の争奪戦があったことが明らかになっている。

8代目文楽(黒門町)は自伝で、代数をカウントされなかった芸のまずい「セコ文楽」が(5代目よりも前に)一人いると紹介している。ただし、橘左近は1999年に「実際には誰も居ない」と全面否定している(『東都噺家系図』)。つまり文楽の作り話だという。

文楽の言では「一代はあったんです。あったけれども、これは不遇にして世の中へ出なくて、(金が無く、死ぬ時ですら)人に面倒見てもらってお弔いを出した」人物だと語っている。しかし「セコ文楽」が誰であるのかなどと言ったことは明言されていない。


桂文楽の名を争った者が勝手に桂文楽を名乗った可能性がある。あるいは、正式に襲名したものの、その記録を抹消されなければならない何かがあったという可能性もある。

また、5代目とされたあんぱんの文楽は4代目の弟子ではないのでその争奪戦には参加していない。結局、引退の8年後にあんぱんの文楽が桂文楽を継ぐ。前述のように桂文楽の名跡は桂文治が当時持っており、文楽というよりも文治の縁である(あんぱんの文楽は桂文治門であり、当時名乗っていた名の「才賀」の初代は、のちの四代目桂文治である)。

そして5代目と4代目の間の8年間の歴史は現在の眼からは何も見えない。しかし、5代目をして自らを5代目と名乗ることはできなくなったのである。彼を5代目と呼んでいるのは後世の史家である。

なお、上方には、明治中期から大正初期にかけて桂文楽(本名:松村伝兵衛、通称「つんぼの文楽」)が存在している。広義では桂文治系の系列であるが、上方桂文枝系であり江戸文治系ではない。本項の桂文楽とは別とする。また黒門町が指摘したセコ文楽とも関係がない可能性が高い。

8代目[編集]

黒門町(並河)は本来は桂文楽を継ぐ系譜ではない。並河が文楽を継ぐ時点では、前師匠(翁家さん馬)は8代目桂文治を継いでいない。旧師がさん馬の前に「桂大和」を名乗っていた程度である。

並河が文楽を継ぐ由来が書かれた文書があるのだが、それは外形的な現象で、真実は、師匠5代目柳亭左楽が根回しをして、自分の愛する「桂文楽」という名跡を自分が一押ししている弟子(並河)に継がせたかったのだろうと現在では推測されている。5代目左楽は桂文楽の4代目(デコデコ)を敬愛し、あこがれて落語家となったのである。

黒門町が8代目となった理由は、八の字が末広がりで縁起が良い、という師匠5代目柳亭左楽の判断による。

結果として、5代目文楽と8代目文楽(黒門町)の間、2代飛んでいる(ようにみえる)。

参考文献[編集]

  • 暉峻康隆『落語藝談』小学館ライブラリー
  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、ISBN 458212612X