桂文楽 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
初代 (かつら) 文楽(ぶんらく)
生年月日 不詳年
没年月日 1857年8月15日
出身地 日本の旗 日本
師匠 2代目三笑亭可楽
名跡 1. 3代目桂文治
2. 初代桂文楽
3. 桂大和大掾
活動期間 ? - 1857年
所属 江戸桂派

初代桂 文楽(かつら ぶんらく、生年不詳 - 安政4年6月26日1857年8月15日))は、江戸末期の噺家落語家)。2代目三笑亭可楽の弟子。

3代目桂文治上方にも3代目桂文治を名乗る噺家は居たが、これは江戸の方。)襲名、後に初代桂文楽を名乗る。さらに、この後、大和大掾(やまとだいじょう)を名乗る。