桂春蝶 (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
3代目 かつら 春蝶しゅんちょう
3代目 .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}桂(かつら) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}春蝶(しゅんちょう)
2009年、彦八まつりにて
本名 濱田 大助(はまだ だいすけ)
生年月日 (1975-01-14) 1975年1月14日(46歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府吹田市
師匠 3代目桂春団治
弟子 桂紋四郎
名跡 桂春菜(1994年 - 2009年)
3代目桂春蝶(2009年 - 現在)
出囃子 祭囃子
活動期間 1994年 - 現在
活動内容 上方落語
配偶者
家族 2代目桂春蝶(父)
2児
所属 松竹芸能(1994年 - 2011年)
インナースケッチ(2011年 - 2016年)
クリエイティブワンズ(2016年 - )
公式サイト 桂春蝶 -かつらしゅんちょう- 公式サイト
受賞歴
繁昌亭大賞爆笑賞(2009年)
咲くやこの花賞(2013年)
備考
上方落語協会会員

3代目 桂 春蝶(かつら しゅんちょう、1975年1月14日 - )は、上方の落語家。前名は桂 春菜(かつら はるな)。

来歴[編集]

大阪府吹田市出身。2人兄妹で、妹がいる。元々は落語家志望ではなく、『めぞん一刻』のヒロインである音無響子に憧れ[1]、主人公である五代裕作が就職した、同じ保育士の資格を取得するため専門学校に通う予定だったが、1993年1月、実父である2代目桂春蝶の死をきっかけに、その通夜の席で、父の偉大さを知り同じ道を志すこととなる[2]北陽高等学校卒業。

1994年4月 、父の師匠にあたる3代目桂春団治に入門し春菜を名乗る。父・2代目春蝶は兄弟子ということになる[注 1]

19歳で入門後、10年程芽が出ず、貧乏生活が続いた[3][注 2]。19歳から28歳まで家賃29000円のアパートに居住し、その家賃すら払えず、2世としての功罪で初めてお金のない苦しみを味わい心も荒み、その後、生活に困ったので、特技であったスキーの技術を生かし、長野県白馬村で昼はスキーの指導員の仕事を行い、夜は生徒を相手に落語を一席設けて[4]、酔っ払ったお客さんがおひねりを投げてくれて、惨めさの半面、飢えが凌げるという安堵感に満たされたことを明かしている[2]

1997年浪花座にて初出演。2001年、 観世流シテ方、和泉流狂言師、文楽三味線奏者とともに、伝統芸能継承者のユニット「弁天座」を結成した。その後、2003年、「弁天座」から「伝統芸能推進集団『風流』」へ改名。

2005年10月、同じ2世落語家である林家いっ平(現在の2代目林家三平)、月亭八光林家きくお(現在の2代目林家木久蔵)、三遊亭王楽とともに『坊ちゃん5』を結成、11月に「東西二世五人会」を開催。

2005年10月、トランペット奏者であり作曲家でもある道下克己との、ジャズを聴きながら落語も堪能できるイベント「春菜・みちしたの会」を、「酒飲処『BAR JAZZ』」にて始める。

2006年5月10日付けで、後述の花の里きょなん観光大使就任のきっかけとなった、当時テレビ番組番組制作会社でプロデューサーを務めていた女性と結婚し[5]、同年12月に披露宴を挙げた。主賓には師匠である、桂春団治夫妻、乾杯は桂ざこば、来賓代表は桂福団治、司会は浜村淳であった[6]

2006年9月、「3代目桂春蝶」を襲名することが決定する。2007年B1角座の新たな劇場として開設の杮落としとして春蝶襲名披露興行を予定されていたが頓挫する[7]2009年8月30日、「3代目桂春蝶」襲名。同日より11月まで 襲名披露興行を大阪・松竹座、京都・南座など全国12か所で開催[8][9]

2009年12月、「繁昌亭大賞」爆笑賞受賞。2010年7月、芝居の劇団「桂春蝶劇団」旗揚げ。

2011年4月、前述の襲名披露公演の延期等の出来事もあり、松竹芸能を離れフリーとなる。その後、同年12月に、笑福亭鶴瓶に誘われ、関西圏でのレギュラーの仕事を整理して[10][11]、活動の拠点を大阪市西区堀江から東京都目黒区自由が丘に移した[12][13]。2018年時点で上方落語協会に籍を置いている(2018年は「彦八まつり」で実行委員長を務める)が、転居して以降は公演の半数近くが東京での公演となっている。

2013年12月「咲くやこの花賞」受賞。2016年9月、妻の出身地である千葉県安房郡鋸南町の花の里きょなん観光大使に就任[14][15]

人物・エピソード[編集]

3代目春団治との関係[編集]

  • 3代目春団治へ入門するに当たり、春団治から「おまえは春蝶の息子として修業するのか、それともおれの弟子として出発するのか」と聞かれ、「師匠の弟子にしてください」と答えた[16]。「春蝶を継ぐ」ことはないものと当初はされていたが、3代目の兄弟子(小春団治とされるが、明確にはされていない)が、「これまでの活躍から判断しても、春蝶を継がせてもいいのではないか」と春団治に進言したところ、春団治は「2代目春蝶の(健在である)3人の弟子がよければ」という答えを出し、2代目の直弟子3人も快諾したこともあり、親の名跡を襲名することになったとされている。2016年1月に春團治が死去し最後の直弟子となった。また、2009年の襲名披露興行にて春團治の、「この子の親も私が見ました。泉下の先代も喜んでいると思う」とむせび泣いた[16]

交流関係[編集]

  • 桂ざこばの娘である関口まいとは幼なじみであり[17]、前述の春蝶の襲名披露公演時に第1子の妊娠を発表している[18]
  • 桂雀喜が大学生のときに、3代目春蝶の家庭教師に来てもらっていた[19]
  • 月亭八光は高校の後輩である[注 3]
  • 桑田佳祐原由子夫妻は落語会に訪れたりDVDを見たことがきっかけで春蝶を評価している[10]。春蝶は桑田の事を「日本の誇り」[22]「国の宝」「一番死んでほしくないひと」と言うほど尊敬しており[23]一時期桑田がネット上で非難されたり実際の思想と異なるデマが流れていた際には非難する者を「無責任な人間」と形容し、桑田や「本当のファン」の心情を慮る趣旨の発言を自身のブログでしている[24]。また、原の楽曲では「涙の天使に微笑みを」が好きである事を述べている[25]
  • 桑田の誘いを受ける形で2013年8月にはサザンオールスターズライブの打ち上げに招かれ、メンバー・スタッフ・演者・大里洋吉の前で落語を披露した[26]
  • さだまさしのファンでもあり「らくごカフェ」の代表の青木伸広の紹介がきっかけで交流を持っている。また、さだは父の先代春蝶のファンであった[27]
  • 吉岡里帆に落語の稽古をつけたことがある[28]

趣味・嗜好[編集]

  • 先代の影響もあり、プロ野球は阪神タイガースのファンである[29]
  • リフレッシュのために年に2回スケジュールを合わせて、沖縄に行っている[30]。沖縄の食文化、音楽文化も好む[31]
  • 大河ドラマを好んで見ている[32]

思想・哲学[編集]

  • 日本の好きなところとして「日本人の奥ゆかしい協調性」と答えている[33]
  • 日章旗の掲揚や国歌「君が代」の歌唱に対して肯定的であり、存在に否定的な者に対して「日の丸や君が代が憎いなら、他国に引っ越しすればいいのに」とも述べている[34]
  • 国の自衛・防衛をはじめとした安全保障のことを「金品や命を守るためにホームセキュリティー会社と契約するようなもの」と例えている[35]
  • 日本国憲法第9条の改正に賛成しており、護憲の立場をとる者のことを「末期の徳川幕府みたいなもんです」と評している[36]
  • 韓国のことを政治レベルでは「ルールを無視する無法国家」「あの国の『恨みで意思を統一しよう』とする政治家のたくらみがとっても嫌いです」と評している[37][38]。ただし、韓国で落語会を行った経験もあり、ドラマなどを始めとした文化や料理などには肯定的であり、「とても好きな国」とも語っている[39]
  • 中国による尖閣諸島への度重なる領海侵入および建国した毛沢東がとった凄惨な政策(百花斉放百家争鳴大躍進政策四害駆除運動を指す)や虐殺といった行動を批判している[40]
  • 北朝鮮による日本人拉致問題の解決を求めている[37][41]
  • 皇室に対して畏敬の念を持っており、皇室を揶揄する行為に対し批判的な立場をとる[42]
  • 普天間基地移設問題については「『賛成』『反対』の答えなんて簡単に出せない」という見解を示している[43]
  • 白井聡松任谷由実を誹謗する発言をした問題に対して「日本的リベラルの限界」「敵視する人間の友人にまで『死ね』と考えるのは、言葉は悪いですが、オウム真理教麻原彰晃や、ナチス・ドイツヒトラーと同じではありませんか?」とコメントした[44]
  • 「芸能界はA班とB班に分けるべき」という考えを持っている。本人によるとA班は「好感度だけで売る既成メディア専属」であり、B班は「社会のことは無視…ひたすら個性むき出しで、アートで顧客からのみ愛される集団」とのこと[45]

命の落語シリーズ[編集]

弟子[編集]

花菱は、桂春団治一門の定紋である。

連載コラム[編集]

現在[編集]

  • 『桂春蝶の蝶々発止』(夕刊フジ)、2017年11月 -

出演番組[編集]

現在[編集]

レギュラー

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 親子で兄弟弟子というのは、東京の5代目三遊亭圓楽の弟子だった三遊亭好楽三遊亭王楽の例がある。
  2. ^ 自信がないくせに虚勢を張って、先輩の教えに「はい」と言わない。「そんなこと分かっている」と鼻で笑うって人間関係を壊した結果、仕事も来ない暗黒時代だったと回想している。
  3. ^ 春蝶は1993年卒[20]、八光は1996年卒[21]
  4. ^ 樋口了一の楽曲より

出典[編集]

  1. ^ shunchoukatsuraのツイート(830820269191094272)
  2. ^ a b “落語家 桂 春蝶さん 座布団一枚の宇宙(3)”. 日本経済新聞夕刊. (2017年10月25日) 
  3. ^ “本音の落語で大舞台へ 落語家春蝶さん フェスティバルホールで独演会”. 日本経済新聞. (2014年11月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASIH27H0L_Z21C14A0AA1P00/ 2018年3月1日閲覧。 
  4. ^ ワシダプロスキースクール名物インストラクター、桂春蝶さんの落語会”. ワシダプロスキースクール イントラ日記 (2012年7月12日). 2018年2月1日閲覧。
  5. ^ 春菜が電撃入籍!”. 春団治一門新聞「とらとやな」インターネット版(桂小春団治 (3代目)) (2007年3月1日). 2018年2月1日閲覧。
  6. ^ 豪華な結婚披露宴 おめでた続きの春菜”. 春団治一門新聞「とらとやな」インターネット版(桂小春団治 (3代目)) (2007年3月1日). 2018年2月1日閲覧。
  7. ^ “桂春菜 襲名披露暗礁で怒りの会見”. デイリースポーツ. (2007年4月23日). オリジナルの2007年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070427043008/https://www.daily.co.jp/gossip/2007/04/23/0000312394.shtml 2018年3月11日閲覧。 
  8. ^ “桂春菜「名に恥じぬよう精進したい」”. デイリースポーツ. (2016年6月22日). http://www.daily.co.jp/gossip/2008/06/25/0001168745.shtml 2018年3月20日閲覧。 
  9. ^ “桂春蝶が襲名披露 父の名跡を継ぎ2000人が祝う”. 夕刊フジ. (2009年8月31日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20090831/enn0908311720004-n2.htm 2018年2月1日閲覧。 
  10. ^ a b 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』P186 - 187、朝日新聞出版、2013年
  11. ^ “桂春蝶、鶴瓶の助言で“東京進出”落語と音楽を融合”. スポーツ報知. (2012年4月11日). オリジナルの2012年4月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120401164045/http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/entertainment/news/20120401-OHO1T00127.htm 2018年3月11日閲覧。 
  12. ^ 自由が丘”. 桂春蝶オフィシャルブログ (2011年12月2日). 2018年2月1日閲覧。
  13. ^ 引っ越しの日!”. 桂春蝶オフィシャルブログ (2011年12月26日). 2018年2月1日閲覧。
  14. ^ “鋸南 桂春蝶さん、観光大使に 電波での情報発信に期待”. 房日新聞. (2016年9月5日). http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=11142&TXSID=o8sddeup0j0oscmf2b68pq4fv6 2018年3月20日閲覧。 
  15. ^ “観光大使桂春蝶さん独演会 頼朝とスイセンPR 鋸南”. 千葉日報. (2016年12月17日). http://www.chibanippo.co.jp/news/local/372556 2018年2月1日閲覧。 
  16. ^ a b “落語家 桂 春蝶さん 座布団一枚の宇宙(4)”. 日本経済新聞夕刊. (2017年10月26日) 
  17. ^ 彦八まつり!”. 桂春蝶オフィシャルブログ (2007年9月1日). 2018年4月1日閲覧。
  18. ^ “桂ざこばの次女・関口まいが妊娠3ヶ月”. ORICON NEWS. (2009年9月28日). https://www.oricon.co.jp/news/69392/full/ 2018年4月1日閲覧。 
  19. ^ 55.破門騒動と桂雀喜くん”. 桂花團治 (3代目)のブログ~蝶のはなみち~ (2013年4月22日). 2018年4月1日閲覧。
  20. ^ 濱田大助君(本校平成5年卒業)が三代目桂春蝶を襲名します。”. 関西大学北陽高等学校 (2009年8月20日). 2018年4月24日閲覧。
  21. ^ OB2名がテレビ収録で本校を訪問”. 関西大学北陽高等学校 (2011年5月2日). 2018年4月24日閲覧。
  22. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 桑田佳祐さんからのメール 2012年07月29日ライブドアブログ
  23. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 桑田佳祐・I Love you~now and forever~ライブ 2012年12月13日ライブドアブログ
  24. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 葡萄の旅…感想 2015年05月17日ライブドアブログ
  25. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 涙の天使に微笑みを… 2014年10月14日ライブドアブログ
  26. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ サザンライブ、打ち上げにて! 2013年08月19日ライブドアブログ
  27. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ さだまさしさん 2012年09月13日ライブドアブログ
  28. ^ 吉岡里帆が告白「落語家を目指していた時代」テレビっ子・吉岡里帆さんインタビュー #1文春オンライン
  29. ^ “桂春蝶「虎優勝ならば甲子園で落語会」”. スポーツニッポン. (2011年4月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/04/13/kiji/K20110413000617970.html 2018年3月20日閲覧。 
  30. ^ 座間味島”. 桂春蝶オフィシャルブログ (2011年6月18日). 2018年4月1日閲覧。
  31. ^ 古謝美佐子さんと”. 桂春蝶オフィシャルブログ (2011年6月19日). 2018年4月1日閲覧。
  32. ^ 正論 2018年10月号 P153
  33. ^ 正論 2018年10月号 P153
  34. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】感動の五輪に水差した某新聞社論説委員のコメント そんなに日の丸や君が代が憎いなら…zakzak 2018年3月2日配信 2021年4月30日閲覧。
  35. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】「岡田先生、家の鍵かけていますか?」 国の自衛・防衛は金品や命を守るためにホームセキュリティー会社と契約するようなもの zakzak 2020年11月4日配信 2021年4月30日閲覧。
  36. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】「戦後レジームからの脱却」を一日でも早く 憲法9条論者は末期の徳川幕府みたいなものzakzak 2018年9月7日配信 2021年4月30日閲覧。
  37. ^ a b 【桂春蝶の蝶々発止。】元慰安婦、独島エビ…韓国のあきれたトランプ大統領接待術 聞きたくなる「年齢、お幾つですか?」zakzak 2017年11月17日配信 2021年4月30日閲覧。
  38. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】韓国“反日中毒”に見る「恨みで意思を統一」する政治 いい加減目を覚ましなはれ…zakzak 2019年11月12日配信 2021年4月30日閲覧。
  39. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】デモ、ちょいゴネは韓国の個性 旭日旗への“文句”も国民にとっては流れ作業zakzak 2018年10月12日配信 2021年4月30日閲覧。
  40. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】90日連続で尖閣侵入…中国って“激イタ”レベルの国? 死者を数千万人出した「建国の父・毛沢東の恐怖」zakzak 2020年7月14日配信 2021年4月30日閲覧。
  41. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】拉致解決へ日本人の心を一つに トランプ大統領だけに任せていてはいけませんzakzak 2017年11月10日配信 2021年4月30日閲覧。
  42. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】日本は“世界最幸の国” 国民の幸せを祈り続けてくださっている「天皇陛下」というご存在のありがたさzakzak 2019年10月29日配信 2021年4月30日閲覧。
  43. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】沖縄県民投票 「賛成」「反対」では決められない民意の辛さ zakzak 2019年3月1日配信 2021年4月30日閲覧。
  44. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】教育者が「死んだほうがいい」とは… エスカレートする「日本的リベラル」の危険思想は恐ろしい zakzak 2019年3月1日配信 2021年4月30日閲覧。
  45. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】「闇の部分」抱えている芸人 メディアに求められる真逆の精神zakzak 2020年6月16日配信 2021年4月30日閲覧。
  46. ^ a b “エンタメノート 桂春蝶、特攻をテーマにした創作落語を口演 父の死が影響”. 毎日新聞. (2015年6月2日). https://mainichi.jp/articles/20150602/mog/00m/040/003000c 2018年3月15日閲覧。 
  47. ^ “「ひめゆり」を落語に 桂春蝶さん「命考える機会に」”. 琉球新報. (2017年5月30日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-505092.html 2018年3月15日閲覧。 
  48. ^ 【桂春蝶の蝶々発止。】創作意欲駆り立てる「コロナ禍」 最新作のテーマは「病と差別」 zakzak 2020年10月12日配信 2021年4月30日閲覧。
  49. ^ 7月11日(土)14:00~16:00 立川こしら、瀧川鯉八、立川吉笑、桂春蝶「渋谷らくご」落語を拡張する渋谷らくごTOP 2015年7月11日配信 2021年4月30日閲覧。