桂春駒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桂 春駒(かつら はるこま)は、落語家色物名跡。当代は3代目か4代目であると推測される。

  • 桂 春駒 - 月亭春松編の落語系圖には2代目月亭文都の門人に確認できる。
  • 桂 春駒 - 同じく落語系圖には初代桂春団治の門人に確認できる。河本寿栄の著書に「初代春駒兄さん」と書かれている人物と、同一人物ではないかと思われる。
    • この他、河本寿栄が芸人として活動していた頃に、「春駒」(亭号不明、恐らく「桂」)を名乗っていた時期があった。

桂 春駒かつらはるこま
桂 春駒
花菱は、桂春団治一門の定紋である。
本名 宮本 和俊(みやもと かずとし)
生年月日 1951年2月23日
没年月日 (2013-12-31) 2013年12月31日(62歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
師匠 3代目桂春団治
活動期間 1971年 - 2013年
活動内容 上方落語
俳優
所属 劇団往来
備考
上方落語協会会員(1971年 - 2013年)

当代桂 春駒(かつら はるこま、1951年2月23日 - 2013年12月31日)は大阪市出身の落語家俳優。本名は宮本 和俊(みやもと かずとし)。出囃子は『白拍子』。

来歴・人物[編集]

大阪府立成城工業高等学校卒業後、東京芝浦電気(現:東芝)で約2年半のサラリーマン生活を経て、1971年12月に3代目桂春団治に入門。1981年に春駒に複名。 得意な話は「一人酒盛」、「親子酒」。1984年から年に1回のペースで独演会「桂春駒の会」を開催。近年では国立文楽劇場にて700人以上を動員している。

噺家としての顔以外にさまざまな顔を持っており、「兵庫区民寄席」では1978年4月の第1回より、「もとまち寄席恋雅亭」では1994年8月より世話人を務める。

さらには、1977年6月からミヤコ蝶々劇団に入団。2001年6月から現所属事務所である劇団往来に参加。俳優としての顔も持つ。

劇団往来所属。上方落語協会会員。愛称は「駒ちゃん」。

2013年12月31日、肝不全のため死去[1]。62歳没。

受賞歴[編集]

  • 1974年 「第1回ABCフレッシュ寄席」最優秀新人賞

出演[編集]

舞台[編集]

  • 『青空のピコ』
  • 『温羅の千年』
  • 『Moon Child』
  • 『安楽兵舎V・S・O・P』
  • 『予告殺人』
  • 『英国少女殺人事件〜名探偵VS霊媒師〜』
  • 『ステージドアの向こうに』
  • 『・・・もう一人の君に!〜夏子〜』
  • 『煙が目にしみる』
  • 『赤いハートと蒼い月』
  • 『虫』
  • 『セチュアンの善人』

テレビ番組[編集]

水戸黄門』(2009年7月〜、TBS)第4話 道哲役(第40部〜)

出典[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]