桂木美加

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かつらぎ みか
桂木 美加
本名 川崎 梅代
生年月日 1949年3月
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
映画
血を吸う薔薇
テレビドラマ
帰ってきたウルトラマン

桂木 美加(かつらぎ みか、1949年3月[1] - )は、日本の元女優。本名、川崎 梅代[1]

東京都出身[1]豊島岡女子学園高校卒業[1][2]

来歴・人物[編集]

高校卒業後、東宝芸能アカデミー演技科に学び、在学中の1968年日活映画『ある少女の告白 純潔』でデビュー[1][2]。その後、東宝と正式に契約し、映画『呪いの館 血を吸う眼』などに出演[1]1971年特撮テレビドラマ帰ってきたウルトラマン』に丘ユリ子隊員役でレギュラー出演。当時のプロフィールでは「相当のアクションがあると聞いているので、身体のコンディションは常にベストにするつもりです」と答えている[1]

本作終了後は、映画『血を吸う薔薇』で学長夫人を演じるなど、映画、テレビドラマに出演するが、1974年の『ウルトラマンレオ』第35話へのゲスト出演以降、芸能活動の記録がなく、以降の消息も明らかではない。『帰ってきたウルトラマン』で共演した団時朗は「おそらく結婚されて……」と語っている[3]

趣味は、生け花ドライフラワー陸上競技など[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『福島民報』1971年4月17日付朝刊、8面。
  2. ^ a b 『福島民報』1968年11月13日付夕刊、2面。
  3. ^ ウルトラマンタロウ、DVD特典映像での発言