桂村兵右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桂村 兵右衛門(かつらむら へいえもん、明和2年(1765年) - 文化2年(1805年))は、江戸時代後期の一揆指導者[1]、義民[2]牛久助郷一揆の頭取のひとり。

経歴・人物[編集]

常陸国信太郡桂村の人物[2]

文化元年(1804年水戸街道牛久宿問屋麻屋和藤治による助郷役課増に反対し、小池村吉十郎小池村勇七と共に一揆を指導[1][2]。一揆の頭取を務めた廉で捕えられ他の二人と共に江戸に送られ、文化2年(1805年)獄死した[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『桂村兵右衛門』 - コトバンク
  2. ^ a b c d 日本大百科全書(ニッポニカ)(小学館)『桂村兵右衛門』 - コトバンク