桂林郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桂林郡(けいりん-ぐん)は、中国にかつて存在した秦代から南北朝時代にかけて、現在の広西チワン族自治区桂林市一帯に設置された。

概要[編集]

紀元前214年始皇33年)、が逋亡人(逃亡した罪人)・贅壻(貧家出身の入り婿)・賈人(商人)を動員して南方の陸梁の地を奪取し、桂林郡・象郡南海郡の3郡を立てた[1]

秦が滅亡すると、趙佗が桂林郡と象郡を攻撃して併呑し、自立して南越武王を称し、南越国を建国した[2]

紀元前111年元鼎6年)、漢の武帝が南越国を滅ぼし、桂林郡の故地に鬱林郡が立てられた[3]

274年鳳凰3年)、三国が鬱林郡を分割して桂林郡を立てた[4]

のとき、桂林郡は広州に属し、潭中・武豊・粟平・羊平・龍剛・夾陽・武城・軍騰の8県を管轄した[5]

南朝宋のとき、桂林郡は中溜・龍定・武熙・陽平・安遠・程安・威定の7県を管轄した[6]

南朝斉のとき、桂林郡は武熙・騰渓・潭平・龍岡・臨浦・中留・武豊・程安・威定・潭中・安遠・安化・龍定の13県を管轄した[7]

南朝梁のとき、桂州が設置され、桂林郡は桂州に属した。

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、桂林郡は廃止されて、桂州に編入された[8]

脚注[編集]

  1. ^ 史記』秦始皇本紀
  2. ^ 『史記』南越列伝
  3. ^ 漢書』地理志下
  4. ^ 三国志』呉書三嗣主伝
  5. ^ 晋書』地理志下
  6. ^ 宋書』州郡志四
  7. ^ 南斉書』州郡志上
  8. ^ 隋書』地理志下