桂歌之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
結び柏は、桂歌之助の定紋である。

桂 歌之助(かつら うたのすけ)は、上方落語名跡。当代は3代目。


初代[編集]

初代 桂 歌之助しょだい かつら うたのすけ
本名 春井 和三郎
生年月日 1872年
没年月日 1916年1月13日
出生地 日本の旗 日本
師匠 5代目林家正三
初代桂小文枝(後の3代目桂文枝
7代目桂文治
名跡 1. 新樂(1891年 - 1892年)
2. 桂小枝(1892年 - 1898年)
3. 文歌(1898年 - 1901年)
4. 初代桂歌之助(1901年 - 1914年)
活動期間 1891年 - 1914年
配偶者 杵屋六歌女
所属 桂派
寿々女会
三友派

初代 桂歌之助1872年ないし1873年 - 1916年1月13日)は、本名: 春井和三郎。法名: 浩譽放歌禪定門。

初め1891年ごろから5代目林家正三の門下で新樂となる。1892年頃に初代桂小文枝(後の3代目桂文枝)の門下に移り、小枝1898年頃に文歌を経て、1901年7代目桂文治の身内になり歌之助を名乗る。桂派の崩壊後は、初代桂枝雀に付いて寿々女会に参加し、後に三友派に移る。

若年時から実力があり、後に三友派に加入した際は7代目桂文治の身内になり、香盤順では初代桂春團治2代目桂小文枝2代目桂三木助2代目林家染丸らを抑えて若手の最上位を保っていた。妻は東京から来た長唄紫紅会の杵屋六歌女で、夫妻共々人気者だったことから、芸人として恵まれた生活をおくっていたが、1914年ごろまで活動、大成する前に若くして亡くなった。

音曲噺や浄瑠璃物「雪こかし」が得意であったこと(歌之助の名の由来)、優男で女性に人気があったこと、博打に目がなかったことなど、断片的なエピソードは伝えられているが、まとまった伝記は残されていない。

その他にも「幽霊の片袖」「出来心」等が得意だった。ネタは豊富で独特の愛嬌があったという。

音曲の作詞も手がけており、「渦巻」はこの人が作詞し、妻の杵屋六歌女に唄わせていた。

2代目[編集]

2代目 桂歌之助1946年7月30日 - 2002年1月2日)は、本名: 北村和喜。享年54。

3代目桂米朝の門下。扇朝を経て、2代目歌之助を襲名。

3代目[編集]

3代目 桂歌之助1971年3月13日 - )は、本名: 横田純一郎。

2代目歌之助の門下。歌々志を経て、2007年に3代目歌之助を襲名。

出典[編集]

  • 『上方はなし』第7集 - 口絵写真「寿々女会同人」解説に初代の経歴があり、5代目林家正三門下であったことが記されている。
  • 『上方はなし』第22集 - 口絵に初代の肖像写真が掲載されている。
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)
  • 『ご存じ古今東西噺家紳士録』(CD-ROM、APP、2005年)

関連項目[編集]