桂米左

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桂 米左かつら よねざ
桂 米左
結三柏は、桂米朝一門定紋である。
本名 木村 佳(きむら けい)
別名 望月太八三
生年月日 (1965-04-29) 1965年4月29日(53歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
師匠 3代目桂米朝
活動期間 1984年 -
活動内容 上方落語
長唄
所属 米朝事務所
備考
上方落語協会会員

桂 米左(かつら よねざ、1965年4月29日 - )は大阪市出身の落語家。本名は木村 佳(きむら けい)。米朝事務所所属。上方落語協会会員。

来歴[編集]

都島工業高校卒業後、1984年3月27日3代目桂米朝に入門[1]。同期入門に、桂米裕と、廃業した桂又三郎がいる。又三郎とは中学校時にクラスメイトで落研所属として鎬をけずり、高校時に毎日放送の『素人名人会』に出演した時にはともに名人賞を獲得した。[要出典]

同年6月の東山安井金比羅会館「桂米朝落語研究会」にて初舞台[2]

「錦影絵」を継承[2]。長唄囃子望月流名取[1]、望月太八一郎に師事し望月太八三の名を持つ。書道6段。

人物[編集]

酒豪であるため、師匠の米朝が健在の頃は酌の相手として頻繁に呼び出しを受け、米朝とは自称「飲み友達」。一度互いに酔った状態で、けんかをしたことがある[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b 上方落語家名鑑 桂米左 - 上方落語協会
  2. ^ a b 桂米左 - 米朝事務所公式プロフィール

関連項目[編集]