桂駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桂駐屯地
JGSDF Camp Katsura main gate April 5, 2014.jpg
所在地 京都府京都市西京区川島六の坪
座標 北緯34度58分1秒
東経135度42分19秒
駐屯地司令 中部方面後方支援隊長 兼務
主要部隊 中部方面後方支援隊
関西補給処桂支処 ほか
開設年 1957年
テンプレートを表示

桂駐屯地(かつらちゅうとんち、JGSDF Camp Katura)は京都府京都市西京区川島六の坪に所在し、中部方面後方支援隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

概要[編集]

桂駐屯地納涼夏祭り

駐屯地司令は、中部方面後方支援隊長が兼務。

駐屯部隊のひとつに第103不発弾処理隊があり、不発弾処理などを通じた民生協力を行っている。

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)11月10日:宇治駐屯地に隷属する分屯地として戦前の三菱重工業京都發動機製作所の跡地に開設され、陸上自衛隊関西地区補給処武器・施設補給部が設置[1]
  • 1960年(昭和35年)1月14日:関西地区補給処武器・施設補給部が陸上自衛隊関西地区補給処桂支処に改編[1]
  • 1964年(昭和39年)3月24日:中部方面武器隊が新編。
  • 1974年(昭和49年)4月11日:分屯地から駐屯地に昇格[2]
  • 1994年(平成06年)3月28日:第103不発弾処理隊が新設。
  • 1998年(平成10年)3月26日:中央補給処の改編に伴い、「関西地区補給処桂支処」から「関西補給処桂支処」に改称
  • 2004年(平成16年)3月27日:中部方面武器隊を廃止し、中部方面後方支援隊に改編。
  • 2006年(平成18年)3月24日:中部方面輸送隊豊中分屯地から移駐[1]
  • 2017年(平成29年)3月27日:第101補給大隊を後方支援隊隷下部隊として新編。
  • 2018年(平成30年)

駐屯部隊[編集]

中部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

特徴[編集]

駐屯地の門、外壁は桂離宮を模して白壁で作られ、守衛所などは白壁の古い家屋を模して建てられている。

旧三菱重工業京都発動機製作所時代のノコギリ屋根の工場が今も利用されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]