桃井章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桃井章(ももい あきら、1947年11月3日 - )は、日本脚本家東京都出身。父は国際政治学者桃井真、実妹は女優桃井かおり

経歴[編集]

シナリオ研究所修了後、PRライターを経てデビューする。以降、数多くのテレビドラマ映画のシナリオを手がける。

1998年、雑誌「ドラマ」1998年8月号の寄稿にて脚本家廃業宣言をし、正式に脚本家を廃業する。趣味の料理を職業とすべく、郷鍈治ちあきなおみが経営していた喫茶店「COREDO」(コレド)の屋号と場所を借り受け、バーとして開業する。その後乃木坂に移転し、2013年11月17日まで営業していた[1]

2007年11月再婚と同時に脚本家復活宣言をし、2008年に自身の脚本による舞台公演を行う。

2014年からは恵比寿のテアトロジャージャンで作品を上演している[2]

主な作品[編集]

劇映画[編集]

  • 真夜中の妖精 (1973)
  • 白い娼婦 花芯のたかまり (1974)
  • 赤ちょうちん (1974) 中島丈博と共同脚本
  • メス (1974)
  • 実録おんな鑑別所 性地獄 (1975)
  • 続実録おんな鑑別所 (1975)
  • 奴隷妻 (1976)
  • 女秘書の告白 果肉のしたたり (1976)
  • エロス学園 感度ばつぐん (1977)
  • 16歳 妖精の部屋 (1977)
  • 釣りバカ日誌 (1988)
  • 結婚 中井・鷲尾篇 (1993)
  • 雷電(1994)

TV[編集]

出典[編集]