桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桃太郎電鉄シリーズ > 桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻
桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻
ジャンル ボードゲーム
対応機種 PlayStation 2
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
音楽 関口和之
池毅
美術 土居孝幸
人数 1-4人(対戦)
メディア CD-ROM
発売日 PS2:2005年12月8日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻(ももたろうでんてつじゅうご ごだいぼんびーとうじょう!のまき)は、ハドソン2005年12月8日に発売したPlayStation 2用のボードゲーム。桃太郎電鉄シリーズ第15作。

概要[編集]

本作は貧乏神の変身パターンが非常に多く、「ミニボンビー」「ボンビー・モンキー」の他に、レギュラーとして登場している強力な「キングボンビー」「ハリケーンボンビー」に加え、『jr.』以来となる「ギーガボンビー」や、『11』以来となる「ブラックボンビー」、そして今作新登場となる「ミサイルボンビー」が存在する。これらを総称して「五大ボンビー」と呼ぶ。また、本作ではシリーズ初の、大規模に日本列島の地形が変わる大型イベントが発生する。

ゲームモード[編集]

いつもの桃鉄
1-99年の中から設定した年数をプレイし、総資産を競うモード。
桃鉄3年決戦!
3年プレイし、総資産を競うモード。「いつもの桃鉄」とルールは同様だが、ゲームバランスが一部異なる。
激闘!さくま城
COMキャラとの対戦を勝ち抜く1人用モード。試合のルールは「桃鉄3年決戦!」とほぼ同様。

前作からの変更点[編集]

  • 本作より、日本全国編マップにも『USA』同様に起伏がつくようになり、その影響で山脈の形やその他地形および、名産物や都市のアイコンの配列が多少変更された。
  • 本作より、「名産怪獣」が登場(本作では9種類)。また、旧作に登場していた「ドジラース」が『2010』までいなくなり、「モモトラマンカード」は廃止された。
  • 本作より、「いつもの桃鉄」のゲーム終了時の三賞(食品王・農林王・水産王)が廃止された。
  • 本作より、「鉄道省駅」で購入できる鉄道の路線網が変更された。
  • 本作より、『G』にて目的地候補から外されていた「カード売り場駅」が、再び目的地候補となった。
  • 本作および『16』では、「大恐慌」時の「マイナス駅」の支出金額が4倍になる(前作『G』では5倍)。
  • 本作および『16』では、新本社ビルの建設費用が大幅に上昇し、カードをもらえるタイミングは20階ごとの建設時になった。
  • 本作より、音楽担当の宮路一昭が開発スタッフから抜けたため、メニュー画面・☆に願いをカード・豪速球カードなど宮路が作曲した「定番BGM」が新しいBGMに変更されている。この中には完全新作のBGMもあれば、前々作『USA』から流用したBGMもある。
  • 本作より、近江八幡の「製薬会社」を持っていると「デビキラー」を開発するイベントが発生する。発生すると、以後はデビル系カードを即座に撃退できるようになる(リトルデビル・デビル・キングデビルカードを入手すると「おはらいカード」と同じ効果が自動的に発動する)。
  • 本作および『16』では、渋谷の「IT企業」を持っていると「ワクチンプログラム」を開発するイベントが発生する。以後「ウィルスカード」を即座に撃退できるようになる(「ウィルスカード」を入手すると「ワクチンカード」を使ったときの効果が自動的に発動する)。
  • 本作より、全国編でも1駅あたりの物件数が最大16になった(本作で該当する物件駅は、札幌・函館・仙台・横浜・静岡・名古屋・大阪・博多・鹿児島)。
  • 本作より、目的地到着時に援助金をもらってもなお最下位の場合、カードがもらえる。
  • 本作より、「?駅」で発生するイベントがランダムで発生から、「プラス駅」や「マイナス駅」同様ルーレットで決定に変更された。
  • 本作より、99年プレイのみ[1]カード売り場でのカード売価が1/4になる。この売価レートは『HAPPY』以来である。
  • 「いつもの桃鉄」で一定の年数が経過すると、マップに以下のような変化が起きる。
    • 36年目以降、「特別カード売り場駅」が登場。通常では手に入りにくいカードが買えるが、一度の訪問で1種類1枚ずつしか買えない。場所は秋田の南の本荘象潟と、山形の北の酒田の3か所。目的地候補にもなっている。
    • 小浜江差門司港の3つの物件駅が誕生する。
    • 成田空港新千歳空港をつなぐ空路が誕生する。陸路の真上を飛ぶ空路は、日本マップでは初。
    • お台場カジノ駅」が登場し、止まるとスロットマシンで遊ぶことができる。
    • 隕石が落下し、日本が東西に分裂するイベント「日本列島大爆発」が起こる。BGMは「USA」の熱波イベントと同じ、「灼熱の太陽」である。イベントの流れは以下の通り。
    1. まずは巨大隕石が地球に迫っているニュースが報じられる。
    2. 数か月後のターン終了時に、隕石が着弾する。
      1. 中部地方の大部分が水没して、水没中の物件は資産に計上されなくなる。
      2. 陸路が東西に完全に分断され、航路・空路も全て封鎖される(ヘリコプターやワープは使用可)[2]
        1. 目的地が水没地域を挟んだ反対側にある場合、ルート上での移動では到着できないため、最短マス数が表示されなくなる。
        2. 目的地が水没した駅だった場合は到着不可能になり、銀河鉄道のゴール地点も一時的に封鎖される。
        3. ボンビラス星からの帰還地点は珠洲
      3. 毎ターン、一定確率で余波の地震が発生し、物件を持っていると持ち金に被害が出る。
    3. 隕石着弾から約3か月で空路が復活する。この時点で、ルート上を使った日本の東西の行き来が可能になる。
    4. 隕石着弾から約6か月で航路が復活する。
    5. 隕石着弾から2-3年で地形が元通りになり、水没中の物件の所有権も戻るほか、余波の地震も止まり、イベント終了。
  • 本作より、台風発生時に登場する「カミナリ小僧」のデザインが変更された。
  • 「激闘!さくま城」という、1人のプレイヤーが決められた条件下でコンピュータと対戦するモードが『12』以来復活した[3]。クリアすれば隠しCOMキャラ扱いとなった「さくま」を選べる。
    • オープニングのBGMは、後の『20周年』-『タッグマッチ』で歴史ヒーローのBGMとして使用されている。
  • 本作より、「絶好調」システムを採用。もともとは『新桃太郎伝説』で採用されていたもので、ターンが回ってくると一定確率で発動し、数ターンの間だけ特殊能力や特典が使えるようになる。本作では、例えば人間プレイヤーが絶好調になった場合、しばらくの間「サイコロ」コマンドで通常は1個しか振れないサイコロが常に3個に増えるなどである。COMキャラクターが「絶好調[4]」になった場合は、その特典がキャラごとに違う。
  • 岡山の「桃太郎ランド」の価格が1兆円に値上げされた。価格が「兆」単位の物件は本作がシリーズ初登場。
  • 初登場のカード:だじゃれカード、便利系消滅カード、…に行け!カード、時限爆弾カードなど。
  • 廃止されたカード:モモトラマンカード

登場する駅[編集]

太字…目的地の候補。(初)…初登場の駅。(再)…再登場の駅。

…日本列島大爆発のイベントで沈む駅。

物件駅(133駅)[編集]

…ゲーム途中で追加される物件駅。

カード売り場(29駅)[編集]

…本作初登場の「特別カード売り場」。

ワープ駅(4駅)[編集]

?駅(5駅)[編集]

港(14駅)[編集]

ナイスカード駅(6駅)[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『16』『2010』『タッグマッチ』『2017』では100年プレイ、『20周年』『WORLD』では50年プレイのみ。
  2. ^ 元ネタは小説『日本沈没』(小松左京、1973年)であり、これを読んでからずっとあたためていた企画だったもの。月刊デジタルさくまにあ 桃鉄研究所再開第46回目!より。
  3. ^ 『11』『12』では「風雲!さくま城」という名称。
  4. ^ 本作では、あしゅらの場合は表記が「絶好調」ではなく「三面六臂」になっている。