桃太郎電鉄HAPPY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桃太郎電鉄シリーズ > 桃太郎電鉄HAPPY
桃太郎電鉄HAPPY
ジャンル ボードゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
人数 1-4人(対戦)
メディア ロムカセット
(24Mbit+バッテリーバックアップ)
発売日 1996年12月6日
テンプレートを表示

桃太郎電鉄HAPPY(ももたろうでんてつハッピー)は、ハドソン1996年12月6日に発売したスーパーファミコンボードゲーム桃太郎電鉄シリーズの第6作で、スーパーファミコンでは本シリーズ最後の作品。本作からタイトルに「スーパー」が付かなくなったが、ゲームの基本ルールは『スーパー桃太郎電鉄』からの内容を引き継いでいる(初代『桃太郎電鉄』とはルールが異なる)。

概要[編集]

スーパーファミコンでは最後の作品となった今作は、この時点での桃太郎電鉄シリーズの集大成であるともいえる。本作では、ロムカセットの容量が前作 (『DX』) の1.5倍になり、SPC7110と呼ばれる特殊チップが搭載された。「ボンビラス星」「運賃改正」など後のシリーズ作品で定番となった要素が多数登場しているのも本作の特徴である。その他にもゲームバランスが一部変化しているが、ゲームの基本的なルールは前作『DX』と同じであり、作中のルール説明の際にも、その旨をキャスターの桃太郎が語っている。そのため、前作までに登場したイベントの多くや、ゲストボンビー「コマルン」が引き続き登場している。

さくまあきらによれば、本作のタイトルの「HAPPY」とは「ハッピーエンド」の意味が込められており、当初、桃太郎電鉄シリーズは本作で制作を終了する予定であったという[1]。しかし、本作の発売後もシリーズは継続し、1年後に『桃太郎電鉄7』がプレイステーションで発売されることになる。

前作からの変更点[編集]

  • 物件の収益率が変更。初期状態の収益率に変更が加えられたほか、価格が1億円以上の物件は原則的に増資による収益率の上昇量が減少している。
  • 本作では、特定のプレイ回数に特別な状態でスタートできる「記念ゲーム」を、以降のニューゲーム時にプレイしたことのあるものから自由に選択可能となった。
    • 20回 - 沖縄駅からスタート。最初から「新潜水艦カード」を6枚所持。
    • 30回 - 最初から攻撃系カードを5枚および、「ブロックカード」を所持。
    • 40回 - 初期状態の所持金が100億円[2]
    • 50回 - 岡山駅からスタート。最初から「オレンジカード」を6枚所持。初期のマップが「ブラックカード」を使用したときと同じ状態で開始され、その持続期間が長め。
    • 250回 - エロマンガ島からスタート。初期状態の所持金が10億円[2]。最初から「福袋カード」を所持。最初に目的地に到着したプレイヤーには、通常の到着金+10億円がもらえる。
  • マップのBGMを、アレンジされた過去の作品のBGMに変更してプレイできる(「サイコロ・マーチ」は前作そのまま)。これも、開発当初は本作を最終作にする予定だったため取り入れたとのこと[3]
  • 音楽スタッフとして、宮路一昭が初参加。
  • 本作より、「銀河鉄道」マップのゴールまでの距離が大幅に短縮された。『DX』では28マスだったが、本作では15マスになり、以降の作品でも15-20マス程度となっている。
  • キングボンビーの故郷である「ボンビラス星」が初登場する。今作に限り、「ボンビラス星」マップのある場所を虫メガネで調べると、キングボンビーに大金を奪われる要素がある。
  • 本作のみ、キングボンビーの悪行「サイコロ10個振り」の被害額の計算式が変わっており、前作までと比較すると、41年目以降は抑え目になっている。
  • 桃太郎シリーズ共通の隠し要素の「女湯」が今回は3つあり、さらには「男湯」まで登場している。全て見るための条件が異なり、「男湯」は条件が最も簡単である。
  • 前作では物件の「ゲームセンター」を購入するとその駅で止まった時のみ遊べたミニゲームだが、今作では駅に止まる以外に隠し要素(裏技)で呼び出して遊ぶ事ができる。なお、前作とはミニゲームの内容が異なり、別のイベントの分も含めて2種類がある。
  • 本作より、カレンダー画面のビジュアルが全画面で表示されるようになった。
  • 本作より、目的地到着時のビジュアルが、その都市の名産品を織り込んだものになった。
  • カードに関する仕様の変更。
    • 今作では「カード売り場」の数が減少している[4]。次作からは元に戻っている。
      • エロマンガ島駅が「カード売り場」となる。このカード売り場は、「リニアカード」などの過去のシリーズでは買うことができなかったカードが売られている。
    • 前作までの「潜水艦カード」「ばかもんカード」「おひるねカード」が、効果が一部変更されて「新潜水艦カード」「新ばかもんカード」「新おひるねカード」となる。
      • 「新潜水艦カード」を使用した時に「海底カード売り場」に立ち寄れることがある。「海底カード売り場」では主に希少価値の高いカードが販売されている。
    • 「ばちあたりカード」「豪速球カード」などの新カードが登場している。
    • 「運賃改正」イベントが復活。今作では、8年目以降にカードの価格が倍になる[4]
  • 今作のみ、高知にフェリー乗り場が登場している。
  • 声優の横山智佐が夜叉姫の声で出演している。
    • 目的地ルーレットや決算の順位発表画面などの特定のシーンでボタンを押した際に「がんばってね」「ファイト!」などの短いセリフ音声が流れる。
  • 今作では、最初から目的地のグループが2つに分かれている。16か所のうち6か所が、一巡するごとに入れ替わる。
  • 「ワープ駅」の移動先を、自由に指定できるようになった。
  • 長野オリンピックにちなんだ物件・イベントが追加される。
  • ゲーム終了時の3賞のうち「工業王」が廃止され、代わりに「水産王」が登場。

これらの変更点は、ジャンプ放送局の常連投稿戦士によって考えられたものも多い。スタッフロールに常連のペンネームが多数掲載されている。

登場駅[編集]

物件駅(96駅)[編集]

太字の駅は目的地になる駅。

カード売り場(15駅)[編集]

ロボット研究所(4駅)[編集]

ワープ駅(4駅)[編集]

その他[編集]

一定の条件が重なるとゲームが進行しなくなる不具合がある。

  • キングボンビーにとりつかれたプレイヤーが「ぶっとばしカード」などを使い、その拍子に他のプレイヤーが目的地へ直接到着した時、もしキングボンビーが違うプレイヤーに移らなかった場合、キングボンビーの悪行エフェクトが「目的地に到着した他のプレイヤーに襲い掛かる」ようにみえる(実際に被害を受けるのは本来キングボンビーがとりついているプレイヤー)。このとき、「サイコロを振って進む」悪行が発動すると、カメラワークに異常が発生し、ゲームが停止する。

関連書籍[編集]

  • 『ハドソン公式ガイドブック 桃太郎電鉄HAPPY』 (ISBN 4-09-102562-5)
  • さくまあきら監修『桃太郎電鉄HAPPY究極本 HAPPYに勝つための30の戦略』(BESTゲーム攻略シリーズ)、ベストセラーズ、1996年12月 (ISBN 978-4584160510)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さくまあきらホームページ:仕事人裏日記 2000年3月20日
  2. ^ a b ゲーム開始時の桃太郎キャスターの科白は「国からの援助金1000万円」のまま変わっていない。
  3. ^ 月刊デジタルさくまにあ:桃鉄研究所第12回より。
  4. ^ a b 上級者にとって難易度を上げるため。ベストセラーズ『桃太郎電鉄HAPPY究極本—HAPPYに勝つための30の戦略』より