桃歌雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桃歌 雪(ももか ゆき、9月10日[1] - )は、宝塚歌劇団月組に所属する娘役。

和歌山県和歌山市[1]和歌山大学教育学部附属中学出身[1]。身長164.5cm[1]。愛称は「ゆき」、「もも」[1]

来歴[編集]

2012年4月、宝塚音楽学校入学。同期には、音くり寿星風まどか天彩峰里風間柚乃聖乃あすか極美慎華優希などがいる。

2014年4月、宝塚歌劇団に100期生として入団。入団時の成績は12番。月組宝塚大劇場公演『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』で初舞台。その後、組廻りを経て月組に配属。

主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2014年3月~6月、月組『宝塚をどり/明日への指針-センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

月組配属後[編集]

  • 2015年4月~7月、『1789-バスティーユの恋人たち-
  • 2015年8月~9月、『A-EN(エイエン)ARTHUR VERSION』(バウホール)モーリーン(女子生徒)
  • 2015年11月~2016年2月、『舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ』ティコ [蓮売り娘の歌い手] 祭りの歌手(女)/新人公演:水の精霊[運命のダンサー]
  • 2016年6月~9月、『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!』新人公演:さこの方(足利義昭の側室)(本役:真愛涼歌
  • 2016年10月、月組バウホール『FALSTAFF~ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ~』
  • 2016年10月〜11月、『Bow Singing Workshop〜月〜』
  • 2017年1月~3月、『グランドホテル/カルーセル輪舞曲』新人公演:マダム・ピーピー(本役:夏月都
  • 2017年5月、『長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲(ロンド)』(博多座
  • 2017年7月~10月、『All for One~ダルタニアンと太陽王~』新人公演:シモーヌ【剣戟一座の座長の妻】(本役:白雪さち花)
  • 2017年12月、『Arkadia-アルカディア-』(バウホール)ニナ
  • 2018年2月~5月、『カンパニー -努力、情熱、そして仲間たち-/BADDY-悪党は月からやって来る-』新人公演:黒川杏(本役:白雪さち花)
  • 2018年6月~7月『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』(日本青年館・シアタードラマシティ)YUKI/看護婦[ゼルダの看護婦]/Ms.Misunderstanding[勘違い女のジャーナリスト]
  • 2018年8月~11月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』新人公演:リヒテンシュタイン(本役:晴音アキ
  • 2019年1月、『Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)』(バウホール)
  • 2019年3月〜6月、 『夢現無双 -吉川英治原作「宮本武蔵」より-/クルンテープ 天使の都』お杉(本役:夏月都)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、63頁。ISBN 978-4-86649-049-6 。