桃生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

桃生(もむのふ)は日本東北地方の武神という設定で真・女神転生に登場するキャラクター。

設定[編集]

元はアラハバキの配下であったが、東北地方が朝廷の支配下に置かれた後は、貴族の護衛として働いたという。

物部氏蘇我氏に滅ぼされた後、東国に逃げたという伝説があることから、「物部氏の子孫が武人の申し子」という意味で桃生と呼ばれた可能性があるという説がある[1]

桃生という名称は、「流域の丘」を意味するアイヌ語の「モムヌプカ」が語源とされる。また桃生は、武士もののふ)の由来となったともいう。

脚注[編集]

  1. ^ 『真・女神転生悪魔事典』 新紀元社、2003年、191頁。