桃花源

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桃花源
さだまさしシングル
初出アルバム『風見鶏
B面 晩鐘
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル ニューミュージック
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 さだまさし、劉家昌
プロデュース さだまさし、渡辺俊幸
チャート最高順位
さだまさし シングル 年表
案山子
(1977年)
桃花源
(1978年)
檸檬
(1978年)
テンプレートを表示

桃花源」(とうかげん)は、日本のシンガーソングライターさだまさし1978年2月10日にリリースしたシングルである。

解説[編集]

さだの弟の佐田繁理台湾で気になった曲を採譜して持ち帰ったものである。『風見鶏』発表時は作曲者不詳とクレジットされていたが、のちに作曲者が判明し本シングルがリリースされた際にクレジットは劉家昌作曲と改められている。先のアルバム『帰去来』と同様、陶淵明の詩からタイトルが採られている。内容は故郷を桃源郷(理想郷)に見立てている。

  • 本シングルはTBS系テレビ・ドラマ『せい子宙太郎‐忍宿借夫婦巷談』のテーマ曲として選ばれた「桃花源」のタイアップとして、アルバム『風見鶏』(1977年7月25日リリース)からシングル・カットされたものである。B面曲を除けば、さだにとってはグレープ時代よりアルバムからのシングル・カットを行うのは初めてであった。
  • 『風見鶏』のリリースに際しては作曲者不詳としていたが、その後判明したため、劉家昌作曲(佐田繁理採譜)とクレジット変更された。さだが自作曲以外の作品をシングル・リリースすることも初めてであった。
  • オリコン・チャート・ベスト20圏内に入らず、ヒットとはならなかった。

我家在那裡[編集]

本作のオリジナルは日本統治時代の朝鮮・漢城(現在の仁川)出身(ただし漢民族)で、台湾で活躍している映画監督・シンガーソングライターの劉家昌1941年 - )の作詞・作曲した「我家在那裡」(我が家はそこにある)である。1972年の台湾映画『晚秋』の主題歌として発表されたもの。

晩鐘[編集]

恋人との別れを、日本古来の美意識を駆使して作られた曲。日本の美を愛するさだは、「この歌をできるだけ歌おうと思っているが、季節が確定している(晩秋)ので、他の時期に歌うと間が抜ける」と、コンサートで話していた。

収録曲[編集]

SIDE 1[編集]

「桃花源」(作詩[1]:さだまさし、作曲:劉家昌、採譜:佐田繁理、編曲:Jimmie Haskel

テレビ・ドラマ『せい子宙太郎』主題歌

SIDE 2[編集]

「晩鐘」(作詩・作曲:さだまさし、編曲:渡辺俊幸、弦編曲:小野崎孝輔

脚注[編集]

  1. ^ さだの作品はすべて作詞ではなく「作詩」とクレジットされているので誤記ではない。