桐原町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 藤沢市 > 桐原町
桐原町
—  町丁  —
桐原町の位置(神奈川県内)
桐原町
桐原町
桐原町の位置
座標: 北緯35度23分39.98秒 東経139度27分1.97秒 / 北緯35.3944389度 東経139.4505472度 / 35.3944389; 139.4505472
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Fujisawa, Kanagawa.svg 藤沢市
地区 湘南台地区[1]
設置 1966年(昭和41年)10月29日[2]
面積[3]
 - 計 0.56km2 (0.2mi2)
人口 (2018年(平成30年)2月1日現在)[4]
 - 計 0人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 252-0811[5]
市外局番 0466 (藤沢MA)[6]
ナンバープレート 湘南
※座標は 藤沢市役所桐原環境事業所 付近

桐原町(きりはらちょう)は、神奈川県藤沢市にある地名。郵便番号は252-0811[5]。ほぼ全域が工業地帯(桐原工業団地)のため、当地に住民は居ない[4]

地理[編集]

藤沢市の北部に位置する。藤沢市の北部工業開発計画によって区画整理された工業地帯であり、その大半は桐原工業団地に属する。北部には市のリサイクルプラザ藤沢や桐原環境事業所など市の組織が立地する。

北はいすゞ自動車藤沢工場と隣接し、藤沢市北部の工業地帯として一体化している。その一方、東の円行、西と南の石川は近年住宅地・市街地として発展しつつある。

桐原工業団地[編集]

事業主体は藤沢市。面積は544,800m2。20社が立地する。全域が工業専用地域である[7]

歴史[編集]

平安時代末期、鎌倉党大庭氏の支流に「桐原氏」の名が見える。桐原氏は現在の桐原町が本貫であるという説がある。

現在の桐原町は藤沢市の北部工業開発計画によって、桐原工業団地の造成と同時に石川・円行両地域の一部が分離して成立した[2]

工業団地の造成前には「轡が窪」と呼ばれた窪地があり、かつては蹄鉄が行われていたという[9]

石川 (藤沢市)#歴史円行 (藤沢市)#歴史の頁も参照のこと。

地名の由来[編集]

沿革[編集]

地名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各地名ともその一部)
桐原町 1966年10月29日 石川
円行

交通[編集]

鉄道[編集]

当地を通る鉄道路線はない。最寄り駅は湘南台駅

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

  • 藤沢市役所 桐原環境事業所
  • リサイクルプラザ藤沢[12]
  • 桐原公園

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]