桐山靖雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桐山 靖雄(法名:きりやま せいゆう、本名:堤 真寿雄=つつみ ますお、1921年1月5日 - 2016年8月29日)は、仏教教団阿含宗開祖神奈川県横浜市神奈川区出身。

中国国立北京大学名誉教授、国立中山大学名誉教授、中国国立佛学院名誉教授、モンゴル国立大学学術名誉教授・名誉哲学博士、タイ国立タンマサート大学ジャーナリズム・マスコミュニケーション学名誉博士、サンフランシスコ大学終身名誉理事、ロンドン大学SOAS名誉フェロー、スリランカ仏教シャム派名誉大僧正、チベット仏教ニンマ派仏教大学名誉学長・客員教授、中国国際気功研究中心会長、ダッチ・トゥリート・クラブ名誉会員、日本棋院名誉九段、関西棋院九段、中国棋院名誉副主席など数々の称号を持つ。

1978年(昭和53年)4月8日に阿含宗を立宗、12月には『阿含密教いま』を世に問うた。立宗に至るまでの約24年間は凖胝観音を本尊とし『観音経』を依経とする観音慈恵会という仏教教団を主宰していた。18歳の時に喀血肋膜炎をこじらせての結核であった。徴兵検査は丙種。作家志望であり、文藝春秋社の月刊誌『話』(1933-1940年)に巻頭読み切りが掲載されたこともある。不運に嘆き天源淘宮術を学ぶなどして運命学を志す。白隠禅師の『施行歌』の一節「利口で貧乏するを見よ」に感化される。27歳の時、事業に失敗し疎開工場の跡地で自殺を図った。首吊りのための縄をかける梁を探していたところ、『般若心経』『観音経』『延命十句観音経』『凖胝観音経』などの知るされた小経本を梁の上に発見。『凖胝観音経』にある「寂静にして心常に誦すれば一切諸々の大難͡能く是の人を侵すこと無し」という一句に救いを求め、凖胝観音を守り本尊とし、その布教のために観音慈恵会を発足。敷金3ヶ月分を家賃としての裏長屋からのスタートであった。藩の剣術指南番であった母方の祖父以来の悪業を絶つために法名として母方の桐山姓を名乗る。以後、自身のもつ「ガンの因縁」や「刑獄の因縁」といった悪因縁(悪い運命の星)を解脱するために因縁解脱法を探求し続け、6年間、『法華経』の勉強もしたが、「教え」以上の「法」を求めて密教門を叩いた。その難行とされる念力の護摩法を成就するなどして一時は「桐山密教」と謳われることもあったが反発も大きく、真言密教が様式化していることを知って密教界を去るも、ついには小乗の経典と卑しめられていた『阿含経』こそが、釈迦が直説した唯一の経典である以上に、七科三十七道品三十七菩提分法)という成仏法(因縁解脱し仏陀になるための方法)の記されてある唯一の経典であることを発見。釈迦仏教は出家仏教であるとの懸念もあったが、『雑阿含経』「一切事経」に説かれている「優婆塞(優婆夷)の十六法」が在家成仏の文証であることを見出して、56歳の時に阿含宗を立宗することを決意。七科三十七道品を現代的に「ブッダになるための七種のシステムと三十七種類のカリキュラム」として打ち出し、しかしそれをあくまでも密教の様式でもって修行することを説いた[1]。1991年(平成3年)4月、京都市山科区に純日本式寺院である釈迦山大菩提寺を本山総本殿として建立成就。中国に『法句経』が伝来して以来、1999年目に当たる1997年12月、国立中山大学から名誉教授として招聘を受け「阿含仏教」について講演、また翌年11月には国立北京大学において「阿含仏教」を小乗とする教相判釈の問題について講演、国立佛学院より名誉教授号を贈られる。1999年12月、国立北京大学より名誉教授として招聘を受け、国立佛学院において阿含宗について講演。以後、インド、ニューヨーク、パリ、アウシュビッツ、イスラエルなどにおいて法要を行った。また、パラオ諸島コロール島での法要を皮切りとして、ガダルカナル島ニューギニア島硫黄島サイパン島バシー海峡といった戦地、あるいはシベリア抑留地などにおける戦没者の成仏供養法要を開催、国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑などにおいても「護国之御英霊」の旗を掲げて護摩法要を行った。

落語家の立川談四楼の著作『たかがピンチじゃないか―人生の達人桐山靖雄に学ぶ、強く生きる知恵』(2012年)は、その伝記として読める。

略歴[編集]

  • 1921年1月5日 横浜市神奈川区に生まれる
  • 1923年 横浜から東京の本所に転居、後に千葉の流山に移る
  • 1932年 神田三崎町にあった私立の大成中学校に入学、本郷にある新聞販売店に住み込み新聞配達のバイトをしながら通う
  • 1933年 東京府立第四中学校の夜間部を受験、合格するも入学は断念
  • 1935年 私立の夜間中学校に籍を置きながら出版社で働く
  • 1937年 上野の図書館に日参して勉強し始める
  • 1941年 結核の療養のため千葉の上総湊(かずさみなと)にあった鳩山病院に入院、安静療法のため白隠禅師の『夜船閑話』に説かれる「軟酥(なんそ)の法」に打ち込む
  • 1953年 合成ビールの事業化に際して密造酒グループの引き起こした事件に巻き込まれ逮捕される[2]。酒造法違反・私文書偽造行使により懲役1年6ヶ月、罰金5万円の実刑判決を受け、数年後に約10ヶ月間、習志野刑務所(現・市原刑務所)で服役
  • 1954年 生麦の裏長屋を借りて観音慈恵会を始める。時に、母の実家の姓「桐山」を法名とする
  • 1955年1月7日 蒲田に観音慈恵会を移す。
  • 1956年1月3日 京都にある養源院で初めて法話をする
  • 1957年 処女作『幸福への原理』(観音慈恵会発行)を刊行
  • 1970年1月3日 方広寺に間借りしていた観音慈恵会京都道場にて法力護摩(念力の護摩)を焚く
  • 1971年『変身の原理』(文一出版) がベストセラーとなり「ヘンシーン」を流行語として密教ブームを起こす
  • 1973年「密教食」の光和食品株式会社を設立
  • 1978年4月8日 阿含宗を立ち上げる
  • 1980年『守護霊を持て』(平河出版社)がベストセラーとなる。11月8日 インドに祇園精舎を訪れ、ミラクルの池にて仏勅を受ける
  • 1982年 日本棋院より五段と認定
  • 1984年 日本棋院より六段と認定
  • 1985年3月 バチカンのサン・クレメンテ教会にて修法、サン・ピエトロ大聖堂にて預言者ヨハネの声を聞く
  • 1991年4月 阿含宗の本山総本殿として釈迦山大菩提寺を建立成就
  • 1992年 日本棋院より名誉八段と認定
  • 2002年 日本棋院より名誉九段と認定
  • 2014年 関西棋院より九段の免状を受ける
  • 2016年8月29日 老衰のため死去[3]。95歳没。

僧位・法号[編集]

仏教の三つの流れ(南伝仏教、東伝仏教、北伝仏教)の各法脈を継承。

  • 1970年 真言宗小田慈舟大僧正より広島県比婆郡比和町(当時)の城福寺にて如意宝珠法を伝授される(北伝仏教)
  • 1972年~1973年 小田大僧正より観音慈恵会京都道場にて金剛界法・胎蔵界法を伝授される(北伝仏教)
  • 1983年 チベット仏教ニンマ派に伝わる秘法の伝授を受け、その秘経と古儀密教の法衣、また高位の僧位・法号「一切萬霊守護金剛」を授かる(東伝仏教)
  • 1988年 チベット仏教ニンマ派より、金剛阿闍梨法冠の授与灌頂、僧位の師の位「金剛阿闍梨位」を授かる(東伝仏教)
  • 1992年 スリランカ仏教シャム派より、名誉大僧正の僧位と法号「キールティ・スリ・サーマ・ドゥータ(輝く平和の大王)」を授かる(南伝仏教)
  • 1993年 チベット仏教サキャ・ツァル派より、金剛界・胎蔵界両部の伝法灌頂、最高僧位「金剛大阿闍梨耶」と法号「智勝光明大覚者(ンガワン・リンズィン・テンペル)」を授かる(東伝仏教)
  • 1994年 ミャンマー仏教界から僧位「アシン・ウイ・トツダ・タンダ・マナ(非常に高潔で平和を招来する尊い僧)」と法号「テイラ・ワーダ・サーサナ・ノツガハ・ベイツク(釈迦の真の教えを保護し、伝道してこられた大尊者)」を授かる(南伝仏教)
  • 1999年 チベット仏教界から当代最高の人物に贈られる名誉称号「パンティッタ」を授かり、ニンマ派総本山ミンドルリン寺で称号認証式拳行(東伝仏教)
  • 2010年 ブータン仏教界(チベット仏教ドゥクパ・カギュ派)から後期密教の伝法灌頂を受け、法号「ウガワン・ゲルツェン(王者の説法をする仏法守護者)」を授かる(東伝仏教)

教職・学位[編集]

受賞[編集]

  • 1989年 ダッチ・トリート・クラブ名誉会員就任
  • 1990年 国際警察長官協会(IACP) から特別功労賞受賞、国連・国際麻薬取締官協会(INEOA)から平和賞受賞
  • 1991年 パリ市文化功労賞(金メダル)受賞、イタリア共和国功労大公勲章受章
  • 1992年 日本棋院名誉八段認定
  • 1997年 スリランカ首相賞・功労大賞受賞
  • 1998年 サンフランシスコ大学第一回アジア太平洋リーダーシップ賞受賞、北京大学教育奨励賞受賞
  • 2001年 モンゴル国最高国家勲章友好大勲章、及び平和の銀賞受賞
  • 2002年 日本棋院名誉九段認定、中国囲棋協会名誉副主席就任

主な著書[編集]

  1. 『幸福への原理』 1957/01/01(観音慈恵会発行)
  2. 『変身の原理-密教・その持つ秘密神通の力』 1971/04/30
  3. 『密教・超能力の秘密』 1972/07/05
  4. 『念力 -超能力を身につける九つの方法』 1973/04/25
  5. 『密教占星術 l -運命とはなにか』 1973/07/20
  6. 『密教―超能力のカリキュラム』1974/1/1
  7. 『説法六十心 l 』 1974/09/10
  8. 『チャンネルをまわせ -密教・そのアントロポロギー』 1975/06/25
  9. 『日本の宗教者 十人の教主と語る』1976(津島秀彦との対談)
  10. 『密教誕生』 1976/11/01
  11. 『正法の歩み』1977/3/1(観音慈恵会教学部編)
  12. 『密教入門 -求聞持聡明法の秘密』 1976/12/05
  13. 『人間改造の原理と方法 -原始仏教から密教まで』 1977/12/20
  14. 『密教占星術 ll -三元九星・掛けの秘伝』 1978/03/20
  15. 『阿含密教いま-阿含講話集1』 1978/12/20
  16. 『求聞持法・瞑想入門』 1979/04/13
  17. 『密教占星術入門』 1979/12/15
  18. 『守護霊を持て-家運をよくする正しい先祖のまつり方』 1980/04/01
  19. 『続・守護霊を持て-家運をよくする不成仏霊供養のしかた』 1980/10/20
  20. 『龍神が翔ぶ-家運をよくする守護神・守護霊の持ちかた』 1981/02/25
  21. 『一九九九年カルマと霊障からの脱出』 1981/07/10
  22. 『栂尾コレクション顕密典籍文書集成』1981/9(別巻「あとがき」)
  23. 『輪廻する葦-阿含経講義』 1982/11/20
  24. 『現世成仏-わが人生・わが宗教』 1983/06/30
  25. 『間脳思考-霊的バイオ・ホロニクスの時代』 1984/01/10
  26. 『心のしおり』 1984/12/20
  27. 『超脳思考をめざせ-いま、ウル・ブレインの時代』 1985/01/31
  28. 『愛のために智恵を・智恵のために愛を』 1985/07/01
  29. 『師の一言 : 忘れえぬ愛と人生のことば』1986/4(共著、淀川長治他)
  30. 『末世成仏本尊経講義』 1986/05/20
  31. 『守護霊の系譜 -こうして守護霊を持て』 1986/11/20
  32. 『説法六十心 ll 』 1987/05/20
  33. 『守護仏の奇蹟』 1987/10/20
  34. 『炎の大霊言』 1987/12/15
  35. 『一九九九年 地球壊滅』 1988/11/25
  36. 『求聞持聡明法秘伝 -究極の超能力開発システム』 1989/10/05
  37. 『メシア出現-聖ヨハネ 聖マラキ ノストラダムス ヨギ・バジアン予言集』1990/3/20(いろかわちひろ編)
  38. 『仏陀(メシア)の法』 1991/04/25
  39. 『守護霊がもてる冥徳供養』 1991/10/09
  40. 『人は輪廻転生するか -仏陀の霊魂救済法』 1992/04/20
  41. 『アラディンの魔法のランプ -仏舎利宝珠尊和讃』 1993/06/15
  42. 『君は誰れの輪廻転生(うまれかわり)か』 1993/06/15
  43. 『般若心経瞑想法』 1994/11/10
  44. 『一九九九年七の月が来る -運命の日の予言と予知』 1995/04/27
  45. 『阿含仏教・超能力の秘密』 1996/02/10
  46. 『脳と心の革命瞑想 -魔法のクンダリニー・真珠(パール)秘伝』 1996/06/25
  47. 『阿含仏教・超奇蹟の秘密 -奇蹟を起こす力』 1996/12/10
  48. 『社会科学(Sozial Wissenschaft)としての阿含仏教』 1997/12/20
  49. 『「止観」の源流としての阿含仏教-天台智者大師の二つの謎をめぐって』 1998/12/25
  50. 『一九九九年七の月(ノストラダムス)よさらば』 1999/05/06
  51. 『21世紀は智慧(ソピア)の時代 -ギリシア哲学の智慧と仏陀の智慧』 2000/01/25
  52. 『ニューヨークより世界に向けて発信す -世界の宗教の十字路に立って』 2001/01/25
  53. 『世界平和への祈り-阿含宗ニューヨーク護摩法要と講演2001』 2001/12/20(DVD本)
  54. 『実践般若心経瞑想法』 2002/01/25(DVD本)
  55. 『変身の原理-密教の神秘』 2002/12/20(改訂再版)
  56. 『幸福への原理』 2003/04/01(改訂再版)
  57. 『守護神を持て-みんなの幸せのために』 2005/04/25
  58. 『仏陀の真実の教えを説く-阿含経講義(上)』 2007/11/01
  59. 『あなたの人生をナビゲーション』 2011/02/10
  60. 『仏陀の真実の教えを説く-阿含経講義(中)』 2012/01/01
  61. 『輪廻転生瞑想法Ⅰ』2012/04/15
  62. 『輪廻転生瞑想法Ⅱ』2013/03/25
  63. 『輪廻転生瞑想法Ⅲ』2014/02/10
  64. 『美しい人になる心のメッセージ』2016/2/1
  65. 『輪廻する葦-阿含経講義』2017/10/1(新装版)
  66. 『仏陀の真実の教えを説く-阿含経講義(下)』2018/11/7
  67. 十分間法話集『さあ、やるぞ かならず勝つ』①~⑫1990/12/10~2010/2/1

主な著書(英訳)[編集]

  1. Agon Buddhism as the Source of “Shamatha(Tranquillity) and Vipashyana (Insight)” The Two Enigmas of T'ien-T'ai Master Chih-i 1998
  2. 21st Century : The Age of Sophia The Wisdom of Greek Philosophy and the Wisdom of the Buddha 2000
  3. You Have Been Here Before : Reincarnation 2000
  4. The Wisdom of the Goma Fire Ceremony 2001
  5. The Marvel of Spiritual Transformation 2001
  6. Sacred Buddhist Fire Ceremony for World Peace 2001 2001
  7. The Heart Sutra Meditation 2002

対談など[編集]

  1. 森下敬一との対談「人類の大量突然死の日は近い?」自然医学会『自然医学』1973/5~6
  2. 金岡秀友との対談「密教の本質とその魅力―教理と行法とこれからの課題をめぐって」『月報』(佼成出版社『アジア仏教史・インド編Ⅳ』1974/6)
  3. 平井富雄草柳大蔵との対談「密教の念力があなたを創る」講談社『壮快』1974/11
  4. 金岡秀友との対談「『密教講座』の回顧と展望―曼荼羅の精神を基本として」『密教講座』1977/9, pp. 12-20
  5. 今西錦司との対談「自然と人間」『アーガマ』1979/6-8
  6. 森萬壽夫との対談「医療とこころ」『アーガマ』1979/3, pp. 38-45
  7. 横尾忠則との対談「瞑想と創造への道」『アーガマ』1979/5, pp. 48-54
  8. 森下敬一との対談「健康と食生活―現代に生まれ変った密教食」『アーガマ』1979/9~10
  9. 森敦との対談「文学と信仰」『アーガマ』1979/11, pp. 40-47
  10. 安部譲二との対談「宗教活動から社会活動へ。真に人を救うために。」『京都新聞』(広告特集)2003/2/9
  11. 市川森一との対談「祈りを捧げることが世界平和への第一歩」『週刊文春』2004/4/1, pp. 126-128
  12. 「阿含宗管長が語る人間の〝死〟との向き合い方」『一個人』no.56, 2005/1, pp. 56-59
  13. 金美齢との対談「忘れてはならない尊い犠牲」『産経新聞』2008/8/15
  14. 武田樹里との対談「日本人よ、忘恩の徒になるなかれ―黙して語らぬ‶先人〟の声に今こそ耳を傾けよう」『正論』2008/12, pp. 272-279
  15. 服部克久との対談「」『週刊文春』2010/3/17
  16. 桂吉坊などとの対談「「面白い」を探そう」『産経新聞』2010/8/15
  17. 乙武洋匡百田尚樹との対談「命を考える。未来を考える。」『産経新聞』2011/8/14
  18. 石原慎太郎との対談「この危機に、なぜ国が号令をかけないのか」『産経新聞』2012/6/7
  19. 倉本聰との対談「命を敬う生き方」『産経新聞』2012/8/15
  20. 藤岡弘との対談「命を敬い明日に進む」『産経新聞』2013/8/15
  21. 百田尚樹との対談「平和にかけた命」『産経新聞』2014/8/15

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阿含宗公式サイト - 阿含宗とは、どのような教団なのでしょうか”. 2019年3月8日閲覧。
  2. ^ 『毎日新聞』昭和28年8月17日付記事「偽ビール一味捕まる」が報じている。主犯格の男(元巡査)は懲役3年の判決を受けるも逃亡して後、時効。詳しい事情は本人が著書『現世成仏-わが人生・わが宗教』において記している。
  3. ^ 桐山靖雄氏死去 阿含宗開祖・管長 『京都新聞』2016年9月12日・阿含宗開祖の桐山靖雄管長死去 平和祈念活動に尽力、囲碁愛好家の顔も 『産経新聞』2016年9月12日・桐山靖雄氏が死去 阿含宗開祖『日本経済新聞』2016年9月12日

参考文献[編集]

  • 津島秀彦との対談『日本の宗教者 十人の教主と語る』1976
  • 桐山雄『阿含密教いま』1978/12/20
  • 桐山雄「解脱への遍歴」『月刊アーガマ』1979/5~(後に「観音経講義」)
  • 桐山雄『現世成仏-わが人生・わが宗教』1983/06/30
  • 桐山靖雄『般若心経瞑想法』「あとがき」 1994/11/10
  • 桐山雄『変身の原理-密教の神秘』「平河版・あとがき」2002/9/217
  • 立川談四楼『たかがピンチじゃないか-人生の達人桐山靖雄に学ぶ、強く生きる知恵』2012/5

関連項目[編集]