桐生真弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
桐生 真弥
Mahiro Kiryu
桐生 真弥 Mahiro Kiryuの画像
プロフィール
リングネーム 桐生 真弥
マヒロ(仮)
ニックネーム まひろん
パッションブルー
師匠
身長 166cm
誕生日 ????7月13日[1]
出身地 群馬県桐生市ではないらしい)
所属 東京女子プロレス
東洋大タッグ
スポーツ歴 卓球
デビュー 2019年2月23日
テンプレートを表示

桐生 真弥(きりゅう まひろ、7月13日 - )は、日本プロレスラー東京女子プロレス所属。

経歴[編集]

  • Amazonプライムビデオで放映されていたDDTの番組『ぶらり路上プロレス』を見てプロレスに興味を持ち、東京女子プロレスの練習生となり群馬から東京の道場へ通う。
2018年
  • 7月8日、両国KFCホール大会にて練習生マヒロ(仮)として紹介される。
2019年
  • 怪我などもあり同期5人の中でも遅れを取ったが、9か月間の練習生期間を経てデビューが決定、リングネームが桐生真弥となる[2]
  • 2月23日、新宿FACE「Be updated to the future, the future, the future」大会第3試合の桐生真弥&うなぎひまわりvs中島翔子白川未奈戦でデビュー[3]
  • 10月13日、大阪世界館「フォールツアー'19~BEST REGARDS!~」大会で鈴芽よりシングル初勝利。
2020年
2021年

人物[編集]

  • 元々はOLをしていたが、退職し東京女子プロレスに入団。OL時代は会社の公式アカウントの「中の人」をやっていた。
  • 上福ゆきとは東洋大学の同期かつ同年齢。しかしキャンパスと生活スタイルの相違により接点はなく[4]、プロレスラーとしてキャリアが上な上福に対して先輩として接している。
  • 猫を飼っている。猫の名は非公開。
  • ゲームと料理系漫画が好き。ネット文化に明るく、OPENRECやYouTubeでは配信者さながらのゲーム実況・雑談を行なっている。

得意技[編集]

スパインバスター
フィニッシャーとして使用。
河底撈魚(ホウテイラオユイ)
サイドバスター。技名は麻雀の役から。
逆エビ固め
ランニング・エルボー
片品渓谷
自らの両手をクラッチした状態で放つエルボー・ドロップ。技名は群馬県沼田市の地名から。
ドロップキック

入場曲[編集]

Dreadnought
作曲:マサキ[5]
タイトルはユン・ピョウ主演映画「ツーフィンガー鷹」の原題から。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]