桐野安生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
桐野 安生
KIRINO YASUO
本名 高橋 一生
(たかはし かずお)
ニックネーム 桐野、キリヤス
生年月日 (1978-10-02) 1978年10月2日(42歳)[1]
出身地 日本の旗 日本 東京都[1]
血液型 A型[1]
身長 173㎝[1]
最終学歴 日本映画学校卒業[1]
師匠 ハリウッドザコシショウ
芸風 1人コントあるあるネタ
事務所 SMA NEET Project
活動時期 2002年 -
同期 ゆっくんちゃん
カズマ・スパーキン
プラス・マイナス
銀シャリ
ヒューマン中村
尾形貴弘パンサー
ジョイマンなど
現在の代表番組 有田ジェネレーション
(不定期出演)
公式サイト 桐野安生のOfficial HomePage
受賞歴
  • 2012年『第一回喚き-1グランプリ』決勝進出
  • 2015年『第三回喚き-1グランプリ』4位
  • 2016年『第四回喚き-1グランプリ』決勝進出
  • 2018年『第五回喚き-1グランプリ』準優勝
  • 2019年『激毛! H-1グランプリ』決勝進出
  • 2020年『第六回喚き-1グランプリ』決勝進出
テンプレートを表示
桐野安生のYOUTUBE
 桐野のとある日常。
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年1月5日 -
ジャンル エンターテイメント
登録者数 658人
総再生回数 29,175回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年5月22日時点。
テンプレートを表示

桐野 安生(きりの やすお、1978年10月2日 - [1])は、SMA NEET Projectに所属する日本のお笑い芸人

人物[編集]

芸風[編集]

主に小道具を用いながらの1人コント。「ハーモニカ演芸ハロルド菊池」「寄席芸人マグナム武井」「第47代縦綱」など架空の人物に扮するネタを多数演じている。代表ネタの1つに「フルーツあるある[12][13][14]」があるが、田中卓志アンガールズ)からは「クソみたいなネタ」と酷評されている[13]。小道具は自作で、特にオリジナルの楽器を作ることに凝っている。ネタではカツラを着用し、アクセントとして寄り目を使うことがほとんど。ネタ中は自分で収録した音源と掛け合いをすることが多い。流れるナレーションも自身の音声。

フルーツあるある[編集]

左手にフルーツバスケット、右手にイチゴのマラカスを持ち、病死した友人へのはなむけ等の理由で「フルーツあるある」を披露するコント。あるあるネタの体裁を取っているが、その内容は言うまでもない至極当然の情報ないし現実離れしたエピソード。桐野はこのネタで2017年のおもしろ荘最終オーディションへ進出し[15]、翌年には有田ジェネレーションのレギュラーを獲得した[12]。なお、このネタで使用された「黒シャツに黄色いジャケット、胸に赤いポケットチーフ」という衣装は基本の舞台衣装で、ネタ以外でも頻繁に着用している。発展ネタとして「野菜あるある」「フルーツあるあるミュージアム」などが存在する。

賞レース戦歴[編集]

R-1ぐらんぷり[編集]

年度 結果 会場
2010年(第8回) 2回戦進出[16] TEPCOホール
2011年(第9回) 不参加
2012年(第10回) 不参加
2013年(第11回) 1回戦敗退[17] 新宿シアターモリエール
2014年(第12回) 不参加
2015年(第13回) 2回戦進出[18] TOKYO FM HALL
2016年(第14回) 2回戦進出[19] TOKYO FM HALL
2017年(第15回) 1回戦敗退[20] 新宿シアターモリエール
2018年(第16回) 1回戦敗退[21] 新宿シアターブラッツ
2019年(第17回) 2回戦進出[22] 新宿シアターモリエール
2020年(第18回) 2回戦進出[7] 新宿シアターモリエール

その他[編集]

  • おもしろ荘2017年元旦SP - 最終オーディション進出[15]
  • 喚き-1GP - ファイナリスト(第1回・第3回・第4回・第5回・第6回)
  • 激毛!H-1グランプリ - チャンピオン決勝進出

出演[編集]

テレビ[編集]

かつてのレギュラー[編集]

  • 有田ジェネレーションTBS[1] - 2018年2月21日初出演、同年5月31日放送分で合格しレギュラー出演。2019年3月1日にクビになるも同月28日の「生き残り総選挙」で合格しレギュラー復帰。しかし同年12月17日に再び行われた「生き残り総選挙」で研究生(準レギュラー)降格、さらにゴスケとの対決(2回目)にて「有田預かり」と判定され研究生からも離脱させられた[23]

その他[編集]

ウェブ[編集]

ラジオ[編集]

DVD[編集]

  • ぴんく-1ぐらんぷり(2016年4月29日、NYプロダクション)[1][24]
  • ハリウッドザコシショウのものまね100連発ライブ!(2016年7月6日、アニプレックス)
  • ハリウッドザコシショウのものまね100連発ライブ!SEASON2(2018年4月25日、ソニー・ミュージックマーケティング)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 桐野安生 - SMA NEET Project
  2. ^ a b 価格.com - 「有田ジェネレーション ~大江戸温泉物語芸人 大発掘SP~」2018年11月8日(木)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年6月19日閲覧。
  3. ^ 『桐野安生 R-1グランプリ2022参戦宣言』ランジャタイのぽんぽこTV 第26回”. 2021年3月19日閲覧。
  4. ^ a b ザテレビジョン. “「もうおじさん」の個性派芸人が元気にアピール!「“有ジェネ”のドキドキ感を味わってください!」 (2/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年6月20日閲覧。
  5. ^ a b “有ジェネ”発・SAKURAI、芸歴21年にして初のテレビ出演を語る!「(有田さんと小峠さんは)教官みたいですね」<インタビュー>(ザテレビジョン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年6月19日閲覧。
  6. ^ https://twitter.com/kirinoyasuo/status/1086598835890057216” (日本語). Twitter. 2020年6月19日閲覧。
  7. ^ a b R-1ぐらんぷり2020 01/25(土) 2回戦・東京 新宿シアターモリエール”. 2020年6月20日閲覧。
  8. ^ ハリウッドザコシショウのものまね100連発ライブ!(アニプレックス)- 特典映像「第4回喚き-1GP」
  9. ^ ザコシの動画でポン!『ハリウッドザコシショウイチオシ芸人 桐野安生のネタ』”. 2020年6月20日閲覧。
  10. ^ ザコシの動画でポン!『緊急企画!!桐野安生の新ネタは本当におもしろいのか??』”. 2020年6月20日閲覧。
  11. ^ 桐野安生のYouTube”. 2021年1月7日閲覧。
  12. ^ a b ]くりぃむ有田、フルーツあるある芸人・桐野安生ブレークに「とっくに冷めている」” (日本語). dogatch.jp. 2020年6月20日閲覧。
  13. ^ a b アンガ田中、後輩芸人にブチギレ 「ぶち殺すぞ」「頭からケツまでびっちり腹立つ」 (2018年12月20日)” (日本語). しらべぇ. 2020年7月3日閲覧。
  14. ^ 『有ジェネ』ネタ総選挙!"フルーツあるある"ネタにみちょぱら涙流し爆笑も「何で笑っているのか分からない」” (日本語). トレンドニュース(GYAO!). 2020年6月20日閲覧。
  15. ^ a b “錦鯉、カミナリ、晴天サンティら参加「おもしろ荘」オーディション大盛り上がり”. お笑いナタリー. (2016年12月5日). https://natalie.mu/owarai/news/211955 2020年6月20日閲覧。 
  16. ^ R-1ぐらんぷり2010 1/8(金) 1回戦・東京9 TEPCOホール”. 2020年6月20日閲覧。
  17. ^ R-1ぐらんぷり2013 12/29(土) [東京 新宿シアターモリエール]”. 2020年6月20日閲覧。
  18. ^ R-1ぐらんぷり2015 1/18(日) 2回戦・東京 TOKYO FM HALL”. 2020年6月20日閲覧。
  19. ^ R-1ぐらんぷり2016 01/23(土) 2回戦・東 京 TOKYO FM HALL”. 2020年6月20日閲覧。
  20. ^ R-1ぐらんぷり2017 01/08(日) 1回戦・東京 新宿シアターモリエール”. 2020年6月20日閲覧。
  21. ^ R-1ぐらんぷり2018 01/09(火) 1回戦・東京 新宿シアターブラッツ”. 2020年6月20日閲覧。
  22. ^ R-1ぐらんぷり2019 01/19(土) 2回戦・東京 新宿シアターモリエール”. 2020年6月20日閲覧。
  23. ^ https://twitter.com/arigene_tbs/status/1335987373109231616” (日本語). Twitter. 2020年12月13日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha. ““伝説のお笑いファン”ぴんくおばちゃんが審査員「ぴんく-1ぐらんぷり」” (日本語). お笑いナタリー. 2020年6月19日閲覧。