桑原勝義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桑原 勝義 Football pictogram.svg
名前
カタカナ クワバラ カツヨシ
ラテン文字 KUWABARA Katsuyoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1944-05-30) 1944年5月30日(74歳)
出身地 静岡県藤枝市
代表歴
1965-1967[1] 日本の旗 日本 2 (0)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

桑原 勝義(くわばら かつよし、1944年5月30日 - )は静岡県藤枝市出身の元サッカー選手サッカー指導者。現・静岡県サッカー協会専務理事、日本サッカー協会理事、日本フットボールリーグ理事長[2]。実弟は桑原隆

略歴[編集]

1962年高校サッカー選手権静岡県立藤枝東高等学校が初優勝した時の中心選手。卒業後は日軽化工清水工場サッカー部名古屋相互銀行(以下、名相銀)などに所属し、1965年には日本代表に選出され国際Aマッチ2試合に出場した[1]

1971年、名相銀の解散で選手は引退し、銀行の仕事に専念するつもりでいたが、日本サッカー協会の幹部・長沼健に勧められ、生まれ育った静岡に日本リーグのチームをという仕事にロマンを感じ銀行職を捨て、翌1972年、前年創設された本田技研工業サッカー部に加入[3]。翌1973年にプレイングマネージャーとなり、桑原を中心にチームは強化され、その後10年間に渡り同サッカー部を指導、JSL1部昇格に導いた[3]。その後、浜松市に「クワハラ・スポーツクラブ」を設立、1987年に実弟の桑原隆と共にPJMフューチャーズの立ち上げに関わり、自前での選手育成や短期間でのJSL1部昇格を目指し将来のプロリーグ参加を目標に掲げた事で話題となった。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(1965)[1]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1965 2 0 3 1 5 1
1966 0 0 0 0 0 0
1967 0 0 1 0 1 0
通算 2 0 4 1 6 1

出典[編集]

  1. ^ a b c “桑原 勝義”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_ka/katsuyoshi_kuwahara.html 
  2. ^ リーグ組織日本フットボールリーグオフィシャルWebサイト 2018年10月2日閲覧
  3. ^ a b 「連載7 日本リーグ強豪の歴史 本田技研」『サッカーマガジンベースボール・マガジン社、1985年4月号、No.306、110-113頁。