桑原村 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くわばらむら
桑原村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 新設合併
正木村足近村小熊村竹ヶ鼻町上中島村下中島村江吉良村、>堀津村福寿村桑原村 → 羽島市
現在の自治体 羽島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
羽島郡
面積 10.30km2.
総人口 3,447
(1954年)
隣接自治体 岐阜県羽島郡下中島村堀津村海津郡吉里村海西村
愛知県中島郡祖父江町長岡村
桑原村役場
所在地 岐阜県羽島郡桑原村八神2642-2
 表示 ウィキプロジェクト

桑原村(くわばらむら)はかつて岐阜県羽島郡に存在したである。村名は、かつてこの地域に存在した荘園(桑原荘)[1]に由来する。

現在の羽島市南部、現在の羽島市桑原町○○である。

木曽川長良川に挟まれた輪中地帯である。木曽川西岸と長良川東岸の地域であるが、西小薮地区のみが長良川西岸である。

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)4月1日 - 小薮村八神村が合併し、桑原村となる。
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 正木村、足近村、小熊村、竹ヶ鼻町、上中島村、下中島村、江吉良村、堀津村、福寿村と合併羽島市が発足。同日桑原村廃止。

交通機関[編集]

学校[編集]

観光[編集]

その他[編集]

  • 羽島市の合併の当初の計画では、長良川の西岸の桑原村西小薮は合併から除外され、海津郡[4]との合併が検討されていた。地元住民の熱心な運動により西小薮は羽島市への合併となったが、現在も直接結ぶ橋はなく、上流約1kmの南濃大橋を利用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「久和波良荘」の記述もある。また、江戸時代の文献には、八神村の旧称として桑原村の記述がある。
  2. ^ 桑原駅は1944年休止、1969年廃止。八神駅と大須駅は2001年10月1日廃止。
  3. ^ 海津郡海西村の一部(野寺・幡長・勝賀・須賀)の生徒が通学。
  4. ^ 高須町吉里村東江村大江村西江村。後の海津町に該当する。

関連項目[編集]