桑原真夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桑原 真夫(くわばら まさお、1947年3月- )は、日本の詩人スペインガリシア文学研究者、翻訳家。本名・中西省三

広島県鞆の浦生まれ。広島大学附属福山高等学校北海道大学経済学部卒。三井銀行に入行後、ブリュッセルマドリッドロンドンヨーロッパに約14年駐在。のち赤福相談役。所属は日本イスパニア学会、スペイン史学会、日本観光研究学会、京都セルバンテス懇話会[1]

著書[編集]

共編[編集]

  • 『それぞれのスペイン 1941から半世紀』川成洋,中西省三編 山手書房新社 1991
  • 『図説・スペインの歴史』川成洋,中西省三編 宮本雅弘写真 河出書房新社 1992.6
  • 『スペインのガリシアを知るための50章』坂東省次,浅香武和共編著 明石書店 エリア・スタディーズ 2011
  • 『スペイン王権史』川成洋,坂東省次共著 中公選書 2013

翻訳[編集]

  • ロサリア・デ・カストロ『我が母へ』訳・編 沖積舎 2006
  • ロサリア・デ・カストロ『ガリシアの歌』編訳 行路社 2009-11
  • 『ルース・ポソ・ガルサ詩集』編訳 土曜美術社出版販売 新・世界現代詩文庫 2012

参考文献[編集]

  • 文芸春秋同級生交歓 2014年新年特別号「文芸春秋社」

脚注[編集]

  1. ^ 『スペインとは?』著者紹介