桑原輪中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桑原輪中(くわばらわじゅう)は岐阜県羽島市逆川以南に存在した南北約10キロメートル、東西約4キロメートル、総面積約1950ヘクタール輪中。輪中南部に小藪輪中(こやぶわじゅう)という小輪中が存在した複合輪中である。現在では逆川沿いの輪中堤はほぼなくなり、輪中としての機能は失われている。

位置[編集]

桑原輪中の北側には逆川とその支流の足近川を挟んで正木輪中及び足近輪中が存在し、東側には木曽川を挟んで御囲堤があった。南側では明治時代の木曽川下流改修まで木曽川と長良川が合流しており、西側には長良川を挟んで森部輪中、福束輪中および高須輪中があった。

明暦2年(1656年)に輪中が完成した[1]。内郭輪中である小藪輪中は宝暦治水以前には完成していたとされ、桑原輪中本体からの悪水が輪中内に入らないように法六堤と呼ばれる小堤防で区切られていた。この法六堤は排水能力の向上により桑原川の水が機械的に長良川に排水できるようになったため昭和3年(1928年)には取り払われている。

宝暦4年(1754年)の宝暦治水において桑原輪中は工事の対象地域となる。木曽川に水勢を和らげるための猿尾堤が築堤され、逆川が木曽川から洗堰を設けて締め切られたほか、長良川から揖斐川へと流れる大榑川が長良川から締め切られた。そのため長良川の常水位が上昇し排水条件が悪化するとして小藪村の田畑は宝暦治水工事の一環として堀田へと改良されることとなった。逆川の締切堤はその後破損したため、宝暦11年(1761年)に改修、かさ上げされた。しかし、長良川の常水位の上昇による影響は大きく桑原輪中では工事以降水害が多発するようになる。

明和5年(1768年)、輪中内の悪水排除のために排水路の整備が行われた。排水路は三つ設けられたため三ツ割普請と呼ばれ、後に桑原川の原型となった。

江戸時代を通じて排水条件は悪化していったが、明治時代に至り輪中地域全体で根本的な治水を行う機運が高まり、明治16年(1883年)には桑原輪中木曽川長良川逆川水利土功会が桑原輪中内の23村により結成され、木曽川下流改修(明治改修、基礎三川分流とも)を迎えた。木曽川下流改修では桑原輪中の南側で合流していた木曽川と長良川が背割堤で切り離されたほか、小藪輪中西側で西側に大きく湾曲していた長良川を直線化するため小藪輪中の内部を貫くように流路が変更されて小藪輪中が分断した。

昭和6年(1931年)には洗堰により木曽川と限定的に切り離されていた逆川が完全に木曽川及び長良川から切り離され、逆川からの洪水の恐れがなくなった。逆川沿いの堤防はそれ以降随時取り壊されたため、現在、桑原輪中は存在しない。

脚注[編集]

  1. ^ 羽島市史

参考文献[編集]

  • 羽島市史
  • 輪中 -その形成と推移- 安藤萬壽男著 大明堂
  • 角川日本地名大辞典 21 岐阜県