桑原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

桑原駅(くわばらえき)は、かつて岐阜県羽島市に存在した、名古屋鉄道竹鼻線

2001年(平成13年)10月1日の廃止区間(江吉良駅 - 大須駅)のうち、八神駅 - 大須駅に存在した駅である。

駅名は開業時の村名(羽島郡桑原村)に由来する。

歴史

現在

  • 駅の位置は現在の羽島市桑原町八神。桑原駅は八神駅より約400m付近で、廃駅後の目印として八神4号踏切が存在した。
  • 廃線前は駅跡の面影が少なからず残っていたが、現在は廃線からかなりの年月が経過しており、跡形もなくなっている。