桑名の殿様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桑名の殿様(くわなのとのさま)は現在の三重県桑名市に伝えられる民謡お座敷唄。『桑名の殿さん』とも言われる。

概要[編集]

『桑名の殿様』は神宮式年遷宮御木曳木遣唄の一種である『松前木遣り』がお座敷唄化したものと考えられている[1]

時雨蛤の茶漬け(時雨茶漬け)

歌詞の「桑名の殿様」とは、桑名藩主のことではなく、明治から大正にかけて米相場で儲けた桑名の大旦那衆(お大尽、成金)のことである。東京の料亭で盛大な酒宴を行い、芸者衆と大いに遊んだ桑名の大旦那衆が、宴会の最後に桑名名産の時雨蛤茶漬けを食べた様を唄にしたのが『桑名の殿様』である[2]。ただし、「桑名の殿様」を松平定信(楽翁公)とする異説も存在する[3]

ちなみに、歌詞にある「~の殿様~で茶々漬け」のフレーズは、日本各地でその土地の名物、名産を読み込んだ替え唄となって楽しまれた[1]

歌詞[編集]

桑名の殿さま ヤンレー ヤットコセー ヨーイヤナ 桑名の殿さん 時雨茶々漬(ちゃちゃづけ) ヨーイトナー アーレワ アリャリャンリャン ヨイトコ ヨイトコナー
あれは当麻(たいま)の あれは当麻の 中将姫だよ
泣き泣き入れるは 泣き泣き入れるは 六条さんの賽銭箱
源氏は白旗 平家は赤旗 天保山(てんぽうざん)は沖の旗
やれ出るそれ出る やれ出るそれ出る 矢橋(やばせ)の舟だよ[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 曲目解説<三重県>”. 日本の民謡~CDで聴く故郷の唄. 暁洲舎 (2000年). 2009年5月9日閲覧。
  2. ^ 桑名の殿さんはいったい誰?”. 総本家新之助貝新. 2009年6月27日閲覧。
  3. ^ a b 『日本民謡集』 町田嘉章 編、浅野建二 編、岩波書店〈岩波クラシックス〉、1983年、246頁。2009年5月15日閲覧。