桑名一博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桑名 一博(くわな かずひろ、1932年1月19日 - )は、日本のスペイン文学者で、多くの翻訳書がある。

経歴[編集]

東京生まれ。1956年東京外国語大学スペイン語学科卒業。1963年龍谷大学講師、1965年神奈川大学助教授、1972年愛知県立大学助教授、1975年教授、1980年外国語学部長、1983年東京外国語大学教授、1995年定年となり清泉女子大学教授を務めた。1988年、フランシスコ・デ・ケベード『大悪党』をはじめとするスペイン古典文学の翻訳で会田由賞受賞。

ホセ・オルテガ・イ・ガセットのほか、ガブリエル・ガルシア=マルケスなど20世紀ラテンアメリカ文学の翻訳も多く出した。

編著[編集]

  • スペイン語練習問題1000題 浦和幹男共著 白水社 1970
  • 西和中辞典 編集主幹 小学館 1990

翻訳[編集]

  • 大衆の反逆、無脊椎のスペイン オルテガ著作集2 白水社 1969、復刊1998/ 前者は、新版が白水Uブックスほかで刊。
  • 小論集 観念と信念 オルテガ著作集8 白水社 1970、復刊1998
  • 土曜日の次の日 ガルシア=マルケス  集英社〈世界の文学28 カルペンティエール、マルケス〉 1978
  • 大悪党-ブスコンの生涯 ケベード、集英社〈世界文学全集6 悪漢小説集〉 1979
  • ラ・カテドラルでの対話 バルガス=リョサ野谷文昭共訳、集英社「世界の文学」 1979/同「ラテンアメリカの文学」 1984
  • ママ・グランデの葬儀 他7編 ガルシア=マルケス 安藤哲行共訳 国書刊行会 1979/ 集英社文庫 1982
  • 転轍手 フワン・ホセ・アレオラ プレス・ビブリオマーヌ 1980、限定版
  • ある虐殺の真相 バルガス=リョサ 集英社ギャラリー「世界の文学」 1990
  • 神託必携・処世智の技(抄) グラシアン 澁澤龍彦文学館2.筑摩書房 1991
  • 死神の友達 ペドロ・アラルコン 菅愛子共訳 国書刊行会(バベルの図書館) 1991
  • 落葉 他12篇 ガルシア=マルケス 高見英一、井上義一共訳 新潮社 2007
  • 悪い時 他9篇 ガルシア=マルケス 高見英一、内田吉彦木村榮一、安藤哲行共訳 新潮社 2007