桑山浩然

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桑山 浩然(くわやま こうねん、1937年3月19日 - 2006年10月15日)は、日本歴史学者。専門は日本中世史。

略歴[編集]

満州中国東北部)に生まれ、新潟で育つ。1959年に新潟大学人文学部を卒業し、東京大学大学院人文科学研究科へ進む。

1964年から東京大学史料編纂所に勤務し、1979年に助教授、1984年に教授となった。

1997年に退職して、同大名誉教授滋賀大学教育学部教授を経て、2001年からは国士舘大学文学部教授を務めた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『室町幕府引付史料集成』上・下、近藤出版社、1980年・1986年
  • 『室町幕府の政治と経済』吉川弘文館、2006年

共著[編集]

参考文献[編集]