桑山鉄男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桑山鉄男

桑山 鉄男(くわやま てつお、1881年明治14年)11月1日 - 1936年昭和11年)2月20日[1])は、日本の逓信官僚貴族院勅選議員。従三位、勲二等。

経歴[編集]

愛媛県出身。桑山吉輝(大津事件の犯人津田巡査の上司(警察署長))の長男として生まれる[2]旧制第三高等学校を経て、1906年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業し、高等文官試験に合格。逓信省に入省し、通信事務官、京都郵便局管理課長、長野逓信管理局長、逓信省参事官、逓信官吏練習所教官、逓信監察官、逓信大臣秘書官などを歴任した。1920年、初代簡易保険局長に就任。1924年6月、逓信次官に就任し、1929年7月まで在任した。次官在任中、新設の逓信省航空局長を兼任し[3]、大礼使参与官を務めた。

退官後、1929年7月1日、貴族院議員に勅選され[4]、死去まで在任した。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2741号、昭和11年2月24日。
  2. ^ 『愛媛県紳士録』東京市之部 p.28
  3. ^ 『東京日日新聞』1938年2月2日付[1] 神戸大学デジタルアーカイブ
  4. ^ 『官報』第751号、昭和4年7月2日。

参考文献[編集]

  • 『貴族院要覧(丙) 昭和10年12月増訂』貴族院事務局、1935年。
  • 『愛媛県紳士録』愛媛新報株式会社、1934年。


公職
先代:
米田奈良吉
日本の旗 逓信次官
1924 - 1929
次代:
今井田清徳