桑折氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桑折氏
No image available.svg
本姓 藤原北家山蔭流
家祖 桑折親長(円心)
種別 武家
出身地 陸奥国伊達郡桑折
主な根拠地 陸奥国伊達郡桑折→出羽国置賜郡小松
伊予国宇和島藩
著名な人物 桑折景長
凡例 / Category:日本の氏族

桑折氏(こおりし)は、伊達氏の支流である日本の氏族の一つ。鎌倉時代に伊達氏から分かれ、その家臣として支えた。

概要[編集]

鎌倉時代から南北朝時代[編集]

桑折氏初代頼長(心円)は伊達氏3代伊達義広の子とされる。また、4代伊達政依の子ともされる。この頼長は『吾妻鏡』に見えるため、鎌倉に居住していたとみられる[1]鎌倉幕府が滅び、伊達氏が南朝の陸奥国式評定衆となると、根拠地の伊達郡に移住したと見られる。

室町時代[編集]

伊達氏の領土拡張に伴って各方面へ出陣しているが、伊達氏の置賜郡攻略に伴って長井小松城主となった。文明11年から12年(1479年 - 1480年)にかけて、出羽国寒河江荘を攻めて大将桑折播磨守宗義が討ち死にした(菖蒲沼の戦い)。嫡子宗利は菩提を弔うため、戦場にほど近い慈恩寺境内に松蔵寺を建立した[2]。その後、伊達氏の内訌天文の乱桑折景長が活躍し、伊達晴宗守護代に任じられた。

安土桃山時代から江戸時代[編集]

景長は伊達稙宗の子を養嗣子として迎えていたが夭折したため、実子宗長を後嗣とした。宗長の子政長文禄の役で病死したため、石母田景頼の子重長(桑折宗長の孫)を迎えるも夭折、景頼四男の宗頼を迎え、また実父の景頼も桑折景頼を名乗った。重長の子の定長は、飯坂の局(桑折景長の孫)の懇願により飯坂家を継いだ。景頼と宗頼は、飯坂の局の子で伊達政宗の庶長子の伊達秀宗伊予宇和島藩入部に従って家老となり、桑折家は宇和島藩家老の家系として続いた。

原田宗資は桑折宗長の子だというが、原田氏は伊達騒動で断絶している。また、飯坂家も原田宗資の孫にあたる飯坂輔俊がこの事件の連座責任で切腹となり、断絶の憂き目に遭っている。

系図[編集]

 
 
 
伊達義広
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折親長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(略)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折宗義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折宗利
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(略)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折宗季
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折景長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折宗貞[3]桑折宗長原田宗政山岸安長国分重定石母田光頼
 
 
飯坂宗康
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折政長原田宗資
 
石母田(桑折)景頼
 
 
 
伊達政宗
 
飯坂の局[4]女(桑折政長室)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
女(桑折重長室)
 
 
 
桑折重長桑折宗頼
 
 
 
 
 
 
伊達秀宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
飯坂定永桑折頼邑桑折宗臣
 
 
 
桑折宗臣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折宗敷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折百助[5]桑折宗恒[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折安貫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折徳厚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折徳翼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小池宣哲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折長よし
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折紀望
 
 
 
 
伊達宗城
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折城方
 
伊達宗敦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桑折英三郎
 
 
伊達順之助
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 吾妻鏡正嘉元年(1257年)十月大一日壬午条。「御布施取(略)伊達左衛門藏人親長」
  2. ^ 寒河江市史編さん委員会 2001, pp. 308-310, 「松蔵寺幹縁疏」.
  3. ^ 伊達稙宗の子
  4. ^ 伊達秀宗の生母に関しては様々な異説があり、飯坂氏出身の女性であるかは明確でない。
  5. ^ 伊達宗贇の五男
  6. ^ 伊達宗贇の六男

参考文献[編集]

  • 寒河江市史編さん委員会『寒河江市史』[史料編 2] (大江氏ならびに関係史料)、寒河江市、2001年3月。全国書誌番号:20161764