桔梗駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
桔梗駅
JR Hakodate-Main-Line Kikyo Station building.jpg
駅舎(2017年8月)
ききょう
Kikyō
H74 五稜郭 (4.9km)
(2.1km) 大中山 H72
所在地 北海道函館市桔梗3丁目
駅番号 H73
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 8.3km(函館起点)
電報略号 キケ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
296人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1902年明治35年)12月10日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

桔梗駅(ききょうえき)は、北海道函館市桔梗町3丁目41番地にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線である。駅番号H73電報略号キケ。快速「アイリス」の停車駅だった。

歴史[編集]

1976年の桔梗駅と周囲約1km範囲。下が函館方面。貨物取扱廃止で駅舎横函館側の貨物ホーム前の引込み線は撤去され、途中までが保線用として残されている。一方、駅裏の貨物積卸線は待避線として残されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。同地はかつて駅附近にキキョウが群生し近郷の住人から「桔梗野」と呼ばれた。これが明治4年に村名となり、駅名とされた[1][6]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する複線区間の地上駅。互いのホームは両ホーム北側を結んだ跨線橋で連絡している[7]。また雪かき車などの特殊な車両を待機させるための側線を1線有する。

五稜郭駅管理の業務委託駅北海道ジェイ・アール・サービスネット委託)。早朝夜間・日祝は駅員不在。

みどりの窓口(営業時間:7時10分 - 16時30分、日祝休業)、自動券売機(窓口営業時間内のみ起動)設置。

かつては単式ホーム島式ホーム(片側乗降不可)複合型の2面2線に中線を有する配線であった。この中線は上り貨物専用の、乗降不可となっている島式ホームの外側の線は下り貨物専用の待避線となっていた。そのほかに上り本線の函館方から駅舎側に分岐する側線、上り副本線と下り本線の間の旭川方、上り本線と下り本線の間の函館方に渡り線を有していた。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 函館本線 上り 函館方面
2 下り 新函館北斗方面

利用状況[編集]

「函館市統計書」によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員296人である[8]

近年の1日平均乗車人員の推移は以下のとおりである。但し、1981年(昭和51年)度と1992年(平成4年)度は、1日平均乗降人員の数値である。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
1981年(昭和56年) 494   [9]
1992年(平成04年) 1,318   [7]
2008年(平成20年)   330 [10]
2009年(平成21年)   310
2010年(平成22年)   310
2011年(平成23年)   310 [11]
2012年(平成24年)   321
2013年(平成25年)   328
2014年(平成26年)   325
2015年(平成27年)   320
2016年(平成28年)   320 [12]
2017年(平成29年)   313
2018年(平成30年)   296 [8]

駅周辺[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
快速「はこだてライナー
通過
普通(「はこだてライナー」含む)
*亀田駅 - 五稜郭駅 (H74) - 桔梗駅 (H73) - 大中山駅 (H72)
*打消線は廃駅(廃止時点では五稜郭駅は未開業)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、3頁。
  2. ^ a b 北海道鉄道百年史 下巻、P56 及び巻末年表。
  3. ^ a b c d 『道南鉄道100年史 遥』 北海道旅客鉄道函館支社 2003年2月発行
  4. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2014年9月6日閲覧。 
  5. ^ “連結子会社2社の合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2014年2月28日), https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140228-2.pdf 2014年3月1日閲覧。 
  6. ^ a b 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)12ページより。
  7. ^ a b 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)36ページより。
  8. ^ a b 函館市統計書 令和元年版 (PDF)”. 函館市. p. 73 (2020年5月). 2020年6月17日閲覧。
  9. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)24ページより。
  10. ^ 函館市統計書 平成25年版 (PDF)”. 函館市. p. 73 (2014年3月). 2020年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月5日閲覧。
  11. ^ 函館市統計書 平成28年版 (PDF)”. 函館市. p. 73 (2017年4月). 2020年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月5日閲覧。
  12. ^ 函館市統計書 平成30年版 (PDF)”. 函館市. p. 73 (2019年4月). 2020年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月17日閲覧。

関連項目[編集]