桜井好朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桜井 好朗(さくらい よしろう、1931年9月17日 - 2014年5月8日[1])は、日本中世史・文学研究者、椙山女学園大学名誉教授、黄塵草堂桜井私塾長。

愛知県瀬戸市生まれ。1954年名古屋大学文学部史学科卒業。1977年「神々の変貌」で名古屋大学文学博士豊田工業高等専門学校助教授、椙山女学園大学教授、名誉教授。1997年から2000年代前半に佛教大学文学部教授を務めた。

1982年「中世日本文化の形成-神話と歴史叙述で芸術選奨文部大臣賞受賞。中世文化史を専攻し、隠者、宗教、芸能など対象は幅広く、塚本邦雄など現代歌人についても論考がある。筆名・花井純一郎で詩歌も作った。

著書[編集]

  • 『隠者の風貌 隠遁生活とその精神』塙書房 1967 (塙選書)
  • 『日本の隠者』塙書房 1969 (塙新書)、新版1986 / オンデマンド版 2005
  • 『中世日本人の思惟と表現』未来社 1970
  • 『祝祭空間 花井純一郎詩歌集』母岩社 1972
  • 『中世日本の精神史的景観』塙書房 1974、新版1986
  • 『神々の変貌 社寺縁起の世界から』東京大学出版会 1976、新版2009 / ちくま学芸文庫 2000.3
  • 『吉野の霧 太平記』平凡社 1978.7 (平凡社名作文庫) / 吉川弘文館 2016.8(読みなおす日本史)
  • 『中世日本文化の形成 神話と歴史叙述』東京大学出版会 1981.4
  • 『空より参らむ 中世論のために』人文書院 1983.6
  • 『中世日本の王権・宗教・芸能』人文書院 1988.10
  • 『祭儀と注釈 中世における古代神話』吉川弘文館 1993.9
  • 『儀礼国家の解体 中世文化史論集』吉川弘文館 1996.6
  • 『中世日本の神話と歴史叙述』岩田書院 2006.10

編著[編集]

  • 『神と仏 仏教受容と神仏習合の世界』春秋社 1985 (大系仏教と日本人)、新版2000

脚注[編集]

  1. ^ 笠間書院 ●【訃報】桜井好朗氏(椙山女学園大学名誉教授)ご逝去