桜井由躬雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桜井 由躬雄(さくらい ゆみお、1945年(昭和20年)1月31日 - 2012年(平成24年)12月17日)は、日本の歴史学者、東南アジア史学者、東京大学名誉教授。

来歴[編集]

1967年(昭和42年)東京大学文学部東洋史学科卒、1977年(昭和52年)同大学院博士課程満期退学、京都大学東南アジア研究センター助手、1983年(昭和58年)助教授、1989年(平成元年)「ベトナム村落の形成-村落共有田=コンディエン制の史的展開」により東京大学文学博士号取得、1990年(平成2年) 東京大学文学部東洋史学科助教授、1992年(平成4年)「ヴェトナム紅河デルタの開発特性と水田水利の発達過程に関する研究-東南アジア主要河川デルタ開発との比較において」により農学博士(東京大学)を取得、1994年(平成6年)教授、2003年(平成15年)ベトナム国家大学より名誉博士号授与。2007年(平成19年)3月、定年退職。2012年(平成24年)12月17日、死去[1]。67歳没。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ベトナム村落の形成――村落共有田=コンディエン制の史的展開』(創文社 1987年)
  • 『ハノイの憂鬱』(めこん 1989年)
  • 『緑色の野帖――東南アジアの歴史を歩く』(めこん 1997年)
  • 『米に生きる人々――太陽のはげまし、森と水のやさしさ』(集英社 2000年)
  • 『東南アジアの歴史』(放送大学 2002年)
  • 『前近代の東南アジア』(放送大学 2006年)

共著[編集]

  • 石澤良昭)『東南アジア現代史(3)ヴェトナム・カンボジア・ラオス』(山川出版社, 1977年)
  • 石井米雄)『「ビジュアル版」世界の歴史(12)東南アジア世界の形成』(講談社, 1985年)
  • (石澤良昭・桐山昇)『地域からの世界史(4)東南アジア』(朝日新聞社, 1993年)

編著[編集]

  • 『もっと知りたいベトナム』(弘文堂, 1989年/第2版, 1995年)
  • 『岩波講座東南アジア史(4)東南アジア近世国家群の展開』(岩波書店, 2001年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本ベトナム研究者会議会長、桜井由躬雄さん死去 朝日新聞 2012年(平成24年)12月19日閲覧