桜井龍子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

桜井 龍子(さくらい りゅうこ、1947年1月16日 - )は日本の元最高裁判所判事。元労働省官僚福岡県大牟田市出身。

人物[編集]

福岡県立大牟田北高等学校を経て1969年(昭和44年)九州大学法学部卒業後、国家公務員採用上級甲種試験(区分・法律)に合格[1]

  • 1970年(昭和45年)4月労働省入省。
  • 1986年(昭和61年)4月 労働省労政局労政課中小企業労働対策室長
  • 1988年(昭和63年)6月2日 日本労働協会へ出向[2]
  • 1990年(平成2年)8月 労働省婦人局婦人福祉課長
  • 1992年(平成4年)7月16日 労働省労政局勤労者福祉部企画課長[3]
  • 1993年(平成5年)4月1日 大阪府生活文化部長[4]
  • 1995年(平成7年)5月12日 自治省大臣官房付(自治省へ出向)[5]
  • 1995年(平成7年)5月12日 労働省大臣官房付[6]
  • 1995年(平成7年)6月 労働省労政局勤労者福祉部長
  • 1997年(平成9年)7月1日 労働大臣官房審議官(労政担当)[7]
  • 1998年(平成10年)6月 労働省女性局長(51歳)
  • 2001年(平成13年)1月5日 辞職[8]
  • 2001年(平成13年)4月1日 内閣府情報公開審査会委員[9](第三部会長)
  • 2004年(平成16年)6月 大阪大学大学院法学研究科招へい教授(労働法
  • 2007年(平成19年)4月 九州大学法学部客員教授労働法
  • 2008年(平成20年)4月 衆議院事務局情報公開苦情審査会委員
  • 2008年(平成20年)9月11日 最高裁判所判事横尾和子の後任、女性3人目、初の戦後生まれ)
  • 2017年(平成29年)1月15日 定年退官
  • 2017年(平成29年)8月 九州大学東京同窓会会長[10]
  • 2018年(平成30年)4月29日 旭日大綬章受章
  • 2018年(平成30年)九州大学法学部東京同窓会会長[11]

裁判[編集]

国民審査[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和44年8月27日付け『官報』第12810号、12頁。
  2. ^ 昭和63年6月3日付け『官報』第18382号、11頁。
  3. ^ 平成4年7月21日付け『官報』第956号、10頁。
  4. ^ 平成5年4月23日付け『官報』第1143号、12頁。
  5. ^ 平成7年5月17日付け『官報』第1645号、12頁。
  6. ^ 平成7年5月15日付け『官報』第1643号、11頁。
  7. ^ 平成9年7月4日付け『官報』第2173号、9頁。
  8. ^ 平成13年1月11日付け『官報』第3031号、10頁。
  9. ^ 平成13年4月12日付け『官報』第3094号、11頁。
  10. ^ 2019 年東京九機会総会・懇親会の御案内東京九機会
  11. ^ 会長あいさつ九州大学法学部東京同窓会
  12. ^ 冤罪の可能性が極めて強く指摘され、冤罪と見做している者も少なくない。
  13. ^ 最高裁判所 - 最決平成22年10月26日。予見可能性・因果関係を否定。
  14. ^ 村上ファンド元代表の上告棄却 読売新聞 2011年6月7日
  15. ^ 同意なしの妊娠降格違法 マタハラ訴訟で最高裁初判断


先代:
籾井勝人
九州大学東京同窓会会長
第4代:2017年 -
次代:
先代:
古川洽次
九州大学法学部東京同窓会会長
第4代:2018年 -
次代: