桜塚やっくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
桜塚さくらづかやっくん
Sakurazuka Yakkun, Japanese comedian.jpg
2007年4月16日撮影
本名 斎藤 恭央(さいとう やすお)
生年月日 (1976-09-24) 1976年9月24日
没年月日 (2013-10-05) 2013年10月5日(37歳没)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[1]鶴見区
言語 日本語
出身 スクールJCA7期
コンビ名 あばれヌンチャク(1999年 - 2005年)
相方 竹内幸輔(コンビ時代)
芸風 漫談
公式サイト 桜塚やっくんの見ないとがっかりだよ(ブログ)
テンプレートを表示
うえだ ひろみ
植田 浩望
プロフィール
本名 斎藤 恭央
性別 男性
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市鶴見区
死没地 日本の旗 日本山口県美祢市
中国自動車道下り線
生年月日 (1976-09-24) 1976年9月24日
没年月日 (2013-10-05) 2013年10月5日(37歳没)
血液型 B型
身長 169cm
職業 お笑いタレント声優俳優歌手
配偶者 なし
活動
活動期間 1999年[要出典] - 2013年
音楽活動
活動名義 桜塚やっくん
職種 歌手
担当楽器
俳優活動
活動名義 植田浩望 / 桜塚やっくん / 斎藤恭央
ジャンル テレビドラマ映画
声優:テンプレート | プロジェクト |

桜塚やっくん(さくらづかやっくん、1976年9月24日 - 2013年10月5日[2][3][4])は、日本の男性お笑いタレント声優俳優歌手神奈川県横浜市鶴見区出身。以前はジャニーズ事務所に所属しており[5]、本名の斎藤 恭央(さいとう やすお)で活動していた。

日本大学高等学校日本大学芸術学部映画学科演技コース卒業。トップコートを退所後、個人事務所を設立。血液型B型。自ら設立した日本女装協会会長を務めた[6]

来歴[編集]

少年時代は本名名義でジャニーズJr.として活動した。大学在籍時の19歳から21歳まで3年間に俳優・新藤栄作主宰の劇団無現で芝居の基礎を学んだ[要出典]

大学卒業後、スクールJCAに入所し、1999年石井光三オフィス所属として竹内幸輔とお笑いコンビ「あばれヌンチャク」を結成[5][7]ツッコミ(ネタによってはボケ)の「やっくん」として絵描き&ネタ作りを担当したが、2005年に相方の竹内が声優への転向を契機に斎藤が竹内の希望を優先した結果、コンビを友好的に解散した[5][7]。斎藤の没後、竹内は解散後も交流を続けていたことを斎藤への追悼と併せ、自らのTwitter内で明かした。

また、2002年にテレビアニメ『満月をさがして』のオーディションを受け合格。アニメ版の設定においてはバイク事故で死亡して死神となってしまった少年、タクト・キラの声を本名名義で担当し、声優としても知名度を上げる。同番組の企画CDでは死神:タクト・キラ(人間名:吉良托人・きら たくと)役でETERNAL SNOW」を披露し、これが初めての歌の仕事となった。

ピン芸人時代[編集]

コンビ解消後、ピン芸人としてのネタを模索していたところ、後述の「スケバン恐子」が作られた。その後、エンタの神様プロデューサーの提案もあり「桜塚やっくん」と改名した。

2007年1月10日一青窈の紹介でフジテレビ笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに初登場し、「ココに出るのが夢だった」と喜び、他コーナーにも登場して生放送終了まで出演した[注釈 1]。同年4月に公開の映画『名探偵コナン 紺碧の棺』で、その応援団として宣伝も兼ねて4月21日阪神巨人戦(甲子園)で始球式を行ない、阪神ファンであることを明かした。しかし、同年12月に喉のポリープの切除手術で入院したため、同年終盤からスケジュールを空けていた。

2008年より、「植田 浩望うえだ ひろみ)」と名義で俳優活動を開始する[5][7]

2010年10月16日、トップコートを退所し、自ら会社を設立したことをブログで報告した[8][5][7]

2011年1月11日放送の『あらびき団』で円谷プロに500万円かけて発注した甲冑の衣装を纏ってネタを披露したが、内容は親父ギャグだった。

同年3月24日準強姦容疑で書類送検されたと報じられた[9]。やっくんはブログにて「事実無根の内容が一部報道されて」いるとし「今後一切僕が逮捕される事や起訴されることもありません!」と述べ[10]、弁護士を通じて警視庁の捜査関係者あてに名誉毀損を訴える法的措置を取る意向を明らかにしていた[11]。同弁護士によると、女子大生との示談の有無については答えられないとのこと[11]。この騒動を契機に「仕事のスケジュールがバタバタとキャンセルに」なったという[12]

音楽活動[編集]

2006年7月19日、歌手として自身が作詞した「ゲキマジムカツク」でCDデビュー(作曲:AnchangSEX MACHINEGUNS〉)。同年10月18日には2ndシングル「1000%SOざくね?」を発売。タイトルはシブがき隊の「100%…SOかもね!」と当時の若者言葉の「うざくね?」を合わせたものである。

なお、同年のNHK紅白歌合戦に個人男性としては前年のゴリエに次いで史上2人目となる紅組としての出場が報道されていたが、歌手の出場者としては選ばれず応援ゲストとして出演した[要出典]

2010年TBS系の音楽番組『Music Birth』の中で結成されたバンド「美女♂men Vlossom」(後に美女♂men Zへ改名)のボーカリストとしての活動を開始する。高見沢俊彦プロデュースのもと、SHAZNAのカバー曲である「Melty Love」でバンドデビューした。

交通事故死[編集]

2013年10月5日山口県美祢市東厚保町の中国自動車道下り線の伊佐パーキングエリア付近の追越車線でトヨタ・ハイエース[注釈 2]を自ら運転中[15]中央分離帯に衝突する単独事故を起こした[16][17][3][2]。事故直後、マネージャーが左後部座席から走行車線へ出て警察に通報していた最中にトラックに跳ねられ[18]、それを見た直後にやっくんが車の後方へ行ったところ、別の後続車に跳ねられた[19][18][5]。その後、病院へ搬送されたが、同日18時16分に心臓破裂により死去。満37歳没(享年38)[19][5]。同月6日、熊本県荒尾市あらおシティモールで開催される予定だった美女♂menZのイベント出演のために移動中だった[19][5][注釈 3]

彼の訃報に遺族やファン、元相方の竹内のほか、鉄拳ヒロシカンニング竹山陣内智則狩野英孝芋洗坂係長などのお笑いタレント[20]や、アニメやゲーム作品で共演経験のある折笠富美子[21]myco[22]稲田徹[23]緒方恵美[24]などの声優、『エンタの神様』プロデューサーの五味一男や『名探偵コナン』プロデューサーの諏訪道彦[25]など番組スタッフ、ゴールデンボンバー、美女♂Menのデビューシングルの原曲を歌ったSHAZNAの元フロントマンのIZAMなどミュージシャンや歌手、『満月をさがして』の原作者である漫画家種村有菜[26]など、生前に交流のあった人々からやっくんの公式サイトや記者会見、ツイッターやブログなどを通して哀悼の念が多数寄せられた。

通夜は同月8日[27]、葬儀・告別式が翌9日に行われ[28]、通夜・葬儀・告別式は密葬だった[27][28]。戒名は「禅徳院恭覺智聡居士」[28]。遺影は女装や芸人の姿ではなく、「斎藤恭央」としてのプライベート姿の写真が使用された[29]

2013年12月7日放送の『エンタの神様』のエンディングで司会の福澤朗白石美帆が追悼コメントを読み上げた後、生前に番組内で披露したネタの総集編が放送された[30]。また、同年10月21日ニコニコ生放送で追悼特番『男の娘だョ!全員集合!』で芸名の名付け親でもある五味と番組プロデューサーの金子正男が出演した[31]

美祢ICから美祢西IC間の現場は以前から「運転の難所」とされ、県警やNEXCO西日本は当事故を契機に同区間で路面のカラー舗装化などの事故防止策を強化した。その後、事故数は前年に比べて半減するなど大きな効果を上げたとされる[32]

2014年、岸田健作Dear LovingのMASAが最期の地に桜の木を植えるプロジェクトを立ち上げ、2015年4月に目標金額の募金が集まる。2016年3月25日、美祢市の美祢さくら公園にソメイヨシノの植樹とモニュメントが設置された[33]

墓所は神奈川県川崎市多摩区の春秋苑にある。2014年5月に兄のブログを通して公表されている[34]

2020年12月30日に放送された『エンタの神様』では「最強ネタスペシャル」の1つとして「スケバン恐子」のネタが放送された後、「今は天国にいるやっくん。私達はあなたの事を永遠に忘れないでしょう」というテロップがナレーションと共に流れ、やっくんを偲ぶ声がインターネット上に上がったほか、放送を見た竹内幸輔からもTwitterでやっくんを称えるコメントが発表された[35]

人物[編集]

  • 芸名の名付け親は日本テレビの五味プロデューサーで、「やっくん」という名前は既に決まっていた状態で何か名前を付けてくれと頼まれ、華やかな名前というと例えば桜塚みたいな名前か、と尋ね、やっくんは即決してその場でその名前を採用した[36]
  • あばれヌンチャク時代は高橋名人の様な真正面が白で両側の全面が黄色の帽子とオーバーオール姿で右に黄色いバッジを付け、縦字で「やっくん」と書いてあった。
  • 趣味は漫画を読むことで5000冊以上所持していた。
  • 尿意の鉄人』(AV女優尿を飲むという番組)のメインを務めていた。
  • かつては「ピンク・レモネード」(バンド)でボーカルをしていた。あばれヌンチャク時代のインタビューのほか、自身のブログでも語った。
  • EXILEUSAはクラスメイトだった。同サッカー部で給食も同じ班だった[37]
  • たいがー:りーは中学校時代の先輩(たいがーもサッカー部)[37]。また、たいがー:りーの妹は中学校時代の同級生だったことを自身のブログで語っている[38]
  • 「やっくんの生みの親」としてネタの中で父親を紹介した[39]
  • 「桜塚やっくんの妹を探せ! タレント・オーディション」では荒木七菜香が選ばれている。一般のライブで「ガリベン強子」と名乗り踊った。

「スケバン恐子」[編集]

  • 入場曲は布袋寅泰の「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」。
  • スカート丈の長いセーラー服[注釈 4]竹刀、ロングのパーマかつらを装備した女装。関東スケバン連合の初代総長という設定で一人称は「アタイ」。誕生のきっかけは「あゆに似てるな」といわれたことだったという。舞台上から観客を指名しツッコミ役をさせていた。2006年9月3日の「東京ガールズコレクション2006 A/winter」出演や映画『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』特命宣伝刑事などで活躍していた。
  • ネタの内容は初めに数名の観客を無作為に指名し、スケバン恐子のボケに対して指定された言葉を観客にツッコませるというもの。2006年4月からは有名な童話やテレビ番組などの紙芝居をするという内容になり、観客には作品に登場する人物や効果音などの役をやらせるようになった。
  • 指名する観客の数は当初は3人だったが、後に2人となった。観客を指名する際、変わった呼び名を付けることがあった。
  • 女装キャラとしては美形とされ、女性ファンが多く観客に「カワイイ!」と言われると逆上することがお決まりだった。
  • 芸の内容上、ネタ時間の調整が比較的容易にできるため、生放送の帳尻合わせにも使われる。『輝け!2005年お笑いネタのグランプリ』では審査員が大賞を選考している間にネタを行っていた。
  • メイク道具はすっぴんで買いに行くため、デパートの店員などに「何この人、変態?」というような目で見られるので困ると語っていた[要出典]
  • ネタの最後は手品を披露したり上手いことを言ったりして観客を驚かせ、「またな!」の一言で締めくくる。
  • このキャラクターは『エンタの神様』への出演を狙って考えたキャラクターだという。コンビ解散後、方向性に迷っていた時に視聴率と影響力があり、新人が入れる枠があるのは同番組だけだと考え、同番組が女装をしてネタを行う芸人を求めているという噂があったため、『極道の妻たち』か『スケバン刑事』かで迷った結果、『スケバン刑事』の新作が公開されると聞いてスケバンに決めたという[40]
    • 2005年8月にキャラが固まり、自信のあるネタを同番組のネタ見せで披露したが酷評されたため、じゃあもう好き勝手に暴れてやろうと、客イジリのスタイルに変えたという[40]
    • コンビ解散後3年以内にテレビに出られなければ芸人引退を考えていたため、同番組への出演に人生を賭けていたといっても過言ではないと語っていた[41]
  • 生前に加藤浩次からは「ヤスシ」と呼ばれた(本名は「ヤスオ」)[要出典]

後任[編集]

桜塚の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 概要作品 後任の初担当作品
吉田ウーロン太 アダム・デヴァイン(バンパー) ピッチ・パーフェクト』シリーズ ピッチ・パーフェクト2
岡野浩介 アクア ジュエルペット』シリーズ ジュエルペットサンシャイン』以降(桜塚の生前から担当している)

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター

バラエティ[編集]

レギュラー出演[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

声優[編集]

テレビアニメ[編集]

斎藤恭央名義[編集]
桜塚やっくん名義[編集]

吹き替え[編集]

ゲーム[編集]

桜塚やっくん名義

斎藤恭央名義

ドラマCD[編集]

斎藤恭央名義

  • No.1ボイスをめざせ!(木下努)

俳優[編集]

テレビドラマ[編集]

斎藤恭央名義
桜塚やっくん名義
  • ZERO(2008年1月、MTV JAPAN、OL役)
  • 美人探偵M(2012年2月19日、TOKYO MX、美女men Vlossom ボーカル役)
植田浩望名義

映画[編集]

斎藤恭央名義
桜塚やっくん名義
  • 歌舞伎町はいすくーる(2014年)※遺作
植田浩望名義
  • 鎧 サムライゾンビ(2009年、主演・次郎役)

Vシネマ[編集]

  • 岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説〜女番哀歌〜(2007年、桜塚やっくん名義、スケバン役)
  • 桜塚やっくんの宇宙極道戦争(2010年、植田浩望名義、荒川清役)
  • パイナルファンタジー(2013年、桜塚やっくん名義、スケバン役)
  • 桜塚やっくんの美女men(2014年10月30日、主演)※遺作

舞台[編集]

  • 男のシンボル(2000年)オフィス★怪人社
  • 太極五福星(2001年)オフィス★怪人社(東岳大帝役)
  • チョコレートガールズ(2010年)KOYA・MAP(桜塚やっくん役)
  • 30-DELUX 電撃チョモランマ隊 MIX『スペース・ウォーズ』(2010年7月、東京グローブ座
  • Kekke Corporation Presents「『645』〜改 TAIKA〜」(2012年5月、中野ザ・ポケット)

発表作品[編集]

音楽作品[編集]

シングル[編集]

  1. ゲキマジムカツク(2006年7月19日)
    • 最高位23位(オリコン)
  2. 1000%SOざくね?(2006年10月18日)
    • 最高位18位(オリコン)
  3. クリスマスター(2006年12月6日)
    • 最高位42位(オリコン)
  4. 怪僧ラスプーチン/ダメモト 〜真夏のLOVE LABOクリニック〜(2007年5月30日)
    • 最高位88位(オリコン)
  5. どぉなっちゃってんだよ(2007年8月1日)
    • 最高位124位(オリコン)
  6. あせるんだ女子は いつも 目立たない君を見てる(2007年11月28日)
    • 最高位157位(オリコン)

アルバム[編集]

  1. SAKURA革命(2007年1月31日)
    • 最高位40位(オリコン)

DVD[編集]

  1. 初夜桜「チェリブロ!Vol.1〜じっけん開始〜」(2007年5月30日)
  2. やっくんライブツアー2007(2007年11月28日)

著書[編集]

  • 桜塚やっくん小原信治『桜塚やっくんの都市伝説工場』集英社、2008年8月6日、126ページ。ISBN 978-4-08-780498-0。ASIN 4087804984
  • 桜塚やっくん美女♂men』青月社、2010年12月5日、312ページ。ISBN 978-4-8109-1230-2。ASIN 4810912302

写真集[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時、ゲストが番組終了時まで残ることは少なく珍しいことだった。
  2. ^ バンド『美女♂menZ』のメンバー移動のために自らが中古で購入した車両で『美女♂menZ』のラッピングがされていた[13][14]。バンドを優先するため、自らが運転した[13][14]
  3. ^ この事故で『美女♂menZ』のメンバーやマネージャーら計5名の内、トラックに跳ねられたマネージャーが死亡、2人(バンドメンバー)が軽傷を負った[19][5]
  4. ^ 2006年10月からスカーフが水色、2007年6月からは『エンタの神様』限定でスカーフがエメラルドグリーンになった。
  5. ^ 生前に2013年11月放送分まで収録済で没後以降も2013年11月30日放送まではそのまま放送された。ただし、最後の出演となった11月30日は歌を披露する日ではなかったため、盛り上げ役だけでの出演だった。
  6. ^ 『2012エクストリーム』(2011年)、『GO 2013』(2012年)
  7. ^ 昔のコンビ時代のコンビ名があばれヌンチャクだったことから特別出演(元・相方の竹内幸輔は出演していない。

出典[編集]

  1. ^ 桜塚やっくん (2012年2月18日). “ポタージュ配り!”. 桜塚やっくんの見ないとがっかりだよ!!. アメーバブログ. 2012年2月19日閲覧。
  2. ^ a b 桜塚やっくんが交通事故死 日刊スポーツ、2013年10月5日(同日閲覧)。
  3. ^ a b 中国道で事故、桜塚やっくんら2人死亡 車外ではねられ 朝日新聞 2013年10月5日閲覧
  4. ^ 桜塚やっくんが事故死、中国道ではねられる - サンケイスポーツ 2013年10月5日
  5. ^ a b c d e f g h i 桜塚やっくんが事故死 中国道ではねられ心臓破裂 - 報知新聞 2013年10月6日
  6. ^ 桜塚やっくんTwitter
  7. ^ a b c d 桜塚やっくんが事故死 中国道ではねられ心臓破裂(3/3) - 産経ニュース 2013年10月6日
  8. ^ 桜塚やっくん (2010年10月16日). “ご報告”. 桜塚やっくんの見ないとがっかりだよ!!. サイバーエージェント. 2011年3月27日閲覧。
  9. ^ 「桜塚やっくん」書類送検=酔った女性暴行の疑い-警視庁”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2011年3月24日). 2011年3月25日閲覧。
  10. ^ 桜塚やっくん (2011年3月25日). “ご報告”. 桜塚やっくんの見ないとがっかりだよ!!. サイバーエージェント. 2011年3月25日閲覧。
  11. ^ a b 桜塚やっくん準強姦完全否定 法的措置も”. Nikkan Sports COM. 日刊スポーツ (2011年3月30日). 2011年3月26日閲覧。
  12. ^ 桜塚やっくん (2011年3月29日). “信頼とは”. 桜塚やっくんの見ないとがっかりだよ!!. サイバーエージェント. 2011年6月12日閲覧。
  13. ^ a b 桜塚やっくん家族と無言の対面 - 日刊スポーツ 2013年10月7日
  14. ^ a b 桜塚やっくん、なぜ自ら運転?メンバーと「一緒に」の思いがアダに… - スポーツニッポン 2013年10月6日
  15. ^ 桜塚やっくんが運転、死因は心臓破裂など 読売新聞 2013年10月6日閲覧
  16. ^ 桜塚やっくんさん事故死 高速道の路上ではねられ心臓破裂”. SankeiBiz (2013年10月6日). 2021年4月3日閲覧。
  17. ^ 桜塚やっくんが交通事故死 中国自動車道下り線で”. J-CAST ニュース (2013年10月6日). 2021年4月3日閲覧。
  18. ^ a b 桜塚やっくんが交通事故死 中国自動車道下り線で”. 桜塚やっくん、運転していた 死亡事故現場は「魔のカーブ」 (2013年10月7日). 2021年4月3日閲覧。
  19. ^ a b c d 桜塚やっくんが事故死 中国道ではねられ心臓破裂(2/3) - 産経ニュース 2013年10月6日
  20. ^ 芸人仲間が桜塚やっくん追悼、狩野英孝やヒロシは過去の思い出も。 Narinari.com
  21. ^ 折笠富美子 オフィシャルウェブサイト やっくんサン…
  22. ^ [1]
  23. ^ [2]
  24. ^ [3]
  25. ^ 『アニメ村のステキな住民たち』アニ民207人目
  26. ^ [4]
  27. ^ a b 桜塚やっくんの通夜、しめやかに…メンバー3人も弔問 - zakzak 2013年10月9日
  28. ^ a b c 桜塚やっくん告別式 戒名は「禅徳院恭覺智聡居士」 - サンケイスポーツ 2013年10月9日
  29. ^ 桜塚やっくん告別式 遺影は素顔の写真 - 芸能ニュース nikkansports.com
  30. ^ エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大大連発SP(2013年12月7日放送分) - gooテレビ番組(関東版)
  31. ^ 桜塚やっくん追悼特番 〜桜塚やっくんの『男の娘ダョ!全員集合!』〜
  32. ^ 桜塚やっくん交通死:事故から1年 防止策で事故数半減 - 毎日新聞 2014年10月04日
  33. ^ やっくんの桜の木 事故現場近くに植樹”. デイリースポーツ (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  34. ^ 桜塚やっくんの墓地について - 旋盤加工.comのBLOG 「複合旋盤加工(有)齋藤製作所」
  35. ^ “桜塚やっくんを「永遠に忘れない」エンタの神様に反響”. Narinari.com. (2020年12月31日). https://www.narinari.com/Nd/20201263181.html 2021年1月8日閲覧。 
  36. ^ 桜塚やっくん追悼特番 〜桜塚やっくんの『男の娘ダョ!全員集合!』〜
  37. ^ a b AFTER TALK 2007年2月10日(土)”. エンタの神様日本テレビ)番組オフィシャルサイト (2007年2月10日). 2015年7月7日閲覧。
  38. ^ そしてラジオ”. 桜塚やっくんの見ないとがっかりだよ (2007年10月27日). 2015年7月7日閲覧。
  39. ^ AFTER TALK 2007年9月1日(土)”. エンタの神様 番組オフィシャルサイト (2007年9月1日). 2015年7月7日閲覧。
  40. ^ a b 2006年12月号「日経エンタテインメント!」(日経BP社)
  41. ^ 2006年5月号「お笑いポポロ」(麻布台出版社)
  42. ^ http://www.isao.co.jp/
  43. ^ “やっくん、和香、梓が人気アニメの声優に挑戦!”. ORICON NEWS. (2007年9月27日). https://www.oricon.co.jp/news/48319/full/ 2021年8月14日閲覧。 

関連項目[編集]