桜島・錦江湾ジオパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桜島・錦江湾ジオパーク(さくらじま・きんこうわんジオパーク、: Sakurajima-Kinkowan Geopark)は、鹿児島県鹿児島市のうち桜島および鹿児島市街とその周辺、そして錦江湾域の多くをテリトリーとするジオパークである[1]。2013年9月に日本ジオパークに認定された[2][3]

概要[編集]

現在の鹿児島湾(錦江湾)にあった姶良カルデラや、桜島と近接する60万都市との間に見られる「世界的に稀有な『活火山との共生』」、海底で日常的に火山性熱水噴気活動(たぎり)を続ける若尊カルデラに代表される「ジオ多様性をコンパクトに体感できる空間」である[4]

沿革[編集]

主なジオサイト[編集]

日本ジオパークネットワークのウェブサイトでは、下記が「主な見どころ・おすすめジオサイト」とされている[4]

  • 寺山公園
  • 城山
  • 溶岩なぎさ遊歩道
  • 湯之平展望所
  • たぎり(火山性熱水噴気活動)
  • 新島(しんじま)
  • 黒神ビュースポット
  • 黒神埋没鳥居
  • 有村溶岩展望所
  • 東桜島小学校・桜島爆発記念碑

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 桜島・錦江湾ジオパーク推進協議会 (2016年2月3日). “九州ジオパーク周遊マップが出来ました!” (日本語). 2017年2月19日閲覧。
  2. ^ a b 共同通信PRワイヤー (2013年9月24日). “「桜島・錦江湾ジオパーク」誕生!” (日本語). 2017年2月19日閲覧。
  3. ^ a b みんなの桜島協議会事務局. “桜島・錦江湾ジオパークが誕生しました!!” (日本語). 2017年2月19日閲覧。
  4. ^ a b 日本ジオパークネットワーク. “鹿児島県 桜島・錦江湾ジオパーク”. 2017年2月19日閲覧。