桜島松浦町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 桜島松浦町
桜島松浦町
—  町丁  —
鹿児島市立桜峰小学校
桜島松浦町の位置
桜島松浦町の位置
桜島松浦町
桜島松浦町の位置
座標: 北緯31度37分18.4秒 東経130度39分5.1秒 / 北緯31.621778度 東経130.651417度 / 31.621778; 130.651417
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 桜島地域
地区 桜島地区
人口 (2010年(平成22年)2月末現在)
 - 計 202人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 891-1413

桜島松浦町(さくらじままつうらちょう Sakurajima Matsuura-Chō)は、鹿児島県鹿児島市町名。旧大隅国大隅郡桜島郷松浦村北大隅郡西桜島村大字松浦鹿児島郡桜島町松浦郵便番号は891-1413。人口は202人、世帯数は87世帯(2010年2月末現在)[1]

目次

地理

桜島の北部、松浦川の下流域に位置する。柑橘類を主とした果樹生産地域である[2]。町域の東方には桜島二俣町、西方には桜島西道町がそれぞれ隣接しており、北方には鹿児島湾に面している。

海岸沿いには鹿児島県道26号桜島港黒神線が通り、町域の西部に鹿児島市立桜峰小学校、鹿児島市立桜峰幼稚園がある。

歴史

松浦の成立と中世

松浦という地名は戦国期より見え、大隅国向島のうちであった。天文6年の島津勝久宛行状により本田董親に松浦の地が宛がわれたが、天文8年の「樺山玄佐譜」によれば松浦と二俣の区域が樺山安芸守に宛がわれたとされる[3]

近世の松浦

江戸期には大隅国大隅郡桜島郷(外城)のうちであり、村高は「天保郷帳」では50石余、「旧高旧領」では67石余であった。

文政7年に伊能忠敬による桜島の測量が行われ、二俣(現在の桜島二俣町)は松浦のうちと記されており、「三国名勝図会」には二俣村は松浦村の支村であったと記されている[4]

町村制施行以後

1889年(明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、桜島の西半分の区域より西桜島村が成立し、江戸期の松浦村は西桜島村の大字「松浦」となった。

1896年(明治29年)に白浜(現在の桜島白浜町)にあった日新小学校と地内にあった同仁小学校が合併し地内に桜峰小学校を設置した。1973年(昭和48年)に西桜島村が町制施行し、桜島町の大字となった[3]2004年(平成16年)には桜島町が鹿児島市に編入され大字松浦は鹿児島市の町名「桜島松浦町」となった[5]

施設

公共
  • 運動広場
教育
寺社
  • 権現神社
  • 水神社

小・中学校の学区

市立小・中学校の学区(校区)は以下の通りである[6]

町丁 番・番地 小学校 中学校
桜島松浦町 全域 鹿児島市立桜峰小学校 鹿児島市立桜島中学校

交通

県道26号を桜峰小学校前から桜島港を望む

道路

県道

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 統計情報 - 鹿児島市ホームページ。
  2. ^ 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.919
  3. ^ a b 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.588
  4. ^ 桜島町郷土誌 第2編 歴史 (PDF) p.119 - 鹿児島市 2012年7月3日閲覧。
  5. ^ 合併後の住所表示 - 鹿児島市 2012年7月3日閲覧。
  6. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2010年8月26日閲覧。

関連項目

座標: 北緯31度37分18.4秒 東経130度39分5.1秒

今日は何の日(10月16日

もっと見る