桜川ぴん助・美代鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桜川 ぴん助・美代鶴(さくらがわ ぴんすけ・みよつる)は戦前から戦後にかけて活躍した漫才夫婦漫才)コンビ。1937年コンビ結成。1980年にぴん助病気に伴いコンビ解消。

主に東京中心に活躍。戦時中は新興キネマ演芸部に所属し大阪にも出向いていた。漫才コンビとしては、落語芸術協会所属であった。

大阪の演芸番組和朗亭で、かっぽれを社中で踊っている映像が残っている。

実の娘が芸と名跡を受け継ぎ2代目桜川ぴん助の名で活動している。

メンバー[編集]

横浜の材木商の生まれ、1922年にかっぽれの名手・豊年斎梅坊主(後の豊年斎太平坊)の弟子となる。後に名古屋幇間に転じ、1937年より妻の美代鶴と組み漫才師となる。
漫才師としての活動の傍ら、幇間芸・かっぽれの継承者として自宅を稽古場にし後世に芸を伝えた。
1980年に倒れ半身不随になる。
  • 桜川 美代鶴(本名:不詳、生没年不詳)
ぴん助の妻。芸者の出身で三味線が堪能であった。