この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

桜庭一樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

桜庭 一樹
(さくらば かずき)
誕生 (1971-07-26) 1971年7月26日(49歳)
日本の旗 日本 島根県
職業 小説家ゲームシナリオライター
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1996年 -
ジャンル 推理小説ミステリライトノベル
代表作GOSICK -ゴシック-』(2003年)
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』(2004年)
赤朽葉家の伝説』(2006年)
私の男』(2007年)
主な受賞歴 日本推理作家協会賞(2007年)
直木三十五賞(2008年)
デビュー作アークザラッド
(ゲームのノベライズ、山田桜丸名義)
配偶者 友野英俊(2009年 - 2011年)
公式サイト 桜庭一樹オフィシャルサイト
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

桜庭 一樹(さくらば かずき、1971年7月26日 - )は、日本作家小説家。女性[1]島根県生まれ、鳥取県米子市出身[2][3]1999年、「夜空に、満点の星」で第1回ファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作を受賞しデビュー[3]。ゲームのノベライズやライトノベル、ジュブナイルなどの作品や、山田桜丸名義でゲームシナリオを数多く手がける。

2008年に『私の男』で直木賞を受賞した。他の作品に『GOSICK -ゴシック-』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『赤朽葉家の伝説』などがある。

経歴

出生から学生時代まで

鳥取県米子市出身[2]島根県生まれ[3])。

小説を書き始めたのは小学校4、5年生のときで、図書室でよく会う女の子がいて、仲良くなり、その子が小説みたいなものを書いていたので、「自分もやってみようかな」と小説の真似みたいなのをノートに書き出したのが最初である[4][5]

中高生時代は授業をさぼったり、塾をさぼったりして本を読んでいた[4]。悩みは勉強ができなかったのと、勉強が嫌いだったことだった[4]鳥取県立米子東高等学校卒業[1]。大学進学で東京にでる[1]。大学時代、書いてはみるが、やはり書けないみたいなことを繰り返した[5]。また、本を読んだりバイトをしたりした[5]

作家として

1993年にDENiMライター新人賞受賞[1]1999年、「夜空に、満天の星」(のち『AD2015隔離都市 ロンリネス・ガーティアン』と改題)でファミ通エンタテインメント大賞小説部門佳作[1]中村うさぎが選考委員にいて、推してくれてギリギリ入選して、デビューできた[6]。デビューした後もあまり仕事がなかったし、出した本も売れないという迷走期間があった[6]

2003年ライトノベルGOSICK -ゴシック-』シリーズで注目を集める[7]。さらに2004年に発表した『推定少女』『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が高く評価される[8]2005年に刊行した『少女には向かない職業』は、初の一般向け作品として注目を集めた[8]

2006年刊行の『赤朽葉家の伝説』(東京創元社)で、2007年、第60回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)受賞[3][9]。同作で第28回吉川英治文学新人賞候補[3]。第137回直木三十五賞候補になる[3]2008年、『私の男』で第138回直木賞を受賞した[3]

人物

  • 桜庭は一人っ子で、母親が真面目な人だったため禁止するものが多かった[10]。テレビではドラマ『毎度おさわがせします』やバラエティ番組を見てはダメだった[10]
  • 大学卒業後バブル崩壊の余波を受け就職しなかった[7]。バイトをしながら書く仕事を始めた[7]
  • 地元鳥取について、桜庭によれば「鳥取の好きなところは、人柄が穏やかで、地に足が着いている(いまだにバブルっぽい、ギラギラしたこわい人とかいない)ところ[4]。嫌いなところは、昔はやはり閉鎖的に感じて「こんなところ出ていったる!」と思っていました[4]。作家になりたいと言って、先生に「なれない」と断言されて、呪いました[4]。」という。
  • 桜庭一樹」という名前の由来について桜庭は「なんとなくつけて新人賞に応募したので、あまりよく憶えてないのです……。応募原稿の主人公が「一樹」だったので、つい自分にもつけちゃったような気がします。」と述べている[4]
  • 作家になるために必要なこと、続けるために必要なことについて桜庭は「たくさん書くこと。たくさん読むこと。群れないこと。」と述べている[4]
  • インタビューに来る人に対して桜庭は『桜庭一樹オフィシャルサイト』に「wikipediaは不正確ですので、できれば参考にせずきていただけると助かります。」と書いている[3]
  • 2009年にお笑い芸人・放送作家の友野英俊と結婚したが、2011年末に離婚したことが2014年7月に報道された[11]
  • 29歳ごろから空手を始め、4年ほど続けていた。極真空手初段。試合にも何度か出ており、関東大会で準決勝に進出したことがある[12]

作品一覧

小説

B-EDGE AGE

  • B-EDGE AGE 獅子たちはアリスの庭で(2002年7月 富士見ミステリー文庫
  • B-EDGE AGE 獅子たちはノアの方舟で(2002年11月 富士見ミステリー文庫)

GOSICK -ゴシック-

本編
  • GOSICK -ゴシック-(2003年12月 富士見ミステリー文庫/2009年9月 角川文庫/2011年4月 角川ビーンズ文庫
  • GOSICK II -ゴシック・その罪は名もなき-(2004年5月 富士見ミステリー文庫/2009年11月 角川文庫/2011年4月 角川ビーンズ文庫)
  • GOSICK III -ゴシック・青い薔薇の下で-(2004年10月 富士見ミステリー文庫/2010年1月 角川文庫/2011年5月 角川ビーンズ文庫)
  • GOSICK IV -ゴシック・愚者を代弁せよ-(2005年1月 富士見ミステリー文庫/2010年5月 角川文庫/2011年7月 角川ビーンズ文庫)
  • GOSICK V -ゴシック・ベルゼブブの頭蓋-(2005年12月 富士見ミステリー文庫/2010年7月 角川文庫/2011年10月 角川ビーンズ文庫)
  • GOSICK VI -ゴシック・仮面舞踏会の夜-(2006年12月 富士見ミステリー文庫/2010年11月 角川文庫/2011年11月 角川ビーンズ文庫)
  • GOSICK VII -ゴシック・薔薇色の人生-(2011年3月 角川文庫)
  • GOSICK VIII 上 -ゴシック・神々の黄昏-(2011年6月 角川文庫)
  • GOSICK VIII 下 -ゴシック・神々の黄昏-(2011年7月 角川文庫)
  • GOSICK RED(2013年12月 KADOKAWA/2016年9月 角川文庫)
  • GOSICK BLUE(2014年11月 KADOKAWA)
  • GOSICK PINK(2015年11月 KADOKAWA)
  • GOSICK GREEN(2016年12月 KADOKAWA)
短編集
  • GOSICKs -ゴシックエス・春来たる死神-(2005年7月 富士見ミステリー文庫/2010年3月 角川文庫/2011年6月 角川ビーンズ文庫)
  • GOSICKs II -ゴシックエス・夏から遠ざかる列車-(2006年5月 富士見ミステリー文庫/2010年9月 角川文庫/2011年9月 角川ビーンズ文庫)
  • GOSICKs III -ゴシックエス・秋の花の思い出-(2007年4月 富士見ミステリー文庫/2011年1月 角川文庫/2011年12月 角川ビーンズ文庫)
  • GOSICKs IV -ゴシックエス・冬のサクリファイス-(2011年5月 角川文庫)

荒野

ノンシリーズ

短編集

  • 桜庭一樹短編集(2013年6月 文藝春秋/2016年3月 文春文庫)- 文庫化に際して「このたびはとんだことで 桜庭一樹短編集」に改題
  • じこくゆきっ(2017年6月 集英社/2020年6月 集英社文庫)

アンソロジー編纂

  • 謎 スペシャル・ブレンド・ミステリー 007(2012年10月 講談社文庫)
  • 江戸川乱歩傑作選 獣(2016年2月 文春文庫)
  • E・A・ポー(2016年6月 集英社文庫ヘリテージシリーズ)- 共編:鴻巣友季子
  • ブロンテ姉妹(2016年11月 集英社文庫ヘリテージシリーズ)

アンソロジー収録

  • 暴君 - 「異形コレクション・オバケヤシキ」(2005年8月 光文社文庫
  • 辻斬りのように - 「Sweet Blue Age」(2006年2月 角川書店)
  • 脂肪遊戯 - 「異形コレクション・闇電話」(2006年5月 光文社文庫)
  • 少年バンコラン!夜歩く犬 - 「密室と奇蹟 J・D・カー生誕百周年記念アンソロジー」(2006年11月 東京創元社/2020年8月 創元推理文庫)
  • 1、2、3、悠久! - 「午前零時」(2007年6月 新潮社/2009年12月 新潮文庫)
  • A - 「金原瑞人YAセレクション 3 みじかい眠りにつく前に 明け方に読みたい10の話」(2009年7月 ピュアフル文庫
  • じごくゆきっ - 「短編工場」(2012年10月 集英社文庫)
  • 人生ってガチャみたいっすね - 「宮内悠介リクエスト!博奕のアンソロジー」(2019年1月 光文社/2020年2月 光文社文庫)

単行本未収録・未刊行作品

連載
短編
  • 釦と鈎の話 - 「小説現代」2008年7月号掲載
  • 解剖台の上のミシンと蝙蝠傘の話 - 「オール読物」2008年12月号掲載
  • Bamboo - 「オール読物」2013年5月号掲載

現代語訳

日本語訳

  • おやすみ、ミユキ(2019年11月 岩崎書店)- 文:ロクサンヌ=マリ・ガリエズ、絵:セング・ソウン・ラタナヴァン

ノベライズ

EVEシリーズ
  • イヴ・ザ・ロストワン(1998年4月 扶桑社)- 山田桜丸名義
  • イヴゼロ The beginning Eve(2000年5月 ファミ通文庫)- 山田桜丸名義
  • EVE TFA 亡き王女のための殺人遊戯(2001年10月 ファミ通文庫)
  • EVE burst error plus サヨナラキョウコ、サヨナラセカイ(2003年8月 ファミ通文庫)
ノンシリーズ

絵本

  • すたんだっぷ風太くん!(2005年7月 富士見書房)- 写真:イッセイハットリ
  • すきなひと(2019年5月 岩崎書店)- 絵:嶽まいこ

エッセイ集

桜庭一樹読書日記

  • 少年になり、本を買うのだ。 桜庭一樹読書日記(2007年7月 東京創元社/2009年8月 創元ライブラリ)
  • 書店はタイムマシーン 桜庭一樹読書日記(2008年9月 東京創元社/2010年11月 創元ライブラリ)
  • お好みの本、入荷しました 桜庭一樹読書日記(2009年12月 東京創元社/2012年3月 創元ライブラリ)
  • 本に埋もれて暮らしたい 桜庭一樹読書日記(2011年1月 東京創元社)
  • 本のおかわりもう一冊 桜庭一樹読書日記(2012年9月 東京創元社)

ノンシリーズ

  • 二代目のバカにつける薬(1996年12月 イーハトーヴ出版)- 山田桜丸名義
  • 桜庭一樹日記 BLACK AND WHITE(2006年3月 富士見書房)
  • 小説という毒を浴びる 桜庭一樹書評集(2019年5月 集英社)

ムック

  • 桜庭一樹 物語る少女と野獣(2008年7月 角川書店)

漫画原作

コンピュータゲームシナリオ

いずれも山田桜丸名義。

映像化作品

配信ドラマ

テレビアニメ

映画

メディア出演

参考文献

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 桜庭一樹 2013年11月27日閲覧。
  2. ^ a b 米子市出身作家の桜庭一樹さん〜日本推理作家協会賞受賞〜 2013年11月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 桜庭一樹オフィシャルサイトプロフィール 2013年11月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 作家桜庭一樹さんインタビュー、著作紹介 2013年11月27日閲覧。
  5. ^ a b c 週刊文春』(2008年2月21日号)124頁、「阿川佐和子のこの人に会いたい」。
  6. ^ a b 対談 2013年11月27日閲覧。
  7. ^ a b c 週刊文春』(2008年2月21日号)122頁、「阿川佐和子のこの人に会いたい」。
  8. ^ a b 少女には向かない職業 桜庭一樹 2013年11月27日閲覧。
  9. ^ 2007年 第60回 日本推理作家協会賞”. 日本推理作家協会. 2020年5月20日閲覧。
  10. ^ a b 週刊文春』(2008年2月21日号)123頁、「阿川佐和子のこの人に会いたい」。
  11. ^ “桜庭一樹さん、友野英俊と離婚していた”. スポーツ報知. (2014年7月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20140714-OHT1T50240.html 2014年7月15日閲覧。 
  12. ^ 嗜好と文化:第35回 桜庭一樹さん「不気味が大好き」 毎日新聞 2014年2月3日