桜林美佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さくらばやし みさ
桜林 美佐
生誕 (1970-04-26) 1970年4月26日(49歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 日本大学芸術学部放送学科
職業 防衛問題研究家・作家
公式サイト 桜林美佐オフィシャルサイト

桜林 美佐(さくらばやし みさ、1970年(昭和45年)4月26日 - )は、日本の防衛問題研究家[1]サンミュージックプロダクション所属。

略歴[編集]

東京都出身で、日本大学藝術学部放送学科卒業後の1994年(平成4年)にテレビ埼玉常盤6丁目情報局』のアシスタントオーディションに合格し、フリーアナウンサーとして活動するも1998年(平成8年)にテレビ番組ディレクターへ転身する。2001年(平成13年)に三重テレビ「岡三投資情報」のキャスターに選出されて再びキャスターとして活動する。 2006年(平成18年)に自身初のノンフィクション小説『奇跡の船「宗谷」』を執筆する。現在は防衛問題研究家として安全保障国防問題などを中心に取材して執筆している[要出典]国家基本問題研究所客員研究員[2]

2018年7月27日配信の『上念司の経済ニュース最前線』で結婚を発表した。

著書[編集]

  • 『奇跡の船「宗谷」』並木書房、2006年10月1日。ISBN 978-4890632060。
  • 『海をひらく』並木書房、2008年9月17日。ISBN 978-4890632336。
  • 『終わらないラブレター』PHP研究所、2009年8月16日。ISBN 978-4569770932。
  • 『誰も語らなかった防衛産業』並木書房、2010年8月2日。ISBN 978-4890632596。
    • 『誰も語らなかった防衛産業 増補版』並木書房、2012年9月28日。ISBN 978-4890632930。
  • 『日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災』産経新聞出版、2011年9月11日。ISBN 978-4819111416。
  • 『ありがとう、金剛丸 ~星になった小さな自衛隊員~』ワニブックス、2012年3月1日。ISBN 978-4847090585。
  • 『武器輸出だけでは防衛産業は守れない』並木書房、2013年7月15日。ISBN 978-4890633074。
  • 『自衛隊と防衛産業』並木書房、2014年7月23日。ISBN 978-4890633180。
  • 『自衛隊の経済学』イースト・プレスイースト新書〉、2015年10月10日。ISBN 978-4781650609。
  • 『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』PHP研究所、2017年5月23日。ISBN 978-4569826813。
    • 尾崎行雄記念財団「咢堂ブックオブザイヤー2017特別賞」受賞
  • 『ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊[陸・海・空]の実像 自衛官24万人の覚悟を問う』テーミス、2017年7月24日。ISBN 978-4901331319。

制作[編集]

テレビ
ラジオ

全てニッポン放送

  • 夢叶う日まで ~ 割りばし事故は問いかける
  • 上柳昌彦のお早うGoodDay! -ザ・特集- リポーター 2008年5月
  • 時効という名の壁 ~未解決事件遺族の願い~ - 構成作家 2009年 平成21年日本民間放送連盟賞"NAB Awards 2009" 番組部門ラジオ報道番組 優秀を受賞

出演[編集]

テレビ
ラジオ
ネット
  • チャンネルくらら
    • 桜林美佐の国防ニュース最前線(2015年6月-)毎週金曜日18時更新→毎週土曜日18時更新
    • 上念司の経済ニュース最前線(2015年4月-)毎週金曜日18時更新
舞台
  • ひとり語り会 森田銀月と共演(九段会館

脚注[編集]