桜田一男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桜田 一男
プロフィール
リングネーム ケンドー・ナガサキ
ミスター・サクラダ
ドリーム・マシーン
ドラゴン・マスター
ランボー・サクラダ
チャン・チュン
桜田 一男
本名 櫻田 一男
ニックネーム 剣道鬼
消火鬼
身長 188cm
体重 120kg
誕生日 (1948-09-26) 1948年9月26日
死亡日 (2020-01-12) 2020年1月12日(71歳没)
出身地 北海道網走市
所属 フリー
スポーツ歴 大相撲
デビュー 1971年6月27日
テンプレートを表示
桜田 一男 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 櫻田 → 網走洋 一男 → 翠巒
本名 桜田 一男
身長 176cm
体重 106kg
所属部屋 立浪部屋
成績
現在の番付 引退
最高位 西幕下13
生涯戦歴 148勝132敗(44場所)
優勝 序二段優勝1回
データ
初土俵 1954年1月場所
引退 1971年3月場所
引退後 プロレスラー
備考
2020年1月13日現在
テンプレート  プロジェクト 相撲

桜田 一男(さくらだ かずお、1948年9月26日 - 2020年1月12日)は、日本の元大相撲力士プロレスラー。本名(戸籍上の表記):櫻田 一男(読みは同じ)。ケンドー・ナガサキリングネームで知られる。

来歴[編集]

父は網走刑務所の職員だった。中学卒業後、大相撲立浪部屋に入門し、1964年1月初土俵[1]。1966年9月場所には序二段で全勝優勝をしている。同期には島田(のちの天龍源一郎)がいる。本名の櫻田のあと『網走洋』『翠巒(みどりみね)』[2]四股名を名乗るが、先輩力士とのトラブルに端を発し、部屋の親方と反りが合わなくなり1971年3月廃業。同年日本プロレスに入門し、6月27日、戸口正徳戦でデビューした[3]

日本プロレスには1973年の崩壊まで残ったが、同年3月2日に横浜文化体育館で行われた大城大五郎との試合はセメントとなった[4]。これは、新日本プロレスへの移籍組と日本プロレスの残党による団体代理戦争であった。

その後、全日本プロレスに移籍(正式には1976年3月31日までは、日本テレビと3年契約を結んだ上、全日本へ派遣されていた。同年4月1日付で全日本正式所属選手となる)。全日本の道場では新人のコーチを務め、渕正信大仁田厚園田一治らを指導している[5]。韓国遠征ではタイガーマスクを名乗ったこともあった[6]。。1976年10月、ジャイアント馬場から「お前、髷が結えるか?」[7]と聞かれて「結えますよ」と答えたことで、プロレスに転向した天龍のアメリカ武者修行に床山として帯同し渡米するが[8]。、渡米後は天龍と別行動を取り、『ミスター・サクラダ』のリングネームでアメリカをはじめカナダプエルトリコなど北米各地を日本人ヒールとして転戦。

アメリカ中南部のNWAトライステート地区(後のMSWA)ではキラー・カール・コックスのパートナーに起用され、トップ戦線で活躍[9]。カナダのカルガリーではミスター・ヒトとのタッグで活動し、アンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦したほか、1978年7月8日にはエドモントンハーリー・レイスNWA世界ヘビー級王座に挑戦した[9][10]。同年10月に一時帰国し、カルガリーと提携していた国際プロレスの『日本リーグ争覇戦』に出場。決勝トーナメントでプロフェッサー・タナカに敗れるも敢闘賞を受賞した[9]

以降もヒトとのコンビで各地を転戦し、1979年カルガリーで2月10日にブレット・ハート&キース・ハート、7月7日にドリー・ファンク・ジュニア&ラリー・レーンを破り、同地区認定のインターナショナル・タッグ王座を獲得[11]。8月25日にはフロリダで、スティーブ・カーン&ジム・ガービンを下しNWAフロリダ・タッグ王座も手中に収めた[12]テキサス州ダラスにも進出し、1980年1月から7月にかけて、ホセ・ロザリオ&エル・ハルコンケビン・フォン・エリック&ケリー・フォン・エリックなどのチームからNWAアメリカン・タッグ王座を奪取している[13]

ヒトとのタッグ解消後は、ダラスで『チャン・チュン』なる覆面レスラーに変身し、シンガポール出身と称してザ・グレート・カブキと合体。1981年にケビン&デビッド・フォン・エリックを破り、テキサス版のNWA世界タッグ王座を獲得した[14]1982年の全日本プロレス帰国時もチャン・チュンと同じマスクを被り、覆面レスラーの『ドリーム・マシーン』として外国人サイドの一員となって参戦した[9]

その後、再渡米した際、古巣のフロリダでペイントレスラーの『ケンドー・ナガサキ』に変身し、頭頂部を剃り上げた落武者スタイルの怪奇派ヒールとしてダスティ・ローデスビリー・ジャックと抗争。1984年1月22日にはマイク・ロトンドからNWAフロリダ・ヘビー級王座を奪取している[15]1985年に全日本プロレスを退団し、ノースカロライナNWAミッドアトランティック地区後藤達俊と覆面タッグチーム『ライジング・サンズ』を結成。同年10月に新日本プロレスに参戦、リングネームを『ランボー・サクラダ』に改め、素顔で試合を行い、ブルーザー・ブロディともシングルマッチを行った。

しかし、この改名が不評であったため、同年末には再びペイントを施して『ケンドー・ナガサキ』に戻り、ミスター・ポーゴをパートナーにIWGPタッグリーグ戦に出場。以降はポーゴとのオリエンタル系ペイント・タッグチームで活躍、カルロス・コロンの主宰するプエルトリコのWWCにも遠征し、1987年10月から1988年7月にかけて、マーク&クリスのヤングブラッド兄弟とWWC世界タッグ王座を争った[16]

以後、再び渡米してWCWで活動、日本のヤクザをイメージしたキャラクターの『ドラゴン・マスター』に改名し、グレート・ムタテリー・ファンクらとユニットを組んでフォー・ホースメンと抗争する。その後帰国して、旗揚げ間もないFMWに参戦。栗栖正伸とタッグを組み、大仁田厚ターザン後藤組とストリートファイトマッチで対戦するが、FMWには1シリーズのみの参戦となり、1990年将軍KYワカマツと共にSWS設立の中心人物として活動。1990年8月3日付の記事でSWS旗揚げ時のメンバー一覧に記載される形で初めて日刊スポーツに名前が載り、日本のプロレスファンにその存在を周知された[17]。SWS旗揚げの際には再びケンドー・ナガサキのリングネームに戻し、『道場・檄』の実質的なリーダーとして活躍した。

SWS崩壊後は、『道場・檄』のメンバーとジョージ高野高野俊二らが所属していた『パライストラ』との合同でNOWを旗揚げし代表取締役となるが、正式な旗揚げ戦の前に高野兄弟が離脱し、実質的なNOWのエースとなるものの、経営不振のために崩壊した。

その後、1995年グレート小鹿に誘われ大日本プロレスに参加し、デスマッチ路線で活躍するが、小鹿の意向でバーリトゥード挑戦を表明。当時「セメントマッチならナガサキが最強」と言われていたため、その強さを期待され、ジェラルド・ゴルドーの兄であるニコ・ゴルドーと対戦、年齢的な問題もあり苦戦したものの勝利を収めた。

そして、同年9月26日、47歳の誕生日であるこの日にシューティング(現:修斗)が主催した総合格闘技大会「Vale-Tudo Perception」に参戦し、キックボクシング出身のジーン・フレージャー英語版と対戦し、試合開始後わずか36秒で失神KO負けとなり、以後バーリトゥード路線から撤退することとなる。この試合に関しては、事前に対戦相手のことも調べず、バーリトゥード向けのトレーニングも行わず、1か月間ブラジルにの柔術修行に向かうもビーチを走っただけで臨んだとされる[18]

その後、小鹿との意見の相違もあり大日本プロレスを離脱。フリーランスとしてSPWFIWA・JAPANに参戦、「NEW NOW」と称して自主興行も開催するが、その一方で神奈川県小田原市にちゃんこ料理店「ケンドー」とスナック「ケンドー」を開店、さらには魚料理のケータリングサービスや魚の仲買を行なう会社を設立し、料理店の食材仕入れはキラー・カーンの店と共同で行っていた。そのため2000年代にはこちらの経営が主となっており、プロレスのリングにはたまに上がる程度になっていた。その後の2009年には、過労による体調不良もあってか、全てを廃業した。2013年の時点では千葉市に在住していた[19]

2020年1月12日、千葉県市原市の自宅で死亡しているところを知人により発見された[20]。71歳没。訃報は同月13日にカリフラワー・アレイ・クラブによって公表された[21][22][23]。死去する直前の同月5日には都内でファン交流イベントに参加[24]し、10日は船橋市のパーティに参加する[25]などしていた。

同月13日、かつて所属していた大日本プロレスの後楽園ホール大会で追悼セレモニーが行われ、旗揚げ時に苦楽を共にした小鹿会長、登坂栄児社長とともに愛弟子でもある谷口裕一が桜田の遺影を持ってリングに登壇し所属全選手がリングを取り囲み、追悼の10カウントゴングが鳴らされた[20]

エピソード[編集]

  • 日本プロレス時代の桜田のセメントの実力は日本人最強であったとも伝わる[26]
  • アメリカ武者修行時代の喧嘩の腕前は相当のもので、拳銃を持った相手に素手で立ち向かって叩きのめしたという逸話も残した[27]
  • 桜田の死去に至るまで大日本プロレスに「付き人」制度がないのは、桜田の影響だという[27]
  • 大日本プロレスの基礎となるデスマッチ戦線の土台を作った人物ともいわれる。1996年8月19日の横浜文化体育館で松永光弘と世界初のピラニアデスマッチを敢行したのはそれを如実に示した例と言える[27]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

スタンピード・レスリング
  • スタンピード北米ヘビー級王座:1回[28]
  • スタンピード・インターナショナル・タッグ王座:3回(w / ミスター・ヒト×2、Kasavudu)[11]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・タッグ王座:1回(w / ミスター・ヒト)[12]
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:1回[15]
NWAビッグタイム・レスリング
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • AWA南部ヘビー級王座:1回[29]
パシフィック・ノースウエスト・レスリング
ワールド・レスリング・カウンシル

リングネーム[編集]

  • 桜田一男(Kazuo Sakurada
  • ミスター・サクラダ(Mr. Sakurada
  • タイガーマスク(マスクマン、全日時代の韓国遠征時)
  • チャン・チュン(Chan Chung
  • ドリーム・マシーン(The Dream Machine
  • ケンドー・ナガサキ(Kendo Nagasaki)※初代ケンドー・ナガサキ(ピーター・ソーンリー)とは無関係
  • ランボー・サクラダ(Rambo Sakurada
  • ドラゴン・マスター(The Dragon Master

マネージャー[編集]

著書[編集]

  • 『ケンドー・ナガサキ自伝』(2018年5月19日、辰巳出版)ISBN 978-4777819676

脚注[編集]

  1. ^ ケンドー・ナガサキさん死去、デスマッチ戦線をけん引2020.1.13日刊スポーツ(2020.1.13 last access)
  2. ^ 同じ立浪部屋で1970年代に活躍した山梨県出身の翠巒とは別人
  3. ^ ケンドー・ナガサキさん死去「ケンカ最強」71歳2020.1.13東京スポーツ(2020.1.13 last access)
  4. ^ 桜田一男『ケンドー・ナガサキ自伝』、pp50-51
  5. ^ 桜田によると、当時新人や若手の指導はマシオ駒が行っていたが、駒は会場での指導はするが、道場にはあまり来なかったため、実際にはほとんど桜田が新人のコーチを行っていたと後に発言している。
  6. ^ 桜田一男『ケンドー・ナガサキ自伝』、pp.62
  7. ^ 当時天龍はまだ廃業から日が浅く髷が残っていたため。天龍は父の意向で1か月後に力士の立場で妹の結婚式に参加しなければならなかったため髷はそれまで落とすことができなかった。
  8. ^ 桜田一男『ケンドー・ナガサキ自伝』、pp.68-70
  9. ^ a b c d 『Gスピリッツ Vol.15』P94-97(2010年、辰巳出版、ISBN 477780772X)
  10. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1978”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。
  11. ^ a b Stampede Wrestling International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。
  12. ^ a b NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。
  13. ^ a b NWA American Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。
  14. ^ a b NWA World Tag Team Title [World Class]”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。
  15. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。
  16. ^ a b WWC World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。
  17. ^ ケンカ最強の人情家ナガサキさん日刊紙面で振り返る 日刊スポーツ 2020年1月27日8時0分(2020年1月28日閲覧)
  18. ^ 死去“ケンカ最強男”ケンドー・ナガサキさんの超絶武闘伝2020.1.14東京スポーツ(2020.1.15last access)
  19. ^ [1]
  20. ^ a b 【大日本】ケンドー・ナガサキさん追悼 小鹿会長「本当に感謝しかない」と涙 - 東スポWeb 2020年1月13日
  21. ^ “Wrestling world mourns Kendo Nagasaki, LA Parka” (英語). Slam Sports. Postmedia Network Inc. (2020年1月12日). http://slam.canoe.com/Slam/Wrestling/2020/01/12/22804135.html 2020年1月13日閲覧。 
  22. ^ プロレスラーのケンドー・ナガサキさん死去 “日本人ヒール”として全米で活躍 - デイリースポーツ online 2020年1月13日
  23. ^ ケンドー・ナガサキさん死去「ケンカ最強」71歳 - 日刊スポーツ 2020年1月13日
  24. ^ [2]
  25. ^ [3]
  26. ^ ミスター高橋『知らなきゃよかった プロレス界の残念な伝説』宝島社、2018年。ISBN 9784800289216 pp.184-185
  27. ^ a b c ケンカ最強の人情家ナガサキさん日刊紙面で振り返る 日刊スポーツ 2020年1月27日8時0分(2020年1月28日閲覧)
  28. ^ Stampede Wrestling North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。
  29. ^ AWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。
  30. ^ NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年11月25日閲覧。