桜町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桜町停留場
停留場全景
停留場全景
さくらまち
Sakura-machi
27 長崎駅前 (0.5km)
(0.4km) 市民会館 45
所在地 長崎県長崎市桜町1番3号先
駅番号 44
所属事業者 長崎電気軌道
所属路線 桜町支線(3号系統
キロ程 0.5km(長崎駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,900人/日
-2015年-
開業年月日 1919年(大正8年)12月25日
テンプレートを表示

桜町停留場(さくらまちていりゅうじょう、桜町電停)は、長崎県長崎市桜町にある長崎電気軌道桜町支線の路面電車停留場である。駅番号は443号系統が停車する。

歴史[編集]

当停留場は1919年(大正8年)に豊後町停留場(ぶんごまちていりゅうじょう)として開業した[1][2]。1921年(大正10年)には小川町停留場(おがわまちていりゅうじょう)に改称[1][2]。停留場名は「がわまち」と呼称するが実際の町名は「がわまち」で、誤りが定着したものであった[3]

当時の停留場は瓊の浦公園近く(地図)にあり[4][5]、桜町支線は当停留場から先、蛍茶屋支線との接続点にあたる古町停留場(廃止)に向かって峠を越えていた[6]。路線は当停留場の先で40パーミルの上り勾配に差し掛かり、桜町公園の外周に沿うように90度右折してピークを迎え、そこで国道34号と交差[6]。その後は40パーミルの下り勾配に転じて古町へと通じていた[6]。この峠の頂点にあたる場所には(旧)桜町停留場(地図)があり、当停留場に先んじて桜町を名乗った[5][6]

峠越えの区間は戦後の1954年(昭和29年)、国道34号との交差部が立体交差化したことにより廃止[4]。桜町支線は当停留場から公会堂前停留場(現在の市民会館停留場)に向かって切通しの中を通り、国道の下を抜けるようになった[4]。このとき当停留場は移設、(旧)桜町停留場は廃止されている[5]。代わって当停留場が桜町と称するようになったのは1966年(昭和41年)のことである[1]

当停留場は3号系統のみが停車するため、事故等で3号系統の運転が休止されると当停留場に停車する電車はなくなる。3号系統の電車は2007年から2016年までの10年間に4回、公会堂前停留場の交差点で脱線事故を起こしていて[7]、運休により当停留場の乗り場が閉鎖されたこともある。

年表[編集]

  • 1919年(大正8年)12月25日 - 豊後町停留場として開業。(旧)桜町停留場もこのとき開業する[2]
  • 1921年(大正10年) - 小川町停留場に改称[2]
  • 1945年(昭和20年)8月9日 - 原爆投下により不通[8]
  • 1946年(昭和21年)1月11日 - 長崎駅前から小川町を経て古町までの区間が復旧[8]
  • 1954年(昭和29年)3月 - 峠越えの区間を廃止。ルート変更により(旧)桜町停留場が廃止、小川町停留場を移設[5]
  • 1966年(昭和41年)9月20日 - 桜町停留場に改称[2]
  • 2003年(平成15年)3月26日 - 停留場を改築[9]

構造[編集]

桜町停留場は併用軌道区間にあり、道路上にホームが設けられる[10][11]。ホームは2面あり、東西方向に伸びる2本の線路を挟んで向かい合わせに配置されている(相対式ホーム[10][11]。線路の北側にあるのが市民会館蛍茶屋方面行き、南側にあるのが長崎駅前・赤迫方面行きのホーム[11]

2003年にはホームの上屋がテント式から景観に配慮したシェルター式に改修された[12]

利用状況[編集]

長崎電軌の調査によると1日の乗降客数は以下の通り。

  • 1998年 - 2,351人[1]
  • 2015年 - 1,900人[13]

周辺[編集]

長崎市役所長崎放送(NBC)本社の最寄り停留場で、市役所を訪れる市民やテレビ局で開催されるイベントに行く人の利用も多い[1]。近くには桜町公園や長崎市立桜町小学校長崎県立長崎図書館がある[4]

1954年に廃止された旧線跡は一部が道路としてそのまま残っている[4]。峠の頂点から古町に向かう下り坂の一部は勝山市場の通路として利用されていて、40パーミルの勾配も往時のままである[6]

隣の停留場[編集]

長崎電気軌道
桜町支線(3号系統)
長崎駅前停留場(27) - 桜町停留場(44) - 市民会館停留場(45)
  • 1944年(昭和19年)までは隣の長崎駅前停留場との間に恵美須町停留場が存在した[2][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 田栗 & 宮川 2000, p. 76.
  2. ^ a b c d e f 今尾 2009, p. 57.
  3. ^ 岡田将平 (2016年1月27日). “路面電車の電停 西浜町なぜ二つ?”. 朝日新聞(地方版・長崎) (朝日新聞西部本社): p. 30 
  4. ^ a b c d e f 田栗 2005, p. 74.
  5. ^ a b c d 100年史, p. 128.
  6. ^ a b c d e 田栗 2005, p. 75.
  7. ^ 乗りものニュース編集部 (2017年1月18日). “10年で4回脱線 長崎の路面電車、事故現場のカーブ緩和 11月再開へ”. 乗りものニュース. メディア・ヴァーグ. 2017年7月18日閲覧。
  8. ^ a b 田栗 2005, p. 157.
  9. ^ 田栗 2005, p. 156.
  10. ^ a b 100年史, p. 130.
  11. ^ a b c 川島 2013, p. 48.
  12. ^ 100年史, p. 120.
  13. ^ 100年史, p. 125.

参考文献[編集]

  • 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』12 九州沖縄、新潮社、2009年。ISBN 978-4-10-790030-2。
  • 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第5巻 長崎・佐賀エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年。ISBN 978-4-06-295161-6。
  • 田栗優一 『長崎「電車」が走る街今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年。ISBN 4-533-05987-2。
  • 田栗優一、宮川浩一 『長崎のチンチン電車』 葦書房、2000年。ISBN 4-7512-0764-4。
  • 長崎電気軌道株式会社 『長崎電気軌道100年史』、2016年。

関連項目[編集]