桜良花嵐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桜良 花嵐(さくらら からん、5月25日[1] - )は、元宝塚歌劇団雪組娘役。

愛知県名古屋市[1]南山高等学校女子部出身[1]。身長163cm[1]。血液型O型[2]。愛称は「たま」[1]

来歴[編集]

2011年4月、宝塚音楽学校入学。

2013年3月、宝塚歌劇団に99期生として入団。入団時の成績は22番。雪組公演「ベルサイユのばらフェルゼン編-」で初舞台。同期には輝生かなで美園さくら野々花ひまり彩みちる小桜ほのか姫歌ひな乃舞雛かのんらがいる。

2014年2月、組廻りを経て宙組に配属となる。

2015年7月28日付で雪組へと組替え。同年、「星逢一夜/La Esmeralda」を、体調不良により全日程休演。

2016年、「私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest HITS!」を、体調不良によりショーのみ休演。東京公演からは両作品とも全日程休演。

2017年11月~2018年2月、「ひかりふる路〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜/SUPER VOYAGER!-希望の海へ-」を体調不良により全日程休演。

2018年9月、「凱旋門/Gato Bonito」、東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

初舞台公演[編集]

  • 2013年4月~5月、雪組『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』(宝塚大劇場のみ)

組廻り[編集]

宙組時代[編集]

  • 2014年5月~7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』

雪組時代[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、92頁。ISBN 978-4-86649-004-5。
  2. ^ 『ザ・タカラヅカⅦ 雪組特集』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、28頁。ISBN 978-4-86649-006-9。
  3. ^ 宝塚大劇場はショーのみ休演、東京宝塚劇場は芝居・ショーともに全日程休演。