梁川紅蘭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

梁川 紅蘭(やながわ こうらん、文化元年3月15日1804年4月24日) - 明治12年(1879年3月29日)は、江戸時代後期から明治時代初期の女流漢詩人である。詩集「紅蘭小集」がある。画にもすぐれ「群蝶図」が知られる。名は「景」または「景婉」、後に、名を「芝香」、字を「玉書」「月華」「紅鸞」とも称していた。紅蘭は号。姓を「張」「張氏」とし、「張 紅蘭」「張氏 紅蘭」とも称していた。本姓は稲津。

常に夫梁川星巌に随って諸国の山川の勝を探る等、仲睦まじい夫婦であった。頼三樹三郎所郁太郎等の志士が出入したため幕府から疑われ、安政の大獄には星巌はすでに没していたものの、一時は投獄されたものの、正義をつらぬき許された。

夫は梁川星巌であり、星巌とは又従兄妹の関係である。

人物[編集]

美濃国安八郡曽根村(現在の岐阜県大垣市曽根町)の郷士、稲津長好の次女として生まれる。8歳のころ曽根村の華渓寺で句を学び、14歳で星巌が開いた塾「梨花村草舎」で漢詩を学ぶ。

文政3年(1820年)に星巌と結婚した。ところが結婚後すぐに星巌は、「留守中に裁縫をすること、三体詩を暗誦すること」を命じて旅に出てしまう。帰ってきたのはそれから3年後であり、紅蘭は、命ぜられた三体詩の暗誦をやってのけたばかりでなく、一首の詩を詠んでいる。これ以降、星巌は紅蘭とともに全国を周遊することとなる。

安政5年(1858年9月2日に星巌がコレラで病死する。直後の9月8日安政の大獄で捕らえられる。これは、捕縛対象者であった星巌がその直前に死亡したため、その身代わりとして捕らえられたのであるという。尋問を受けるが、翌安政6年(1859年2月16日に釈放された。一説では捕らえられる前に星巌と交流のあった人物(吉田松陰橋本左内など)との手紙などの書類を焼却していたという。

その後、星巌の遺稿を出版、晩年は京都で私塾を開いていた。生涯で400以上の漢詩を示した他、絵画も残している。

出身地・岐阜県大垣市曽根には梁川星巌記念館があり、近くの曽根城公園に星巌と紅蘭の銅像がある。